定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF8450)



定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF8450)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045742



対処方法


プリンタで定形用紙以外へ出力する方法について説明します。
通常はコンピュータのプリンタドライバ画面で設定します。
コピーで定形用紙以外へ出力する方法は「 定形用紙以外へコピーする方法 」を参照してください。
不定形の用紙を使うときは手差しトレイにセットしてください。


プリンタで[ユーザ定義]用紙を使用するときは、あらかじめ用紙サイズを登録する必要があります。各サイズの名前、幅および高さの指定が可能です。登録された新しいユーザ定義用紙サイズは[用紙一覧]に表示されます。定義できるユーザ定義用紙サイズは最大50 個です。

1. [スタート]メニューから[設定]−[プリンタ]を選択します。

[プリンタ]フォルダが表示されます。


メモ
  • Windows XP/Server 2003の場合は、[スタート] -> [プリンタとFAX](または[スタート] -> [コントロールパネル] -> [プリンタとその他のハードウェア] -> [プリンタとFAX])を選択してください。
  • Windows Vistaの場合は、[ ](スタート) -> [コントロールパネル] -> [プリンタ]を選択してください。
  • Windows Server 2008の場合は、[スタート] -> [コントロールパネル] -> [プリンタ]を選択してください。

2. [プリンタ]フォルダ(または[プリンタとFAX]フォルダ)で印刷設定を行うプリンタのアイコンを右クリックして、表示されるメニューから[印刷設定]をクリックします。


プリンタドライバの画面が表示されます。

3. [ページ設定]ページで[ユーザ定義用紙]をクリックします。


メモ
[プリンタ]フォルダまたは[プリンタとFAX]フォルダから[印刷設定]ダイアログボックスを表示するには、そのプリンタに対するフルコントロールアクセス権が必要です。
Windowsの設定で、AdministratorまたはPower Usersとして登録されているユーザには、フルコントロールアクセス権が割り当てられています

4. 用紙サイズを設定して、ユーザ定義用紙名を入力します。

  • [用紙サイズ]を指定するとき、[幅]には[高さ]より小さい値を入力してください。
  • 幅:76.2〜216.0 mm、横:127.0〜366.0 mmの範囲で設定できます。


5. [OK]をクリックします。

  • 登録したユーザ定義用紙はお使いのコンピュータのすべてのプリンタで共通に使用できます。
  • ただし、プリンタによってユーザ定義可能な範囲は異なります。詳しくは各プリンタのオンラインヘルプを参照してください。
  • Windows の[プリンタ]フォルダまたは[プリンタとFAX]フォルダから表示する[プリントサーバーのプロパティ]ダイアログボックスで定義した用紙を、ユーザ定義用紙として登録することもできます。その場合は、[プリントサーバーのプロパティ]ダイアログボックスで、上下左右5 mm以上50 mm未満の余白を設定してください。

メモ


重要
ユーザ定義用紙は手差しトレイにセットしてください。
メモ
アプリケーションソフトウェアによっては、プリンタドライバ画面から原稿サイズ、印刷の向きなどを設定できないことがあります。その場合は、アプリケーションソフトウェアの[ファイル] -> [プリンタの設定]コマンドや[ファイル] -> [ページ設定]コマンドなどを使って設定を行います。

1. アプリケーションのメニューから[印刷]を選択します。

プリンタドライバの画面が表示されます。


メモ
プリンタドライバ画面を表示する手順は、お使いのアプリケーションソフトウェアによって異なります。

2. お使いのプリンタを選択したあと、[ページ設定]をクリックします。


[ページ設定]タブが表示されないときは、[プロパティ]または[印刷設定]をクリックしてください。


3. [原稿サイズ]から原稿サイズを選択します。

  • [原稿サイズ]で[ユーザ定義]を選択すると、拡大、縮小印刷、複数ページ印刷、両面印刷が設定できなくなる場合があります。
  • 郵便はがきや封筒にプリントするときは、[原稿サイズ]ではがきや封筒を選択します。


4. [出力用紙サイズ]から実際に印刷する用紙サイズを選択します。

  • 等倍でプリントするときは、[原稿サイズと同じ]を選択します。
  • 不定形の用紙にプリントするときは[ユーザ定義]を選択します。
  • [ユーザ定義]用紙はあらかじめ登録することができます。(「[ユーザ定義]用紙を登録する」を参照してください。)
  • 封筒を選択した場合は手順5に進んでください。
  • 封筒以外を選択したときは手順7に進んでください。

5. [給紙]タブをクリックします。


6. [用紙の指定方法]で[給紙部で指定]が選択されているのを確認し、[給紙部]で[手差しトレイ]を選択して[OK]を押します。


長形封筒を使用するときは、[仕上げ]シートの[仕上げ詳細]で[印刷の向きを180度回転する]にチェックを入れて、[OK]を押します。


7. [OK]または[印刷]をクリックします。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450

 

[TOP▲]
このページのトップへ