MacOSX ダウンロードしたファックスドライバのインストール方法



MacOSX ダウンロードしたファックスドライバのインストール方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047818



ここではキヤノンホームページからのドライバダウンロードと、ダウンロードしたドライバを使ってMac OS X環境でインストールする方法について説明しています。

ファクス送信するにはファクスドライバのインストール後に、ファックスの追加(接続)方法を設定する必要があります。
お使いのファクスの接続環境にあった追加(接続)方法は、関連情報をご参照下さい。


■ファクスドライバをインストールする

ファクスを使用するには、その製品に適したファクスドライバが必要です。
以下の手順に従って、インストールしてください。

【重要】
  • インストールの前に、他のアプリケーションソフトウエアをすべて終了してください。
  • インストール前に、古いバージョンのプリンタドライバをアンインストールしてください。

インストール手順
1

以下のソフトウエアダウンロードサイトより、ドライバをダウンロードします。

■ソフトウエアダウンロード
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ir/drv-macfax2.html

2

FAX]フォルダ-[Japanese]フォルダを開きます。

お使いの機種によって、フォルダ構成が異なることがあります。

Fax Installer]アイコンをダブルクリックします。

 

3

「認証」画面が表示されたら、 管理者の名前とパスワードを入力したあと、[OK]をクリックします。

お使いの環境によっては、[ 認証 ]ダイアログが表示されない場合があります。
その場合は、手順4へ進んでください。



4 仕様許諾契約書の内容を確認したあと、[続ける]をクリックします。
5 同意します]をクリックします。
6

簡易インストール]が選択されていることを確認したあと、[インストール]をクリックします。

 

7 メッセージが表示されたら、[続ける]をクリックします。

インストールが開始されます。

8 インストールが完了してメッセージが表示されたら、[再起動]をクリックして、コンピュータを再起動します。

コンピュータが再起動します。

お使いの環境によっては、「終了」をクリックしてインストールを終了します。
その場合、コンピュータの再起動は必要ありません。

以上でインストールの作業が終了しました。

引き続き、関連情報「ファックスドライバの追加(接続)方法」をご参照頂き、ファクスを登録してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450 / MF7455N / MF7450N / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110 / MF6570 / MF4680 / MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4270 / MF4150

 

[TOP▲]
このページのトップへ