MacOSX 10.5 ファックスドライバの追加(接続)方法



MacOSX 10.5 ファックスドライバの追加(接続)方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047864



ここでは、MacOSX10.5.xでのファクス追加(接続)方法について説明します。

ファクスの追加作業は、ドライバのインストールが終わったあとに行ってください。
ドライバのインストール方法につきましては、以下をご参照下さい。


INDEX

  1. USB接続時のファクス追加(接続)方法
  2. IP接続時のファクス追加(接続)方法
  3. Bonjour接続時のファクス追加(接続)方法

■USB接続時のファクス追加(接続)方法

USB接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

プリントとファクス]ダイアログが表示されます。

2

]アイコンをクリックします。

プリンタ登録のダイアログが表示されます。

3

ファクスの接続方法を選択します。

デフォルト]を選択します。

4

プリンタ名の一覧からお使いのファクスを選択します。

ドライバ]で[使用するドライバを選択]を選択したあと、リストからお使いのファクスに対応したファクスドライバを選択してください。

種類]欄に[USB]と表示されているファクスを選択してください。

 

 

5

追加]をクリックします。

IPV6以外の接続の場合[追加]をクリックすると、オプション設定のダイアログが表示されます。お使いのファクスに設定されているオプションを確認または設定したあと、[続ける]をクリックしてください。
IPV4の双方向通信で接続する場合、オプションの設定はプリンタの追加が完了したあと自動的に反映されるので、オプションの設定はせずに[続ける]をクリックしてください。

 

6

お使いのファックスの接続方法([片方向通信]/[双方向通信]のいずれか)を選択します。

MF4100/4200/4300シリーズをお使いの場合、右記のダイアログは表示されず、常に片方向通信で設定されます。
Axis社製のネットワーク・インターフェース・カード(NIC)をお使いの場合は、[片方向通信]を選択してください。
7

プリントとファクス]ダイアログにファクスが追加されているのを確認したあと、[プリントとファクス]ダイアログを閉じます。をクリックします。

お使いのファクスに対応するファクスドライバ名が[プリントとファクス]ダイアログの右側に表示されていることを確認してください。

 

以上で設定は完了です。

 

戻る


■IP接続時のファクス追加(接続)方法

IP接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

プリントとファクス]ダイアログが表示されます。

2

]アイコンをクリックします。

プリンタ登録のダイアログが表示されます。

3

ファクスの接続方法を選択します。

IP]を選択したあと、[LPD (Line Printer Demon)]または[HP Jet direct-Socket]を選択します。

4

お使いのファクスを指定します。

アドレス]にお使いのファクスのIPアドレスまたはDNS名称を入力したあと、[ドライバ]で[使用するドライバを選択]を選択します。で[Canon]を選択したあと、お使いのファクスに対応したファクスドライバを選択します。

リストからお使いのファクスに対応したファクスドライバを選択します。

Axis社製のネットワーク・インターフェース・カード(NIC)をお使いの場合は、[キュー]で[Fax]と指定してください。

 

 

5

追加]をクリックします。

IPV6以外の接続の場合[追加]をクリックすると、オプション設定のダイアログが表示されます。お使いのファクスに設定されているオプションを確認または設定したあと、[続ける]をクリックしてください。
IPV4の双方向通信で接続する場合、オプションの設定はプリンタの追加が完了したあと自動的に反映されるので、オプションの設定はせずに[続ける]をクリックしてください。

 

6

お使いのファックスの接続方法([片方向通信]/[双方向通信]のいずれか)を選択します。

MF4100/4200/4300シリーズをお使いの場合、右記のダイアログは表示されず、常に片方向通信で設定されます。
Axis社製のネットワーク・インターフェース・カード(NIC)をお使いの場合は、[片方向通信]を選択してください。
7

プリントとファクス]ダイアログにファクスが追加されているのを確認したあと、[プリントとファクス]ダイアログを閉じます。をクリックします。

お使いのファクスに対応するファクスドライバ名が[プリントとファクス]ダイアログの右側に表示されていることを確認してください。

 

以上で設定は完了です。

 

戻る


■Bonjour接続時のファクス追加(接続)方法


【注意】 Bonjour接続に対応している機種は下記となります

 モノクロ機 : MF4370dn / MF4380dn / MF4420n / MF4570dn / MF4580dn 
 カラー機  : MF8030Cn / MF8050Cn / MF8330Cdn / MF8350Cdn 
 

 

Bonjour接続時のファクス追加(接続)方法
1

お使いのハードディスクの[システム環境]を開いて[プリントとファクス]をクリックします。

プリントとファクス]ダイアログが表示されます。

2

]アイコンをクリックします。

プリンタ登録のダイアログが表示されます。

3

ファクスの接続方法を選択します。

デフォルト]を選択します。

4

お使いのファクスを指定します。

プリンタ名の一覧からお使いのファクスを選択します。

接続]欄に[Bonjour]と表示されているファクスを選択してください。

ドライバ]で、お使いのファクスに対応したファクスドライバが自動で選択されていない場合は、[使用するドライバを選択]を選択したあと、リストからお使いのファクスに対応したファクスドライバを選択してください。

 

5

追加]をクリックします。

IPV6以外の接続の場合[追加]をクリックすると、オプション設定のダイアログが表示されます。お使いのファクスに設定されているオプションを確認または設定したあと、[続ける]をクリックしてください。
IPV4の双方向通信で接続する場合、オプションの設定はプリンタの追加が完了したあと自動的に反映されるので、オプションの設定はせずに[続ける]をクリックしてください。

6

お使いのファックスの接続方法([片方向通信]/[双方向通信]のいずれか)を選択します。

MF4300シリーズをお使いの場合、右記のダイアログは表示されず、常に片方向通信で設定されます。
7

プリントとファクス]ダイアログにファクスが追加されているのを確認したあと、[プリントとファクス]ダイアログを閉じます。をクリックします。

お使いのファクスに対応するファクスドライバ名が[プリントとファクス]ダイアログの右側に表示されていることを確認してください。

 

以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8450 / MF7450N / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110 / MF6570 / MF4680 / MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4270 / MF4150

 

[TOP▲]
このページのトップへ