手動でファクスを送信する方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)



手動でファクスを送信する方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047048



対処方法


原稿を送信する前に相手と話をしたい場合、または相手先のファクス機が自動受信できない場合は、手動で送信してください。

メモ
  • 手動送信では、原稿台ガラスは使用できません。
  • 手動送信では、グループダイヤルは使用できません。
  • 手動送信では、両面原稿の読み込み機能は使用できません。

MF4380dnのイラストを使用して説明しています。

1. 外付け電話機を本製品に接続します。

メモ
本製品に接続する電話機が、黒電話*(600 型、601 型など)を含む、金属ベル内蔵電話機の場合は、呼び出し音が小さかったり、呼び出し音が鳴らない可能性があります。黒電話以外でも、お使いの電話機によっては呼び出し音が鳴らない可能性があります。
*黒電話とは、以前に一般家庭で普及していた、旧式の黒い電話機の総称です。

2. 原稿をADFにセットします。



3. [ファクス]を押します。

4. 必要に応じて原稿の読み込みを設定します。

詳細については、関連情報「ファクスの基本的な送信方法(自動)(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)」および、「ファクス送信時の原稿読込設定について(解像度/画質など)(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)」を参照してください。

5. [オンフック]を押すか、外付け電話機の受話器を取ります。

[オンフック]を押した場合は、[ ]または[ ]を押すと通信音量を調整できます。

6. 相手先のファクス番号をダイヤルします。

メモ
ファクス番号を入力する前に発信音を確認してください。発信音を確認する前に番号を入力すると、通じなかったり、間違った番号にかかったりすることがあります。

7. 受話器で相手と話します。

  • 手順5で [オンフック]を押した場合は、相手の声が聞こえたら受話器を取ります。
  • 相手の声ではなく「ピー」という音が聞こえた場合は、手順9に進んでください。

8. ファクスの受信準備をするよう相手に依頼します。

9. 「ピー」という音が聞こえたら [スタート]を押し、受話器を置きます。

読み取り動作が開始します。読み取りが終了すると、指定した宛先に送信されます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4380dn / MF4370dn / MF4350d

 

[TOP▲]
このページのトップへ