電話回線を接続する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)



電話回線を接続する(MF8350Cdn/MF8050Cnのみ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000052087



対処方法


「ファクス設定ナビ」の画面にしたがって、電話線を接続します。
「ファクス設定ナビ」は、次の操作で表示できます。
](メニュー)→<送信/受信設定>→<ファクス設定>→<ファクス設定ナビ>

1. [OK]を押します。

設定した受信モードによって、表示される画面が異なります。


2. 電話線をジャックに接続します。

以下を接続します。
  • 電話回線端子(A)と壁側の電話回線コネクタ
  • 外付け電話機用端子(B)と電話機(受信モードが<自動受信>の場合は、必要に応じて接続します。)


3. 接続が終了したら、[OK]を押します。

4. [ ]で<はい>を選択して、[OK]を押します。

ファクスの設定と接続が終了しました。


5. [OK]を押します。


6. 設定を有効にするため、本製品を再起動します。

電源をいったん切り、10秒以上たってから再度電源を入れます。

7. 回線種類を選択します。

  • 工場出荷時は<自動>に設定されているため、設定を変更する必要はありませんが、構内交換機(PBX)、ホームテレホン、ビジネスホンに接続している場合や、ファクスの送信ができないときは設定を変更します。
  • 電話回線の種類がわからないときは、ご利用の電話会社にお問い合わせください。

(1). [ ](メニュー)を押します。

(2). [ ][ ]で<送信/受信設定>を選択して、[OK]を押します。

(3). [ ][ ]で<ファクス設定>を選択して、[OK]を押します。

(4). [ ][ ]で<基本登録>を選択して、[OK]を押します。

(5). [ ][ ]で<回線種類の選択>を選択して、[OK]を押します。

(6). [ ][ ]で回線種類を選択して、[OK]を押します。

設定内容
(*:工場出荷時の設定)
自動自動で回線種類を判別します。本製品の電源を入れたときに判別をしますので、電源を入れたまま電話線を接続したときは、電源を入れなおしてください。
手動ダイヤル20 PPS、ダイヤル10 PPS、プッシュ*手動で回線種類を設定します。
(7). [ ](メニュー)を押して、メニュー画面を閉じます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8350Cdn / MF8050Cn

 

[TOP▲]
このページのトップへ