送信結果レポートを出力する方法



送信結果レポートを出力する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045739



対処方法


送信結果レポートを自動で出力する方法について説明します。
工場出荷時の設定は以下のとおりです。

  • <送信結果レポート>:エラー時のみ
  • <送信原稿の表示>:ON


送信結果レポートには以下の項目がプリントされます。

送信結果レポートへ記載される内容
レポート名正常に送信が終了したときは「送信結果レポート」、送信エラーのときは「エラー送信結果レポート」とプリントされます。
メッセージ送信終了のメッセージ
受付番号送信を受け付けたとき、自動的に付けられた番号(4桁)
部門ID部門別ID 管理がされている場合、部門ID がプリントされます。
相手先
アドレス
送信した相手先のアドレスまたは、ファクス番号が上位20 桁までプリントされます。
相手先略称ワンタッチに登録した相手先の略称
開始時刻送信が開始された日付と時刻
通信時間送信開始から終了までに要した時間(分' 秒)
枚数相手先に送信した原稿の枚数
通信結果正常に送信が終了したときは <OK> 、送信エラーのときは <NG>とプリントされます。
送信エラーのときは、送信エラにーなったページ番号と終了コードの番号もプリントされます。

メモ
  • 送信原稿の読取中にメモリがいっぱいになった場合は、送信結果レポートの出力設定にかかわらず、送信結果レポートは出力されません。
  • ファクスドライバから送信した場合と同報送信を行った場合は、<送信原稿の表示>を<ON>に設定していても、原稿の一部はレポートにプリントされません。


同報送信を行った場合は、送信結果レポートの代わりにマルチ通信結果レポートが出力されます。

マルチ通信結果レポートには以下の項目がプリントされます。

マルチ通信結果レポートへ記載される内容
受付番号送信を受け付けたとき、自動的に付けられた番号(4桁)
枚数相手先に送信した原稿の枚数がプリントされます。
部門ID部門別ID 管理がされている場合に、部門ID がプリントされます。
未通信相手先送信が終了していない相手先のアドレスまたは、ファクス番号と相手先略称がプリントされます。
該当する相手先がない場合は、"---" とプリントされます。
終了相手先送信が終了した相手先のアドレスまたは、ファクス番号と相手先略称がプリントされます。
該当する相手先がない場合は、"---" とプリントされます。
エラー相手先送信エラーになった相手先のアドレスまたは、ファクス番号と相手先略称がプリントされます。
該当する相手先がない場合は、"---" とプリントされます。

1. (メインメニュー)を押します。

2. マルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<レポート出力>を選択し、[OK]を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<仕様設定>を選択し、[OK]を押します。


5. [] 、 [] または (ホイール)を使って<送信結果レポート>を選択し、[OK]を押します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使って<OFF>、<ON>または<エラー時のみ>を選択し、[OK]を押します。

  • <OFF>:送信結果レポートは出力されません。手順9に進みます。
  • <ON>:文書を送信するたびに送信結果レポートを出力します。手順7に進みます。
  • <エラー時のみ>:送信エラーが起きたときのみ送信結果レポートを出力します。手順7に進みます。


7. [] 、 [] または (ホイール)を使って<送信原稿の表示>の設定(<OFF>または<ON>)を選択し、[OK]を押します。

  • <OFF>:送信結果レポートに送信原稿をつけずにプリントします。手順9に進みます。
  • <ON>:送信結果レポートに原稿の一部をつけてプリントします。手順8に進みます。


8. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450

 

[TOP▲]
このページのトップへ