E-mail送信を行うための本体側の設定<本体操作>(MF4680)



E-mail送信を行うための本体側の設定<本体操作>(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045558



ここでは、電子メールの送信に必要なメールサーバやユーザ名、パスワードなどの情報を本製品に設定します。

【注意】

設定に必要な項目は、認証方式によって異なります。認証方式や設定に必要な情報がご不明な場合は、「E-mail送信を行うための事前確認事項」をご参照のうえ、情報のメモをとっていただくことをおすすめ致します。


本手順は入力項目が多いため、リモートUIをご使用いただくと、本手順と同じ設定内容をパソコンから入力でき便利です。リモートUIを使って設定する方法につきましては、「E-mail送信を行うための本体側の設定<リモートUI>」をご参照ください。

■電子メールの送信機能を設定する

送信機能の設定方法 液晶表示
1 初期設定/登録]を押します。
メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<システム カンリセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

システム管理部門IDやシステム管理暗証番号が設定されている場合は、テンキーを使ってIDと番号を入力した後、[OK]を押します。
メニュー
11.システム カンリセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ネットワーク セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

システム カンリセッテイ
5.ネットワーク セッテイ
4 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンシメール/Iファクス>を選択し、[OK]ボタンを押します。

ネットワーク セッテイ
7.デンシメール/Iファクス
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<SMTP ジュシン>を選択し、[OK]ボタンを押します。
デンシメール/Iファクス
1.SMTP ジュシン
6 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<OFF>または<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。

OFF SMTP受信機能を使用しません。POPサーバを使用して受信する場合は、<OFF>に設定してください。
ON 本製品のSMTP受信機能を使用して受信します。
SMTP ジュシン
OFF
7

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<SMTPサーバ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール/Iファクス
2.SMTPサーバ
8

テンキーを使ってSMTPサーバの名前またはIPアドレスを入力し、[OK]ボタンを押します。

  • DNSサーバにSMTPサーバの名前が登録されている場合は、SMTPサーバの名前を入力してください。
  • DNSサーバにSMTPサーバの名前が登録されていない場合は、SMTPサーバのIPアドレスを入力してください。

ここでは「smtp.company.com」と入力した液晶表示例で説明します。

SMTPサーバ
:a
smtp.company.com

 

9 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<POP>を選択し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール/Iファクス
3.POP
10 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<OFF>または<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。

OFF POPサーバを使用しません。本製品のSMTP受信機能を使用して受信する場合は、<OFF>に設定してください。
ON POPサーバを使用して受信します。
POP
OFF
11 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ニンショウ/アンゴウカセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール/Iファクス
4.ニンショウ/アンゴウカセッテイ
12 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシンマエノPOPニンショウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

ニンショウ/アンゴウカセッテイ
1.ソウシンマエノPOPニンショウ
13 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<OFF>または<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。

OFF POPサーバにログインしてからメールを送信する方式のSMTPサーバを使用しません。
ON POPサーバにログインしてからメールを送信する方式のSMTPサーバを使用します。
ソウシンマエノPOPニンショウ
OFF
14 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<SMTP ニンショウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ニンショウ/アンゴウカセッテイ
2.SMTP ニンショウ
15 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<OFF>または<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。

OFF SMTPサーバにログインしてからメールを送信する方式のSMTPサーバを使用しません。【手順 20】に進んでください。
ON SMTPサーバにログインしてからメールを送信する方式のSMTPサーバを使用します。
SMTP ニンショウ
OFF
16

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<ユーザメイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。

SMTP ニンショウ
1.ユーザメイ
17 テンキーを使ってSMTPサーバにログインするためのユーザ名を入力し、[OK]ボタンを押します。
ユーザメイ

:a

_
18 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<パスワード>を選択し、[OK]ボタンを押します。
SMTPニンショウ
パスワード
19 テンキーを使ってSMTPサーバにログインするためのパスワードを入力し、[OK]ボタンを押します。
パスワード
:ア
_
20 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンシメール アドレス>を選択し、[OK]ボタンを押します。
デンシメール/Iファクス
5.デンシメール アドレス
21

テンキーを使って本製品のメールアドレスを入力し、[OK]を押します。

POPサーバを使用して受信する場合は、右の液晶表示例のように、POPサーバの名称(入力例ではpop.company.com)を電子メールアドレスの@の後に入力してください。
デンシメール アドレス
:a
pop.company.com
SMTP受信機能を使用して受信する場合は、以下の入力例のように、DNSに登録した本製品のホスト名(入力例ではcomp.com)を電子メールアドレスの@の後ろに入力してください。
SMTP受信機能を使用して受信する場合、ユーザ名(@の前の部分)は任意の名前を設定できます。
デンシメール アドレス
:a
host_name@comp.com
22 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<POPサーバ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
 
23 テンキーを使ってPOPサーバの名前またはIPアドレスを入力し、[OK]ボタンを押します。

DNSサーバにPOPサーバの名前が登録されている場合は、POPサーバの名前を入力してください。
DNSサーバにPOPサーバの名前が登録されていない場合は、POPサーバのIPアドレスを入力してください。
ここでは「pop.company.com」と入力した液晶表示例で説明します。
popサーバ
:a
pop.company.com
24

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<POPアドレス>を選択し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール/Iファクス
7.POPアドレス
25 テンキーを使ってPOPサーバにアクセスするときのログイン名を入力し、[OK]ボタンを押します。
popサーバ
:1
acount1_
26

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<POPパスワード>を選択し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール/Iファクス
8.POPパスワード
27 テンキーを使ってPOPサーバにアクセスするときのパスワードを入力し、[OK]ボタンを押します。
POPパスワード
:a
_
28 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<POPハッコウカンカク>を選択し、[OK]ボタンを押します。
デンシメール/Iファクス
9.POPハッコウカンカク
29 (-)]または[(+)]またはテンキーを使ってPOPサーバに対して受信メールを確認する時間間隔を入力し、[OK]を押します。

「0」に設定した場合、POPの自動発行は行いません。
POPハッコウカンカク
0フン
30 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
31 いったん本製品の主電源スイッチを切り、10秒待ってから再び主電源スイッチを入れてください。

設定を有効にするには、本製品の再起動が必要です。
 
以上で電子メールを送信するための設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ