ダウンロードしたファクスドライバのインストール方法(MF8450)<WindowsVista>−ネットワーク接続−



ダウンロードしたファクスドライバのインストール方法(MF8450)<WindowsVista>−ネットワーク接続−
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045654



ここでは、キヤノンホームページから、MF8450のファクスドライバをダウンロードする方法と、WindowsVistaでネットワーク接続の場合のインストール方法を説明します。
なお、USB接続でのインストール方法、プリンタ・スキャナドライバのインストール方法につきましては、以下のQ&Aをご参照ください。

インストール内容 Q&A
ファクスドライバのインストール ネットワーク接続 本手順
USB接続 Q&A
プリンタドライバのインストール ネットワーク接続 Q&A
USB接続

Q&A

スキャナドライバのインストール Q&A



INDEX

  1. ドライバのダウンロードとインストール前の準備
  2. TCP/IPネットワーク環境でインストーラを使用してドライバをインストールする方法
  3. TCP/IPネットワーク環境でプリンタの追加からインストールする方法

■ドライバのダウンロードとインストール前の準備

ホームページからダウンロードしたドライバは、圧縮されていますので、ダウンロード後解凍していただく必要があります。
ここではドライバのダウンロード方法と、ダウンロードしたドライバの解凍方法について説明します。
プリンタドライバおよびファクスドライバには以下の二種類があります。

【Setup版ドライバ】

インストーラを使用してインストールを行う場合は、必ずこちらをダウンロードしてください。

Setup版のドライバでも、プリンタフォルダからのインストールや、プラグ・アンド・プレイでのインストールは可能です。

【inf版ドライバ】

インストーラは使用せず、 プリンタフォルダからインストールする場合、またはプラグ・アンド・プレイでインストールする場合は、こちらからダウンロードしていただいた方がファイル容量が少なく済みます。

なお、既にドライバのダウンロードおよび解凍が済んでいる場合は、

  • インストーラを使用してインストールする場合は【こちら
  • プリンタの追加からインストールする場合は【こちら

へお進みください。

ドライバのダウンロード手順

1

ソフトウエアダウンロードサイトよりドライバをダウンロードします。


■ソフトウエアダウンロードサイト
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ir/faxw2.html

2 ダウンロードの際に「ファイルのダウンロード-セキュリティの警告」画面が開いたら、[保存]をクリックします。
3 「名前を付けて保存」画面が開いたら、保存先を指定し、[保存]をクリックします。

右の画面はデスクトップへ保存する場合の例です。

4 「ダウンロードの完了」画面が開いたら、[閉じる]をクリックします。

[ダウンロードの完了後、このダイアログ ボックスを閉じる]にチェックが付いている場合は、この画面は自動的に閉じられますので、【手順 5】へ進んでください。

5

ダウンロード完了後、右のアイコンが作成されます。
ダウンロードしたアイコンをダブルクリックします。

6 「開いているファイル-セキュリティの警告」画面が開いたら、[実行]をクリックします。
7

「WinZip Self-Extractor」画面が開いたら、[OK]を押します。

ファイルの解凍が行われます。

右のフォルダが作成されます。

以上でプリンタドライバのダウンロード〜ファイルの解凍作業は完了です。 引き続き、

  • インストーラを使用してインストールする場合は【こちら
  • プリンタの追加からインストールする場合は【こちら

へお進みください。

 

戻る


■TCP/IPネットワーク環境でインストーラを使用してドライバをインストールする方法

インストーラを使用してネットワーク上に接続されているMF本体を検索して、ドライバをインストールする方法についての説明です。

ネットワーク接続でインストーラを使用したインストール方法(WindowsVista)
1

コンピュータとMF本体がネットワーク経由で接続されていることを確認します。

【重要】
2 付属の電源コードを本体の裏側にある電源ソケットに差し込みます。

アース線をアース端子に接続したあと、電源コードのプラグを電源コンセントに差し込み、主電源スイッチの(A)を押して電源を入れます。
3

コンピュータの電源を入れ、WindowsVistaを起動し、管理者モードでログオンします。

4 ドライバのダウンロードとインストール前の準備」で、作成されたフォルダ内にある[Setup]をダブルクリックします。
5 「ユーザーアカウント制御」画面が開いたら、[続行]をクリックします。
6 「セットアップウィザード」が開始されます。

「Raster/LIPS4 Fax Driverセットアップウィザードへようこそ」画面が開いたら、[Readme ファイルの表示]をクリックして内容を確認し、[次へ]をクリックします。
7 「使用許諾契約」画面が開いたら、 使用許諾書の内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
8 「プリンタのインストール方法」画面が開いたら、[ネットワーク上のプリンタを探索してインストール]を選択し、[次へ]をクリックします。
9 「処理の選択」画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。
10 「インストールするプリンタの選択」画面が開いたら、「プリンタ一覧」からインストールするファクスを選択し、[追加]をクリックします。
11 「インストールするプリンタの一覧」にインストールするファクスが表示されたら、[次へ]をクリックします。
12 「インストールするプリンタ一覧」を確認したあと、[開始]をクリックします。
13 「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」画面が表示されたら、[はい]をクリックします。
インストールが開始されます。
14 「ドライバのインストールを完了しました。」画面が開いたら、[ただちにコンピュータを再起動する]にチェックを入れた状態で、[再起動]をクリックします。

すぐに再起動ができない場合は、[ただちにコンピュータを再起動する]のチェックが入っていない状態で[終了]をクリックします。
MF本体を使用する前には必ず再起動してください。

以上で、プリンタドライバのインストールは完了です。

 

戻る

■TCP/IPネットワーク環境でプリンタの追加からインストールする方法

プリンタフォルダからのインストール方法(WindowsVista)
1

「プリンタ」フォルダを開きます。

ファイル]メニューから、[管理者として実行]→[プリンタの追加]を選択します。

2 「ユーザーアカウント制御」画面が開いたら、[続行]ボタンを押します。
3 「ローカルプリンタまたはネットワークプリンタの選択」画面が開いたら、[ローカルプリンタを追加します]をクリックします。
4 「プリンタドライバのインストール」画面が開いたら[ディスク使用]ボタンを押します。
5 「フロッピーディスクからインストール」画面が開いたら、[参照]ボタンを押します。
6

ドライバのダウンロードとインストール前の準備」で、作成されたフォルダ内にある[win2k_vista]→[cnxrljw2.inf]を選択して、[開く]ボタンを押します。

7 「フロッピーディスクからインストール」画面に戻ったら、[OK]ボタンを押します。

「製造元のファイルのコピー元」欄には、【手順 6】で指定した場所が表示されます。
8

「プリンタドライバのインストール」画面に戻ったら、[プリンタ]欄から、 [Canon MF8400 (FAX)]を選択して、[次へ]ボタンを押します。

9

「プリンタ名を入力してください」画面が開いたら、必要に応じてプリンタ名を変更し、[次へ]ボタンをクリックします。

プリンタ名は予め入力されています。プリンタ名は変更しないで使用することもできます。
通常使うプリンタに設定したくない場合は、[通常使うプリンタに設定する]欄のチェックを外してください。
インストールが開始されます。
10

「プリンタ共有」画面が開いたら、[このプリンタを共有しない]または[このプリンタを共有して、ネットワークのほかのコンピュータから検索および使用できるようにする]を選択して、[次へ]ボタンを押します。

プリンタを共有する場合は、[共有名]、[場所]、[コメント]を入力することができます。
11 完了]ボタンを押します。
続いて「TCP/IP環境で出力するためのポート設定(WindowsVista)」を参照いただき、ポートの設定を行ってください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450

 

[TOP▲]
このページのトップへ