画質/濃度/倍率変更方法(MF7000シリーズ)−コピー機能−



画質/濃度/倍率変更方法(MF7000シリーズ)−コピー機能−
更新日 : 2016年4月15日
文書番号 : Q000046606



ここでは、コピーの基本的な設定(コピーモード)について説明します。


INDEX

  1. 濃度を任意に調節する
  2. 画質を選択する
  3. 濃度を自動で調節する
  4. 決められた倍率で縮小/拡大する(定型変倍)
  5. 1%単位で倍率を指定して縮小/拡大する(ズーム変倍)
  6. 指定した用紙のサイズに合わせて自動変倍する(自動変倍)

■濃度を任意に調節する

原稿の濃度に合わせて、濃度を任意に調節します。

濃度調整方法
1

原稿をセットして、[うすく]または[こく]を押します。

コピー濃度は[うすく][こく]の上のインジケータが左に移るほど薄く、右に移るほど濃くなります。

 

2 スタート]を押すと、コピーが開始されます。
以上で設定は完了です。

他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


■画質を選択する

原稿の画質に応じて画質を調節することができます。画質調節には次の3種類があります。

モード 内容
文字 文字原稿に適しています。青焼きや、うすい鉛筆書きの原稿でもきれいにコピーできます。
文字/写真 文字と写真が混在する原稿に適しています。
写真 網点でつくられている写真原稿(印刷されている写真)に適しています。

【重要】
  • この3種類のモードは重複して設定できません。どれか1つのモードを設定すると、直前に設定されていたモードは解除されます。
  • 写真モードで印刷写真(網点写真)をコピーすると、モアレと呼ばれるまだら模様が出る場合があります。この場合は、シャープネスを使ってモアレを低減させます。

濃度を[自動]に設定すると、画質は、グレーアウトして文字モードに固定されます。[文字/写真]、[写真]を選択した場合は、手動で濃度調節してください。
原稿がOHPフィルムの場合は、画質を設定したあと、原稿の画質に合わせて濃度を調節してください。


画質調節方法
1 原稿をセットして、画質選択ドロップダウンリストを押したあと、原稿の画質(文字、文字/写真、写真)を選択します。
2 スタート]を押すと、コピーが開始されます。
以上で設定は完了です。

他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


■濃度を自動で調節する

原稿の濃度に応じて自動的に適切な濃度に調節します。

濃度自動調節方法
1

原稿をセットして、[自動]を押します。

原稿の濃度に応じて、自動的に適切な濃度に調節されます。

原稿がOHPフィルムの場合は、自動濃度調節ができないことがあります。このときは、[うすく]または[こく]を押して濃度を調節してください。

 

2 スタート]を押すと、コピーが開始されます。
以上で設定は完了です。

他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


■決められた倍率で縮小/拡大する(定型変倍)

定型の倍率で縮小/拡大します。

縮小 拡大
A3→B4、A4→B5 (86%)) 最大倍率 (200%)
B4→A4、B5→A5 (81%) A4→A3、B5→B4 (141%)
A3→A4、B4→B5 (70%) A4→B4、A5→B5 (122%)
最小倍率 (50%) B4→A3、B5→A4 (115%)

100%の倍率でコピーする場合は、[等倍]を押します。

【重要】
  • 以下の場合は、原稿をヨコ置きにセットしてください。 (ヨコ置きとは、原稿をヨコ長にセットした状態です。)
    • A4サイズの原稿をA3、B4サイズの用紙に拡大する
    • B5サイズの原稿をB4サイズの用紙に拡大する
    • A5サイズの原稿をA3サイズの用紙に拡大する
  • コピー仕様設定(初期設定/登録)のオートタテヨコ回転のON/OFFで<OFF>に設定されたときに、A3、B4サイズの原稿をA4、B5サイズの用紙に縮小コピーする場合は、カセットまたは手差しトレイにA4R、B5Rの用紙をセットしてください。

定型変倍方法
1 原稿をセットして、[倍率]を押します。
2

縮小する場合は縮小倍率を、拡大する場合は拡大倍率を選択したあと、[閉じる]を押します。

コピー基本画面に戻り、倍率が表示されます。

3

用紙を選択します。

用紙選択で[自動用紙選択]を設定したときは、倍率に合わせ最適な用紙が選択されます。
OHPフィルムのように透明度の高い原稿は、最適な用紙が選択されない場合があります。
4

スタート]を押すと、コピーが開始されます。

以上で設定は完了です。

他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


■1%単位で倍率を指定して縮小/拡大する(ズーム変倍)

1%きざみに任意の倍率を設定して、縮小/拡大します。倍率はタテ/ヨコ同率で、50〜200%の範囲で設定することができます。

100%の倍率でコピーする場合は、[等倍]を押します。

ズーム変倍方法
1 原稿をセットして、[倍率]を押します。
2

-][+]を押して倍率を設定したあと、[閉じる]を押します。

テンキー(0〜9)で入力する場合は、設定できる範囲外の数値を指定すると適切な範囲での設定を促すメッセージが表示されます。

コピー基本画面に戻り、倍率が表示されます。

3

用紙を選択します。

用紙選択で[自動用紙選択]を設定したときは、倍率に合わせ最適な用紙が選択されます。
OHPフィルムのように透明度の高い原稿は、最適な用紙が選択されない場合があります。
4

スタート]を押すと、コピーが開始されます。

以上で設定は完了です。

他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


■指定した用紙のサイズに合わせて自動変倍する(自動変倍)

指定した用紙サイズに合わせて、自動的に原稿のタテ/ヨコを同じ倍率に設定します。
倍率は50〜200%の範囲で設定されます。

【重要】
  • 自動変倍は、自動用紙選択と組み合わせた設定はできません。
  • OHPフィルムのように透明度の高い原稿は自動変倍できません。定型変倍またはズーム変倍でコピーしてください。
  • 自動変倍で使用できる原稿サイズは以下の定型サイズです。
    • A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、A5R

自動変倍方法
1 原稿をセットして、[倍率]を押します。
2

自動変倍]→[閉じる]を押します。

コピー基本画面に戻り、倍率が表示されます。

3

用紙を選択します。

用紙選択で必ず用紙を選択してください。選択しないと、コピー時に最上段のカセットにセットされている用紙のサイズに合わせて、自動的に倍率が設定されます。
OHPフィルムのように透明度の高い原稿は、最適な用紙が選択されない場合があります。
4

スタート]を押すと、コピーが開始されます。

以上で設定は完了です。

設定を解除するには、[倍率]→[自動変倍]の順に押します。
他のコピーモードと一括して設定を解除するには、[リセット]を押します。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7450N / MF7430D / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ