紙詰まりの対処方法(MF5770/5750/5730/3110)



紙詰まりの対処方法(MF5770/5750/5730/3110)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005836



ここでは、紙づまりの除去方法について説明します。


INDEX

  1. 紙づまりの除去方法
  2. ADFからつまった用紙を取り除く(MF5770/5750/5730)

■紙づまりの除去方法

本製品で紙詰まりが発生し、ディスプレイに「ヨウシガツマリマシタ」と表示されている場合の対処方法について説明します。

【注意】

  • 本体内部とカートリッジには、高圧や高温になる部分があります。内部を点検する際には、やけどや感電をしないように十分注意してください。
  • 本体内部からつまった用紙を取り除く際は、つまった用紙のトナーが手や衣類につかないようにご注意ください。汚れたときはただちに冷水で洗ってください。温水で洗うとトナーが定着して、汚れが落ちなくなります。
紙詰まりの対処方法
1
フロントカバーを開けてください。

2

カートリッジを取り外してください。

カートリッジに5分以上光が当たらないようにしてください。光にさらさないように、必要に応じて購入時の保護袋にいれるか、厚手の布にくるんでください。

【注意】

  • 本体内部に触れる際は、時計/ブレスレット/指輪等を外しておいてください。内部部品と接触し、破損する恐れがあります。
  • 本製品が損傷する恐れがありますので、搬送ローラー(B)の左端にあるピン(A)に触れないでください。
  • 紙詰まりを取り除く際に、搬送ローラー(B)に触らないでください。指の油分やひっかき傷がつくと、プリント品質が低下する原因となります。


 

3
フェイスアップカバー(A)を開いて、フェイスアップ排紙のエリアの両側にある緑色の用紙解除レバー(B)を押し下げてください。

4
つまった用紙の両端を持ち、ゆっくりと内側へ引っ張り、静かに引き出してください。

5
プリント面を内側にして用紙の先端を外側に巻いてから、用紙を静かに本体の外に引き出してください。

6
用紙の先端が見えていてまだ定着エリアに引き込まれていない場合、用紙を手前に引いて内側に巻いてください。

【注意】

  • つまった用紙をカセットから手前に引っ張らないでください。故障の原因になります。

 

  • つまった用紙を上に引っ張らないでください。用紙についたトナーがプリンタに付着し、プリント品質が低下する原因になります。

 

7
排紙ローラーの間にあるつまった用紙を、先端が見えるまで静かに引っ張ってください。

8
.
用紙を排紙ローラーからまっすぐ引き抜いてください。

【注意】

つまった用紙がひどく折れ曲がっている場合、用紙をのばしてから引き抜いてください。

 

9
フロントカバーを閉じてください。  
10
カセットを完全に引き出してください。  
11

つまった用紙の両端を持って、矢印の方向へゆっくりと引き抜いてください。

<カセットを使用して紙詰まりが発生した場合>

<マルチフィーダーを使って紙詰まりが発生した場合>

 

12

用紙解除レバーを元の位置に戻して、フェイスアップカバーを閉じます。

【重要】

  • 必ず用紙解除レバーを元の位置に戻してください。レバーを下げたままでは動作しません。
  • プリント中は絶対に用紙解除レバーを下げないでください。固定部分が損傷する恐れがあります。

 

13

カートリッジを元どおりに入れてから、フロントカバーを閉じます。

【重要】

  • カートリッジを交換してフロントカバーを閉じると動作可能になります。動作可能な状態に戻らない場合は、用紙解除レバーが元の位置に戻っているか、つまった用紙が残っているかいないかを確認してください。
  • トナーカートリッジを装着する際には、関連情報トナーカートリッジの交換方法」をご参考ください。

 

14
紙詰まりを全て取り除いてもエラーメッセージが消えない場合は電源再投入をお試しください。 
15
電源再投入でも改善しない場合は、修理依頼を行ってください。  

 

戻る


■ADFからつまった用紙を取り除く(MF5770/5750/5730)

MF3110はADFはありません。
原稿台ガラスカバーは紙づまりが解消されるまで開けないでください。 用紙がつまったまま開けると、原稿と用紙を傷めることがあります。


ADFからつまった用紙を取り除く
1 ADFを開いて、つまった用紙をADFから静かに取り除きます。
2 スライドガイドをイッパイに開いて、スライドガイドに引っかからないに用紙を取り除きます。

ADFを開いて、つまった用紙をADFから静かに取り除きます。
3 ADFを開いて、つまった紙を排紙トレイから静かに取り除きます。

つまった用紙を取り除いたあとは、原稿の端を揃えてからADFにもう一度セットしてください。
以上で紙づまりの除去作業は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF5770 / MF5750 / MF5730 / MF3110

 

[TOP▲]
このページのトップへ