受信したファクスをメモリーに保存する/別の宛先へ転送する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)



受信したファクスをメモリーに保存する/別の宛先へ転送する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000052085



対処方法


受信した文書をすぐにプリントしないでメモリーに保存する方法、および保存した文書を別の宛先へ転送する方法について説明します。


受信した文書は通常すぐにプリントされますが、プリントしないでいったんメモリーに保存しておくことができます。保存した文書はいつでも好きなときにプリントしたり、不要な場合は消去して使用する用紙を節約することができます。

設定の表示は、以下の方法で行います。

1. [ ](メニュー)を押します。

2. <システム管理設定>を選択します。

3. <通信管理設定>を選択します。

4. <メモリー設定>を選択します。

設定内容(*:工場出荷時の設定)
OFFメモリー受信を使用しません。
ONメモリー受信設定暗証番号: 7 桁の番号暗証番号を設定すると、メモリー受信の設定内容を変更するときやメモリー受信を解除するときに暗証番号の入力が必要になります。
レポートプリント: OFF、ON*ファクスを受信したときに受信結果レポートをプリントするかどうかを設定します。 「受信結果レポート」も<ON>にする必要があります。
メモリー受信時刻設定: 指定しない、指定する*<指定する>に設定すると、設定した時間内のみメモリー受信されます。 <メモリー受信開始時刻>と<メモリー受信終了時刻>をそれぞれ入力してください。

メモ
  • メモリー受信設定暗証番号について:
- 暗証番号を設定しない場合は、何も入力しないで[OK]を押します。
- <0000000>のような「0」だけの連数字を暗証番号として登録することはできません。
- <0>で始まる数字を登録した場合は以下のようになります。
 例:<02>や<002>など入力→<0000002>と設定されます。


メモリーに保存されている文書を宛先を指定して送信します。

1. [ ](状況確認/中止)を押します。

2. [ ][ ]で<ファクスジョブ状況/履歴>を選択して、[OK]を押します。


3. [ ][ ]で<受信ジョブ状況>を選択して、[OK]を押します。


4. [ ][ ]で転送したいジョブを選択して、[OK]を押します。

  • 以下の場合は転送することができません:
- 受信中である場合
- 受信が終了し、正常にプリント中である場合


5. [ ][ ]で<転送>を選択して、[OK]を押します。


6. 転送先を指定します。

宛先は、ワンタッチダイヤルまたは短縮ダイヤルのみ指定できます。


7. [ ](白黒)を押します。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8350Cdn / MF8050Cn

 

[TOP▲]
このページのトップへ