受信したファクスを別の宛先へ転送する方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)



受信したファクスを別の宛先へ転送する方法(MF4380dn/MF4370dn/MF4350d)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047071



対処方法


転送機能を利用するためには、あらかじめ受信文書をメモリに保存する設定をしておく必要があります。
工場出荷時は<OFF>に設定されています。

1. [メニュー]を押します。

2. [ ]または[ ]を押して<システム カンリ セッテイ>を選択し、[OK]を押します。


システム管理暗証番号が設定されている場合は、 [テンキー]を使って番号を入力したあと、[OK]を押します。

3. [ ]または[ ]を押して<ツウシン カンリセッテイ>を選択し、[OK]を押します。


4. [ ]または[ ]を押して<メモリジュシン セッテイ>を選択し、[OK]を押します。


メモリ受信の暗証番号が設定されている場合は、 [テンキー]を使って番号を入力したあと、[OK]を押します。

5. [ ]または[ ]を押して<ON>を選択し、[OK]を押します。


必要に応じてパスワードやメモリ受信の時間を設定できます。
どちらの設定も必要でないときは、手順12に進んでください。

6. [ ]または[ ]を押して<パスワード>を選択し、[OK]を押します。


7. 暗証番号を設定または変更する場合は、 [テンキー]を使って番号(最大7桁)を入力したあと、[OK]を押します。


  • 暗証番号を設定すると、メモリ受信の設定内容を変更するときやメモリ受信を解除するときに設定した番号を入力する必要があります。
  • 暗証番号を設定しない場合は、何も入力しないで[OK]を押してください。

8. [ ]または[ ]を押して<ジカン シテイ>を選択し、[OK]を押します。


メモリ受信の開始時刻と終了時刻を指定できます。開始時刻になると自動的にメモリ受信に切り替わり、終了時刻になると解除されます。時刻を指定しない場合は、手順12に進んでください。

9. [ ]または[ ]を押して<ON>を選択し、[OK]を押します。


10. [テンキー]を使って開始時刻(24時間制)を入力し、[OK]を押します。


11. [テンキー]を使って終了時刻(24時間制)を入力し、[OK]を押します。


12. [ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。


メモリに保存されている文書を宛先を指定して送信します。

1. [ジョブキャンセル/状況確認]を繰り返し押して<ツウシン ジョウキョウ>を選択し、[OK]を押します。


2. [ ]または[ ]を押して転送するジョブを選択し、[OK]を押します。


3. [ ]または[ ]を押して<テンソウ>を選択し、[OK]を押します。


4. 転送先を指定します。

宛先はワンタッチダイヤルまたは短縮ダイヤルを使って指定します。 ワンタッチダイヤルの宛先を指定する場合は、ワンタッチダイヤルキーを押し、[OK]を押します。 短縮ダイヤルの宛先を指定する場合は、 [短縮ダイヤル]を押したあと2桁の登録先番号を入力し、[OK]を押します。

メモ
宛先はあらかじめ宛先表に登録しておく必要があります。

5. [スタート]を押します。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4380dn / MF4370dn / MF4350d

 

[TOP▲]
このページのトップへ