カラーモード/画質/濃度/倍率変更方法(MF8180/8170)



カラーモード/画質/濃度/倍率変更方法(MF8180/8170)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046637



[スタート]を押してコピーを開始する前に、読み込む原稿の種類に合わせて設定を調整することができます。

INDEX

  1. 画質を調節する
  2. 濃度を調節する(自動調節)
  3. 濃度を調節する(手動調節)
  4. 倍率を設定する(定型変倍を使用して拡大/縮小する)
  5. 倍率を設定する(ズーム変倍を使って拡大/縮小する)
  6. カラーバランスを調整する
  7. 色調を調整する
  8. 地色を取り除く

■画質を調節する

文字原稿や写真原稿に合わせて、画質を調整できます。3つの画質調整モードがあります。

画質の調節方法 液晶表示
1 画質]を押します。
2

画質]を繰り返し押して、原稿の種類を選択し、[OK]を押します。

原稿の種類
<モジ/シャシン> 文字と写真のある原稿に適しています。
さらに<フツウ>、<シャシン ユウセン>、<モジ ユウセン>を選択することができます。
<モジ> 文字原稿に適しています。
<シャシン> 細かい文字または写真のある原稿に適しています。

<モジ/シャシン>または<シャシン>を選択すると、濃度は自動的に手動設定に切り替わります。
<モジ/シャシン>
100%
A4
 
モジ/シャシン 1

<モジ>
100%
A4
 
モジ 1

<シャシン>
100%
A4
 
シャシン 1
以上で設定は完了です。

 

戻る


■濃度を調節する(自動調節)

自動で、原稿に適切な濃度に調整できます。
自動設定は白黒コピーのみ有効です。本手順で<ジドウ>に設定し、[カラーコピー]を押すと、手動設定の画面表示に変わります。

自動濃度調節方法 液晶表示
1 濃度]を2回押して、<ジドウ>選択し、[OK]を押します。

画質は自動的に<モジ>に設定されます。
ヨミトリ ノウド
ジドウ
100%
A4
 
モジ 1
以上で設定は完了です。

 

戻る


■濃度を調節する(手動調節)

手動で、原稿に適切な濃度に調整できます。

手動濃度調節方法 液晶表示
1 濃度]を繰り返し押して、手動モードを選択します。

ノウド
-ウスク コク+
2 (-)]または[(+)]ボタンを押して、濃度を選択し、[OK]ボタンを押します。

濃度
(-) 濃い原稿を薄くコピーします。
(+) 薄い原稿を濃くコピーします。
ノウド
-ウスク コク+
100%
A4
 
モジ/シャシン 1
以上で設定は完了です。

 

戻る


■倍率を設定する(定型変倍を使用して拡大/縮小する)

原稿を拡大または縮小して、別のサイズに変更できます。

倍率の設定方法 液晶表示
1 拡大/縮小]を押します。
テイケイヘンバイ
  100%  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押して、コピー倍率を選択し、[OK]ボタンを押します。

コピー倍率
200% MAX
141% A5→A4
122% A5→B5
115% B5→A4
100%
86% A4→B5
81% B5→A5
70% A4→A5
50% MIN

<3.コピー シヨウ セッテイ>の<6.サイズ ケイレツ>が<インチ>または<A>に設定されている場合は、定型コピー変倍は以下のようになります。
インチ

50%、64%、78%、100%、129%、200%

A

50%、70%、100%、141%、200%


コピー倍率をリセットする場合は、[拡大/縮小]を押し、[(-)]または[(+)]を押して<100%>を選択し、[OK]を押してください。

[ストップ/リセット]を押してもコピー倍率をリセットできます。

テイケイヘンバイ
86% A4→B5
86%
A4
 
モジ/シャシン 1
以上で設定は完了です。

 

戻る


■倍率を設定する(ズーム変倍を使って拡大/縮小する)

1%刻みで任意のコピー倍率を指定し、画像を拡大または縮小できます。
コピー倍率は、50%〜200%の範囲で指定できます。

倍率の設定方法 液晶表示
1 拡大/縮小]を2回押します。
ズーム 50%-200%
- 100% +
2 テンキーを使ってコピー倍率を入力し、[OK]ボタンを押します。

(-)]または[(+)]を押してコピー倍率を調整することもできます。
コピー倍率を大きくするには、[(+)]を押します。
コピー倍率を小さくするには、[(-)]を押します。
テンキーでコピー倍率を直接入力する場合は、3桁で入力してください。(例:50%→050)
コピー倍率をリセットする場合は、[拡大/縮小]を押し、[(-)]または[(+)]を押して<100%>を選択し、[OK]を押してください。
または、[拡大/縮小]を3回押し、<トウバイ>が表示されたら[OK]を押してください。
メニューから<100%>を選択して等倍に戻すことができます。
倍率を直接入力して100%に戻すこともできます。

[ストップ/リセット]を押してもコピー倍率をリセットできます。

ズーム 50%-200%
- 200% +
200%
A4
 
モジ/シャシン 1
以上で設定は完了です。

 

戻る


■カラーバランスを調整する

カラーコピーのときにカラーバランスの調整ができます。
ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの濃度を調整して、好みの色調に設定してください。カラーバランスの調整はカラーコピーにのみ反映されます。

カラーバランス調整方法 液晶表示
1 メニュー]を押します。
メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<3.コピー シヨウ セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
3.コピー シヨウ セッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<7.カラーバランス>を選択し、[OK]ボタンを押します。
コピー シヨウ セッテイ
7.カラーバランス
4

(-)]または[(+)]ボタンを押してカラーを選択し、[OK]ボタンを押します。

4つのモードから選択できます。

  • ブラック
  • シアン
  • マゼンタ
  • イエロー
カラーバランス
ブラック
5

(-)]または[(+)]ボタンを押すか、テンキーでカラーバランスの濃度を入力します。

カラーバランスの濃度は各カラーとも1から7の間で設定できます。お買い求めのときは、すべて5に設定されています。数字が大きくなるほど濃くなります。
コピー画像の状態 調整するカラー
数値を下げる 数値を上げる
黄色がかっている イエロー(黄色) マゼンタ(赤系色)、シアン(青系色)
マゼンタがかっている マゼンタ(赤系色) イエロー(黄色)、シアン(青系色)
シアンがかっている シアン(青系色) イエロー(黄色)、マゼンタ(赤系色)
赤みがかっている イエロー(黄色)、マゼンタ(赤系色) シアン(青系色)
緑がかっている イエロー(黄色)、シアン(青系色) マゼンタ(赤系色)
青みがかっている マゼンタ(赤系色)、シアン(青系色) イエロー(黄色)

モノトーンの中間調部分で調整すると効果的です。

6 OK]を押します。
7 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■色調を調整する

原稿に合わせて、色調を調整することができます。色調の調整はカラーコピーにのみ反映されます。
次の3つのモードから選択してください。

色調を調整する 液晶表示
1 [メニュー]を押します。
メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<3.コピー シヨウ セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
3.コピー シヨウ セッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<9.シキチョウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
コピー シヨウ セッテイ
9.シキチョウ
4

(-)]または[(+)]ボタンを押して色調を選択し、[OK]ボタンを押します。

原稿に合わせて、3つのモードから選択できます。

  • ヒョウジュン
  • アザヤカナ
  • オチツイタ
シキチョウ
ヒョウジュン
5 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■地色を取り除く

原稿の地色の濃さを5段階で調整できます。これにより薄い背景を除去します。
地色の調整はカラーコピーにのみ反映されます。

地色を取り除く 液晶表示
1 メニュー]を押します。
メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<3.コピー シヨウ セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
3.コピー シヨウ セッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<10.ジイロ ジョキョ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
コピー シヨウ セッテイ
10.ジイロ ジョキョ
4

(-)]または[(+)]ボタンを押すか、テンキーで数字を入力し、[OK]ボタンを押します。

数字が小さいほど地色は強く除去され、数字が大きいほど地色は弱く除去されます。
ジイロ ジョキョ

5

5

ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。

数値を1に設定しても、地色が除去されない場合があります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170

 

[TOP▲]
このページのトップへ