両面コピーをとる方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d/MF4330d/D450)



両面コピーをとる方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d/MF4330d/D450)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047054



対処方法


片面の原稿を用紙の両面にコピーしたり、両面の原稿を用紙の両面、片面にコピー*できます。たくさんのページをプリントするとき、用紙の表、裏両面を使えば、用紙の消費を半分に節約できます。
この機能は「ページをそろえてコピーする(ソート)」または「2 in 1」と組み合わせて使うことができます。ソート、2 in 1については、関連情報「コピー機能を便利に使う」を参照してください。
工場出荷時は<OFF>に設定されています。
*MF4380dn/D450のみ
MF4380dnのイラストを使用して説明しています。

メモ
両面コピーには以下の用紙を使用してください。
  • 用紙サイズ:A4およびレター(封筒は使用できません。)
  • 用紙の重さ:64〜80 g/m2



片面の原稿を用紙の両面にコピーすることができます。

1. 原稿をセットします。


2. [コピー]を押します。

3. [両面]を繰り返し押して<カタメン > リョウメン>を選択し、[OK]を押します。


メモ
原稿が奇数枚の場合、コピーの最終プリントの裏面は白紙になります。

4. [ ]または[ ]を押してコピーの<サユウビラキ>または<ジョウゲビラキ>を選択し、[OK]を押します。


  • <サユウビラキ>:表面と裏面の画像の天地(上下)を同じ向きにプリントします。
  • <ジョウゲビラキ>:表面と裏面の画像の天地(上下)を逆向きにプリントします。

メモ
横原稿の場合、<サユウビラキ>を選択すると、表面と裏面の画像の天地(上下)が逆向きにプリントされ、<ジョウゲビラキ>を選択すると、表面と裏面の画像の天地(上下)が同じ向きにプリントされます。

5. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。


6. (スタート)を押します。

原稿台ガラスを使って複数枚の原稿をコピーする場合、原稿1枚ごとに (スタート)を押します。原稿の読み込みが完了したら、[OK]を押します。残りの部数がコピーされます。

メモ
  • すべての設定を取り消すには、 [ストップ/リセット]を押します。
  • [ファクス]などを押し、モードを切り替えた場合も、設定が取り消されます。初期値として登録したい場合は、 [メニュー] → <コピー シヨウ セッテイ> → <ヒョウジュンモードノ ヘンコウ> → <リョウメン>で設定登録を行ってください。
  • 手順4 の代わりに、[OK]を押すだけでも手順5 に進めます。この場合は、<サユウビラキ>でコピーされます。



両面の原稿を用紙の両面にコピーすることができます。

1. 原稿をADFセットします。


2. [コピー]を押します。

3. [両面]を繰り返し押して<リョウメン > リョウメン>を選択し、[OK]を押します。


4. [ ]または[ ]を押してコピーの<サユウビラキ>または<ジョウゲビラキ>を選択し、[OK]を押します。


  • <サユウビラキ>:原稿の表面と裏面の上下が同じ場合に選択します。
  • <ジョウゲビラキ>:原稿の表面と裏面の上下が逆向きの場合に選択します。

5. [ ]または[ ]を押してコピーの<サユウビラキ>または<ジョウゲビラキ>を選択し、[OK]を押します。


  • <サユウビラキ>:表面と裏面の画像の天地(上下)を同じ向きにプリントします。
  • <ジョウゲビラキ>:表面と裏面の画像の天地(上下)を逆向きにプリントします。

6. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。


7. (スタート)を押します。

メモ
  • すべての設定を取り消すには、 [ストップ/リセット]を押します。
  • [ファクス]などを押し、モードを切り替えた場合も、設定が取り消されます。初期値として登録したい場合は、 [メニュー] → <コピー シヨウ セッテイ> → <ヒョウジュンモードノ ヘンコウ> → <リョウメン>で設定登録を行ってください。
  • 手順4と手順5は省略できます。この場合、原稿もコピーも<サユウビラキ>に設定されます。
  • 手順4で<ジョウゲビラキ>を選択したあと [スタート]を押すと、コピーも<ジョウゲビラキ>となります。



両面の原稿を用紙の片面にコピーすることができます。

1. 原稿をADFにセットします。


2. [コピー]を押します。

3. [両面]を繰り返し押して<リョウメン > カタメン>を選択し、[OK]を押します。


4. [ ]または[ ]を押してコピーの<サユウビラキ>または<ジョウゲビラキ>を選択し、[OK]を押します。


<サユウビラキ>:原稿の表面と裏面の上下が同じ場合に選択します。
<ジョウゲビラキ>:原稿の表面と裏面の上下が逆向きの場合に選択します。

5. [テンキー]を使って、必要なコピー部数(1〜99)を入力します。


6. (スタート)を押します。

メモ
  • すべての設定を取り消すには、 [ストップ/リセット]を押します。
  • [ファクス]などを押し、モードを切り替えた場合も、設定が取り消されます。初期値として登録したい場合は、 [メニュー] → <コピー シヨウ セッテイ> → <ヒョウジュンモードノ ヘンコウ> → <リョウメン>で設定登録を行ってください。
  • 手順4は省略できます。この場合、原稿は<サユウビラキ>で読み込まれます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4330d / D450

 

[TOP▲]
このページのトップへ