トナーカートリッジの交換時期(D350)



トナーカートリッジの交換時期(D350)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046400



ここでは、トナーカートリッジの交換時期について説明します。


INDEX

  1. 交換時期を知らせるメッセージについて
  2. トナーを均一にならす方法
  3. 交換用のトナーカートリッジが手元にないが、受信文書を出力したい場合

■交換時期を知らせるメッセージについて

プリントした用紙に白いスジや色の薄い帯が現れたときは、トナーが残り少なくなっています。
また、トナーカートリッジが少なくなってくると、<カートリッジガ カラニ ナリマシタ>とメッセージが表示されます。

■対処方法

  1. 以下の手順「トナーを均一にならす方法」を参照していただきトナーを均一にならしてください。

  2. トナーを均一にならしても、メッセージが引き続き表示された場合は、新しいトナーカートリッジに交換してください。交換方法は「トナーカートリッジの交換方法」をご参照ください。

    交換用のトナーカートリッジが手元にはなく、取り急ぎトナーカートリッジを交換しないで、受信したデータやレポートをプリントしたい場合は、次の手順「交換用のトナーカートリッジが手元にないが、受信文書を出力したい場合」をご参照ください。

 

戻る


■トナーを均一にならす方法

【注意】
「注意高温」と表示がある部分とローラ部は高温になっています。 内部を点検するときは、触れないように注意してください。 やけどの原因になることがあります。

トナーを均一にならす方法

1

右カバーを開けます。
2 カートリッジを本体から取り出します。


3 新しいカートリッジを左右に5、6回傾けて、中のトナーを均一にします。
4

右の図のようにカートリッジを持ち、カートリッジに表示されている矢印を本体内部に向けます。

【重要】
ドラム面には触れないでください。印刷品質が低下する原因になります。

5

カートリッジの両面の突起(A)を本体のガイド(B)に合わせ<位置1>、右カバーが少し持ち上がるまで、カートリッジを本体内部へゆっくり滑らせます<位置2>。

【重要】
カートリッジを動かすと、右カバーも動きます。カートリッジは、<位置2> より奥に押し込まないでください。手を右カバーに挟まれるおそれがあります

 

6

右カバーを閉じると、カートリッジは所定の位置<位置3>にセットされます。

ディスプレイに<カートリッジヲ セット シテクダサイ>と表示される場合は、本機の右カバーをいったん開けて閉じ、本機をリセットしてください。
以上でトナーを均一にする手順は完了です。

 

戻る


交換用のトナーカートリッジが手元にないが、受信文書を出力したい場合

D350は一度出力したファクス受信文書をもう一度出力することはできません。

そこで確実にファクス受信文書を出力するために、 ファクス受信時に<ダイコウジュシンシマシタ>が表示された場合は、メモリに一時的に保存しプリントを停止します。

交換用のトナーカートリッジが手元にはなく、取り急ぎトナーカートリッジを交換しないで、受信したデータやレポートをプリントしたい場合は、<ファクス キノウ セッテイ>で<インジケイゾク>を<スル>に設定してください。 工場出荷時の初期値は<シナイ>に設定されています。

【<インジケイゾク>を<スル>に設定したときの注意】
  • <インジケイゾク>を<スル>に設定した場合、途中で印字が薄くなったり、かすれて読み取りができなかったりすることがあります。
    しかしメモリ内の受信データはプリントと同時に消えるため、再度プリントすることができません。
    ファクス受信文書を安全に出力していただくためには、トナーカートリッジを交換していただくことをおすすめします。


  • トナー交換後は<インジケイゾク>を<シナイ>に戻しておくことをおすすめします。

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350

 

[TOP▲]
このページのトップへ