MacOSX 10.3.9 ファクスドライバの追加(接続)方法



MacOSX 10.3.9 ファクスドライバの追加(接続)方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047858



ここでは、MacOSX10.3.9でのファクス追加(接続)方法について説明します。

ファクスの追加作業は、ドライバのインストールが終わったあとに行ってください。
ドライバのインストール方法につきましては、以下をご参照下さい。


INDEX

  1. USB接続時のファクス追加(接続)方法
  2. IP接続時のファクス追加(接続)方法
  3. Rendezvous接続時のファクス追加(接続)方法

■USB接続時のファクス追加(接続)方法

USB接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

2

プリント]をクリックして[プリント]パネルを表示した後、[プリンタを設定]をクリックします。

プリンタリスト]ダイアログが表示されます。

3 追加]をクリックします。
4

ファクスの接続方法を選択します。

表示されたダイアログで[Canon USB (CUPS Fax)]を選択します。

5

お使いのファクスを指定します。

USBで接続されているファクスを選択した後、リストからお使いのファクスに対応したファクスドライバを選択して、手順6に進みます。

6

追加]をクリックします。

ファクスが登録され、[プリンタリスト]に追加したファクスとドライバ名が表示されます。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■IP接続時のファクス追加(接続)方法

IP接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

2

プリント]をクリックして[プリント]パネルを表示した後、[プリンタを設定]をクリックします。

プリンタリスト]ダイアログが表示されます。

3 追加]をクリックします。
4

ファクスの接続方法を選択します。

表示されたダイアログで[IPプリント]を選択して、[LPD/LPR]を選択した後に、[プリンタのアドレス]にお使いのファクスのIPアドレスを入力します。

5

お使いのファクスを指定します。

プリンタの種類]で[Canon]を選択したあと、お使いのファクスに対応したファクスドライバを選択します。

Axis社製のネットワーク・インターフェース・カード(NIC)をお使いの場合は、[キュー]で「Fax」と指定してください。

 

6

追加]をクリックします。

ファクスが登録され、[プリンタリスト]に追加したファクスとドライバ名が表示されます。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■Rendezvous接続時のファクス追加(接続)方法

Rendezvousのネットワーク接続はMF4380dn/MF4370dnのみ対応しております。
Rendezvous接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

2

プリント]をクリックして[プリント]パネルを表示した後、[プリンタを設定]をクリックします。

プリンタリスト]ダイアログが表示されます。

3 追加]をクリックします。
4

ファクスの接続方法を選択します。

表示されたダイアログで[Rendezvous]を選択します。

5

お使いのファクスを指定します。

プリンタ名の一覧からお使いのファクスを選択します。

 

プリンタの種類]で、お使いのファクスに対応したファクスドライバが自動で選択されていない場合は、[Canon]を選択したあと、リストからお使いのファクスに対応したファクスドライバを選択してください。

 

6

追加]をクリックします。

ファクスが登録され、[プリンタリスト]に追加したファクスとドライバ名が表示されます。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450 / MF7450N / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110 / MF6570 / MF4680 / MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4330d / MF4270 / MF4150

 

[TOP▲]
このページのトップへ