E-mail送信を行うための事前確認事項(MF7000シリーズ)



E-mail送信を行うための事前確認事項(MF7000シリーズ)
更新日 : 2013年7月26日
文書番号 : Q000046527



ここでは、E-Mail送信を行うための事前確認事項について説明します。


INDEX

  1. Scan to E-Mail機能を使うために必要な情報
  2. Scan to E-Mail機能を使うために必要な情報を確認する方法(Outlook Express 6.x の場合)

【1】Scan to E-Mail機能を使うために必要な情報

認証方式
以下の2つの認証方式をサポートしています。 (プロバイダによっては、認証が必要ない場合あり)
SMTP認証 SMTPサーバでユーザ名とパスワードを確認したあと、電子メールを送信する認証方式です。
POP before SMTP認証 一度POPサーバにアクセスし、POPアドレスとPOPパスワードを確認してから電子メールを送信する認証方式です。


■必要な情報
Scan to E-Mail機能を使うためには、電子メールに関する以下の情報が必要です。
認証方式によって必要な情報が異なります。

必要な情報 内容 SMTP認証 POP before
SMTP認証
Eメール
(送信のみ)
Iファクス
(送受信)
Eメール(送信のみ)
Iファクス(送受信)
SMTPサーバアドレス 電子メールを送信するためのサーバです。
SMTPユーザ名 電子メールを送信する際に必要なアカウントです。  
SMTPパスワード 電子メールを送信する際に必要なパスワードです。  
POPサーバ 電子メールを受信する際に使用するサーバアドレスです。SMTPサーバアドレスと同じ場合もあります。  
POPアドレス 電子メールを受信する際に必要なアカウントです。電子メールアカウント、またはメールIDと呼ぶこともあります。  
POPパスワード 電子メールを受信する際に必要なパスワードです。  
メールアドレス MF本体に設定するメールアドレス  


●MF本体からスキャンした文書を送信するだけの場合

現在使用している電子メールアカウントをそのままMF本体に設定してもかまいません。

MF本体で受信しない場合は「POP発行間隔」の設定を0分にしておく必要があります。
 (Eメールに対応している機種のみ設定あり)

 

●POP before SMTPの場合 / MF本体で電子メールを受信する場合

MF本体の電子メール受信機能を使用する場合は、現在使用している電子メールアカウントとは別に、MF本体用の電子メールアカウントを設定する必要があります。

現在使用している電子メールアカウントをMF本体に設定すると、普段使っている電子メールソフトではなく、MF本体が電子メールを受信してしまうことがあります。
そのため、電子メールアカウントの追加発行については、契約しているインターネットプロバイダ、またはネットワーク管理者にお問い合せください。


戻る


■Scan to E-Mail機能を使うために必要な情報を確認する方法(Outlook Express 6.x の場合)

パスワード以外の主な情報は、普段お使いの電子メールソフトで確認することができます。

パスワードは、電子メールソフト上では、通常「****」と表示されるため、画面上では確認ができません。
パスワードが不明な場合は、ネットワーク管理者へお問い合せいただくか、またはメールアドレスの発行元(プロバイダなど)から発行された設定通知書などで確認してください。

ここでは、Outlook Express 6.x(Windows XPに標準搭載されている電子メールソフト)を使って電子メールに関する情報を確認する方法を説明します。 Windowsメール(Windows Vistaに標準搭載)でも、同様の手順で確認ができます。

なお、本手順で確認した情報は、Scan to E-Mail機能の設定で必要になりますので、メモをお取りいただくことをお勧め致します。

メールソフトで確認できる情報 Outlook Express 6.xでの確認箇所
SMTPサーバアドレス 送信メール(SMTP)
認証方式

「このサーバーは認証が必要」のチェックマーク有無

SMTPユーザ名 アカウント名
POPサーバ* 受信メール(POP)
POPアドレス* アカウント名

* 認証方式が「POP before SMTP 認証」の場合、または本製品で電子メールを受信したい場合のみ必要です。

メールアカウントの確認方法
1 Outlook Express 6.xを起動します。
2 ツール]メニューの[アカウント]を選択して、「インターネットアカウント」画面を表示します。
3 ツール]タブをクリックします。
4 使用中のアカウントを選択し、[プロパティ]ボタンをクリックして、「<アカウント名>のプロパティ」画面を表示します。
5

サーバー]タブをクリックします。

6

以下の確認箇所から、必要な情報を確認します。

確認が終わったら、次の手順で指定した番号に進んでください。

確認箇所 必要な情報 次の手順
送信メール(SMTP) SMTPサーバアドレス 手順 7
「このサーバーは認証が必要」にチェック有/無

有⇒SMTP認証

無⇒POP before SMTP 認証 手順 10
受信メール(POP)* POPサーバ
アカウント名* POPアドレス

* 認証方式が「POP before SMTP 認証」の場合、または本製品で電子メールを受信したい場合のみ必要です。
7 送信メールサーバー]の[設定]ボタンをクリックして、「送信メールサーバー」画面を表示します。
8 アカウント名]で、「SMTPユーザ名」を確認します。
9 確認が終了したら、[キャンセル]ボタンをクリックして、「送信メールサーバー」画面を閉じます。
10

キャンセル]ボタンをクリックして、「<アカウント名>のプロパティ」画面を閉じます。

11 閉じる]ボタンをクリックして、「インターネットアカウント」画面を閉じます。
以上で確認操作は完了です。

電子メールソフトの詳しい操作方法につきましては、お使いの電子メールソフトのメーカーへお問い合せください。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455N / MF7450N / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ