基本的なコピー方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d/MF4330d/D450)



基本的なコピー方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d/MF4330d/D450)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047053



対処方法


コピーの基本的な操作の流れを説明します。
MF4380dnのイラストを使用して説明しています。

1. 原稿台ガラスまたはADFに原稿をセットします。


原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、ADFを閉じます。

2. [コピー]を押します。

  • 必要に応じて読み込み設定をします。
  • 画質を調整したい場合は、「画質を選んでコピーする」を参照してください。
  • 濃度を調整したい場合は、「原稿の種類に応じて濃度を調整する(コピー)」を参照してください。
  • 倍率を変更したい場合は、「拡大/縮小コピーする」を参照してください。

3. 用紙のサイズを確認します。


ディスプレイに表示されている用紙サイズを変更したい場合や、手差しの用紙を使用したい場合は、関連情報を参照してください。

4. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。

  • コピー部数はディスプレイの右端に表示されます。
  • コピー部数を修正するときは、 [クリア]を押して設定部数を取り消し、必要な部数を入力しなおします。

メモ
コピー中は部数を変更することができません。

5. (スタート)を押します。


原稿の種類に応じて、コピーの画質を調整できます。1 分間何も操作しなかった場合、または [ストップ/リセット]を押した場合は、調整した設定は初期値に戻ります。
工場出荷時は<モジ/シャシン>に設定されています。

メモ
  • 4つのモード(<モジ>、<シャシン>、<モジ/シャシン>、<モジ/シャシン+>)は重複して設定できません。どれか1つのモードを選択すると、直前に設定されていたモードは解除されます。
  • 原稿がOHP フィルムの場合は、原稿の種類を設定したあとに濃度を調節してください。

1. 原稿をセットします。

2. [コピー]を押します。

3. [画質]を繰り返し押して、原稿の種類を選択します。

  • <モジ/シャシン>:文字と写真のある原稿に適しています。
  • <モジ>:文字のみの原稿に適しています。
  • <シャシン>:細かい文字または写真のある原稿に適しています。
  • <モジ/シャシン+>:細かい文字と写真のある原稿に適しています。

メモ
  • 濃度を<ジドウ>に設定して<モジ/シャシン>、<シャシン>、または<モジ/シャシン+>を設定することはできません。濃度は手動設定に切り替わります。濃度を <ジドウ>に設定すると、画質は<モジ>に切り替わります。
  • すべての設定を取り消すには、 [ストップ/リセット]を押します。
  • [ファクス]などを押し、モードを切り替えた場合も、設定が取り消されます。初期値として登録したい場合は、 [メニュー] → <コピー シヨウ セッテイ> → <ヒョウジュンモードノ ヘンコウ> → <ガシツ>で設定登録を行ってください。

4. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。

5. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押します。原稿の読み込みが完了したら、[OK]を押します。


原稿に最適な濃度を自動で調整できます。
工場出荷時は手動設定(5)に設定されています。

1. 原稿をセットします。


2. [コピー]を押します。

3. [濃度]を繰り返し押して<ジドウ>を選択し、[OK]を押します。


メモ
画質は自動的に<モジ>に設定されます。

4. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。


5. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押します。原稿の読み込みが完了したら、[OK]を押します。


原稿に最適な濃度を手動で調整できます。
工場出荷時は手動設定(5)に設定されています。

1. 原稿をセットします。


2. [コピー]を押します。

3. [濃度]を押して手動モードを選択し、[OK]を押します。

4. [ ]または[ ]を押して濃度を調整し、[OK]を押します。


  • ]:濃い原稿を薄くコピーします。
  • ]:薄い原稿を濃くコピーします。

メモ
  • すべての設定を取り消すには、 [ストップ/リセット]を押します。
  • [ファクス]などを押し、モードを切り替えた場合も設定が取り消されます。初期値として登録したい場合は、 [メニュー] → <コピー シヨウ セッテイ> → <ヒョウジュンモードノ ヘンコウ> → <ヨミトリ ノウド> → <シュドウ>で設定登録を行ってください。

5. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。


6. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押します。原稿の読み込みが完了したら、[OK]を押します。


以下の手順で、原稿の読み込みや印刷を中止します。

メモ
読み込み中にコピージョブを中止した場合は、セットした原稿を取り除いてください。

1. [ストップ/リセット]を押します。

2. <コピーヲ チュウシ シマスカ?>と表示されたら、[ ]を押して<ハイ>を選択します。


コピーが中止され、読み込み設定や部数がリセットされます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4330d / D450

 

[TOP▲]
このページのトップへ