自動でファクスを送信する方法(MF7000シリーズ)



自動でファクスを送信する方法(MF7000シリーズ)
更新日 : 2016年4月15日
文書番号 : Q000046603



ここでは、送信の基本的な操作の流れについて説明します。

送信ジョブは電子メール、Iファクス、ファクスのジョブの区別なく、最大70ジョブまで蓄積できます(エラーで再送信待ちのジョブを含む)。ただし、送信条件によってはそれよりも少なくなることがあります。おもな例は以下のとおりです。

  • 一度に複数の文書を送信したとき
  • 大きなデータサイズの文書を送信したとき
送信結果はレポートとしてプリントすることができます。レポートの出力方法は「通信管理レポートを出力する方法」をご参照ください。
電話を受けてから、またはかけてから送信を行いたい場合は、「手動でファクスを送信する方法」をご参照ください。

■自動でファクスを送信する

自動送信方法
1

タッチパネルディスプレイにメッセージが表示されたら、メッセージに従って操作します。

●<コントロールカードをセットしてください。>と表示された場合

  1. オプションのカードリーダ-E1にコントロールカードをセットします。
  2. 基本画面が表示されます。
  3. 【手順 2】へ進みます。

●<部門IDと暗証番号をテンキーで入力してください。>と表示された場合

  1. 部門ID]を押したあと、部門IDをテンキー(0〜9)で入力します。
  2. 暗証番号]を押したあと、暗証番号をテンキー(0〜9)で入力します。
  3. ID](暗証)を押します。
  4. 基本画面が表示されます。
  5. 【手順 2】へ進みます。

●<ユーザIDと暗証番号をテンキーで入力してください。>と表示された場合

  1. ユーザID]を押したあと、ユーザIDをテンキー(0〜9)またはタッチパネルディスプレイのキーボードで入力します。
  2. 暗証番号]を押したあと、暗証番号をテンキー(0〜9)で入力します。
  3. ID](暗証)を押します。
  4. 基本画面が表示されます。
  5. 【手順 2】へ進みます。
2 送信/ファクス]を押します。
3

原稿をセットします。

原稿の詳しいセット方法につきましては、「原稿をセットする方法」をご参照ください。
4

宛先を指定します。

各種宛先に送信するには、以下のオプションが必要です。

電子メール
Iファクス
ファイルサーバ
ネットワークインターフェースボード(MF7455DN/7455N/7450N/7350N/7140ND/7140Nは標準装備)
シンプルSEND拡張キット
ファクス スーパーG3FAXボード(MF7455DN/7455N/7450N/7430D/7430/7350N/7330/7240/7140ND/7140N/7140は標準装備)
一度に送信できる宛先は最大501件です。ただし、グループを宛先として指定した場合は、そこに登録されている各宛先を1件と数えます。

●宛先が宛先表に登録されている場合

宛先表]を押したあと、宛先を選択します。【手順 5】に進みます。

●宛先が宛先表に登録されていない場合

[新規宛先]を押して送信方法を選択したあと、宛先を入力します。

新規宛先で一度に送信できるのは、1件です。

【手順 5】に進みます。

●宛先がワンタッチボタンに登録されている場合

ワンタッチボタン]を押したあと、宛先が登録されたワンタッチボタンを押します。【手順 5】に進みます。

●宛先が定型業務ボタンに登録されている場合

定型業務ボタン]を押したあと、宛先が登録された定型業務ボタンを押します。【手順 5】に進みます。

5

読込設定]を押して、解像度を選択します。

選択する解像度が表示されていない場合は、[詳細設定]を選択し、読込設定画面で解像度を設定します。

 

読込設定画面からは、解像度だけでなく読込サイズや、濃度など詳細な設定を変更することができます。
6

ファイル形式を押したあと、送信する画像のファイル形式を選択します。

以下の場合は、この操作は必要ありません。

  • ファクスを宛先として選択している場合
  • Iファクスを宛先として選択している場合
  • オプションのネットワークインターフェースボードとシンプルSEND拡張キットを有効にしていない場合

ファイル形式は、次の形式から選択できます。

TIFF TIFF形式で送信されます。
PDF PDF形式で送信されます。
JPEG JPEG形式で送信されます。
PDF(高圧縮) 圧縮率の高いPDF形式で送信されます。
7

ページごとに分割するかしないか設定します。

複数の画像をページごとに分割して、別々のファイルとして送信する場合は、設定をONにします。
複数の画像をページごとに分割しないで、1つのファイルとして送信する場合は、設定をOFFにします。

【重要】
  • ファイル形式に[JPEG]を選択すると自動的に[ページごとに分割]が選択されます。
  • ファイル形式に[PDF(高圧縮)]を選択すると、読み取りモードは[カラー]に、解像度は[300×300dpi]にそれぞれ自動で設定されます。また、[画質]の設定は無効となります。

カラー原稿を送信したい場合は、ファイル形式に[JPEG]または[PDF(高圧縮)]を選択してください。
TIFFを見るには、TIFFに対応しているアプリケーション(Windowsの場合はイメージングなど)が必要です。
PDFを見るにはAdobe Reader/Adobe Acrobat Readerが必要です。
8

送信設定]を押して、送信の設定をします。

タイマー送信、済スタンプ、ダイレクト送信は必要に応じて設定してください。
済スタンプの詳細につきましては、「読み取り済みの原稿にスタンプをつける(済スタンプ)方法」をご参照ください。
9

閉じる]を押します。

10 スタート]を押します。
右の画面が表示された場合は、画面の表示に従って、[スタート]を押します。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。

読み込みが開始され、読み込みが終了すると、指定した宛先に送信されます。

【重要】

原稿サイズは自動的に読み取られます。ファクス送信の場合、受信側に読み取りサイズと同じ記録紙がセットされていない場合は、受信側の記録紙サイズにあわせて縮小して送信することがあります。

11

読みこみを中止する場合は、[ストップ]を押します。

[ストップ]を押して中止できるのは、読み込み中のジョブのみです。
12 読み込みが終了したら、原稿を取り除きます。
13 オプションのカードリーダ-E1を装着しているときは、コントロールカードを抜き取ります。
14 部門別ID管理を設定しているときは、[ID](認証)を押します。
以上で送信操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7450N / MF7430D / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ