使い方にあった受信モードを選択する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)



使い方にあった受信モードを選択する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000052045



対処方法


使い方にあわせて受信モードを選択できます。


ファクスの受信操作には、本製品が自動で応対するものやお客様が手動で応対するものなど、いくつかの受信方法があります。
以下をもとに、用途にあったファクスの受信方法を選択してください。
工場出荷時は<自動受信>に設定されています。


ファクスを自動受信します。
外付け電話の接続の有無で着信時の動作が変わります。

* 着信音を鳴らす回数は、「着信呼出」で変更できます。


ファクスを自動受信します。
電話の場合は呼び出し音を鳴らします



ファクスを自動受信します。
電話の場合は、留守番電話機が伝言を録音します。

*1 呼び出し音が1〜2回鳴ったあとで留守番機能が起動するように設定してください。
*2 事前に留守番メッセージを電話機に録音してください。(最初の4秒間程度を無音状態にするか、もしくは全体の長さを20秒以内にすることをおすすめします。)


電話もファクスも着信時に呼び出し音が鳴りますので受話器をとって手動で応対します。
ファクスよりも電話を多く使う場合に適したモードです。

*1 「自動受信切替」を<ON>に設定すると、呼び出し音が一定時間鳴りつづけた場合、ファクスの受信動作に自動的に切り替わります。
*2 「リモート受信」が設定されている場合は、お使いの電話機からのダイヤル操作でファクスを受信することもできます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8350Cdn / MF8050Cn

 

[TOP▲]
このページのトップへ