原稿の影や枠線を消してコピーする



原稿の影や枠線を消してコピーする
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045784



対処方法


原稿をコピーしたときにできる周囲の影や枠線などを消します。枠消しには、<原稿枠消し>、<ブック枠消し>、<パンチ穴消し>の3種類があります。
工場出荷時は<OFF>に設定されています。

メモ
<原稿枠消し>、<ブック枠消し>、<パンチ穴消し>は重複して設定できません。どれか1つのモードを設定すると、直前に設定されていたモードは解除されます。


原稿がコピーする用紙サイズより小さいとき、コピーする用紙の周囲にできる影や枠線を消します。また、コピーする用紙サイズの周囲に一定幅の余白(白地)を作ることもできます。

メモ
原稿枠消しは、縮小レイアウトと組み合わせた設定はできません。

1. 原稿をセットします。


2. (メインメニュー)を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピー>を選択し、[OK]を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピーに写る影/枠線を消す設定>を表示させ、[OK]を押します。


5. [] 、 [] または (ホイール)を使って<原稿枠消し>を選択し、[OK]を押します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使って原稿のサイズを選択し、[OK]を押します。


メモ
インチサイズへ切り替えるには、マルチキー(左)を押して、<インチサイズへ>を選択します。

7. 原稿の周囲を均一に枠消しする場合は[] 、 [] または (ホイール)または (テンキー)を使って枠消しする幅を設定し、[OK]を押します。

手順12に進みます。


メモ
  • 工場出荷時の原稿枠消し幅は6mmに設定されています。最大で50mmまで設定できます。
  • 数値を修正する場合は、 (クリア)を押してください。
  • 設定できる範囲外の数値を指定すると、適切な範囲での設定を促すメッセージが表示されます。

8. 原稿の上、下、左、右側を別べつに指定して枠消しする場合は、マルチキー(右)を押して、<独立調整へ>を選択します。


9. [] 、 [] または (ホイール)を使って枠消しする向きを選択し、[OK]を押します。


10. 枠消し幅を入力します。


メモ
  • 工場出荷時の原稿枠消し幅は6mmに設定されています。最大で50mmまで設定できます。
  • 数値を修正する場合は、 (クリア)を押してください。
  • 設定できる範囲外の数値を指定すると、適切な範囲での設定を促すメッセージが表示されます。

11. [] 、 [] または (ホイール)を使って<設定値の決定>を選択し、[OK]を押します。


コピー基本画面へ戻ります。

12. (テンキー)を使って、必要なコピー部数(1 〜 99)を入力します。


13. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押してください。


14. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。


本のような原稿をコピーするとき、コピーする用紙の周囲と中央にできる影や枠線を消します。

メモ
  • ブック枠消しは、縮小レイアウトと組み合わせた設定はできません。
  • 原稿は必ず原稿台ガラスにセットしてください。

1. 原稿をセットします。


2. (メインメニュー)を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピー>を選択し、[OK]を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピーに写る影/枠線を消す設定>を表示させ、[OK]を押します。


5. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ブック枠消し>を選択し、[OK]を押します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使ってブック原稿を開いたときのサイズを選択し、[OK]を押します。


メモ
インチサイズへ切り替えるには、マルチキー(左)を押して、<インチサイズへ>を選択します。

7. 枠消し幅を入力します。

8. <センター>の枠消し幅を指定したい場合は、[] 、 [] または (ホイール)を使って<センター>を選択し、[OK]を押します。


9. (テンキー) 、[] 、 [] または (ホイール)を使って、枠消し幅を入力し、[OK]を押します。

手順12に進みます。


メモ
  • 工場出荷時のセンター枠消し幅は10mmに設定されています。最大で50mmまで設定できます。
  • 数値を修正する場合は、 (クリア)を押してください。
  • 設定できる範囲外の数値を指定すると、適切な範囲での設定を促すメッセージが表示されます。

10. <全周>の枠消し幅を指定したい場合は、[] 、 [] または (ホイール)を使って<全周>を選択し、[OK]を押します。


11. (テンキー) 、[] 、 [] または (ホイール)を使て、枠消し幅を入力し、[OK]を押します。


メモ
工場出荷時の全周枠消し幅は6mmに設定されています。最大で50mmまで設定できます。

12. [] 、 [] または (ホイール)を使って<設定値の決定>を選択し、[OK]を押します。


13. (テンキー)を使って、必要なコピー枚数(1 〜 99)を入力します。


14. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、 (スタート)を押してください。


15. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。


パンチ穴があいている原稿をコピーするとき、コピーする用紙にできるパンチ穴の影を消します。

メモ
  • 原稿は必ず原稿台ガラスにセットしてください。
  • パンチ穴のあいた原稿は、フィーダーにセットしないでください。原稿を破損する恐れがあります。
  • パンチ穴消しモードでは、罫線なども少し薄くコピーされます。

1. 原稿をセットします。


2. (メインメニュー)を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピー>を選択し、[OK]を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<コピーに写る影/枠線を消す設定>を表示させ、[OK]を押します。


5. [] 、 [] または (ホイール)を使って<パンチ穴消し>を選択し、[OK]を押します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使って原稿のサイズを選択し、[OK]を押します。


メモ
インチサイズへ切り替えるには、マルチキー(左)を押して、<インチサイズへ>を選択します。

7. [] 、 [] または (ホイール)を使ってパンチ穴の位置を選択し、[OK]を押します。


8. [] 、 [] または (ホイール)または (テンキー)を使って枠消し幅を入力し、[OK]を押します。


メモ
  • 工場出荷時のパンチ穴枠消し幅は18mmに設定されています。最大で20mmまで設定できます。
  • 数値を修正する場合は、 (クリア)を押してください。
  • 設定できる範囲外の数値を指定すると、適切な範囲での設定を促すメッセージが表示されます。

9. (テンキー)を使って、必要なコピー部数(1 〜 99)を入力します。


10. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押してください。


11. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450

 

[TOP▲]
このページのトップへ