紙詰まりの対処方法(D350/D300)



紙詰まりの対処方法(D350/D300)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005841




ここでは、紙詰まりの対処方法を説明します。

 



詳細情報:
  1. 本体内部の紙詰まり対処方法(D350/D300)
  2. ADFでの紙詰まり対処方法(D350/D300)

【詳細1】本体内部の紙詰まり対処方法(D350/D300)

■本体内部の紙詰まり対処方法(D350/D300)

本体内部で紙詰まりが起こると、LCDディスプレイに「ヨウシガ ツマリマシタ」と表示されます。

【注意】

  • 本体内部やカートリッジには、高温、高圧になる部分があります。内部を点検するときは、これらの部分に手を触れないように注意ください。やけどや感電の原因になることがあります。
  • つまった用紙を本体内部から取り除くときは、紙詰まりしている用紙の上にのっているトナーが衣服や手に触れないように取り除いてください。衣服や手が汚れた場合は、すぐに水で洗い流してください。温水で洗うとトナーが定着し、汚れが取れなくなることがあります。

対処方法

1. 右カバーを開けます。 カセットや排紙トレイに用紙が残っている場合は、取り出してください。
2.
カートリッジを取り外します。

カートリッジは、光に5分以上さらさないでください。5分以上カートリッジを取り外しておくときは、お買い上げのときに入っていた保護袋に入れるか、厚い布でカートリッジを包んで、光が当たらないようにしてください。

【重要】

本体内部の作業をするときは、腕時計、ブレスレット、指輪などを外してから行ってください。本体内部の部品と接触すると、やけどや感電の原因になることがあります。
送りローラの表面は非常に弱く、指脂が付着したり傷ついたりすると動作に影響するおそれがあるため、つまった用紙を取り除くときは、ローラに触れないようにご注意ください。コピー品質低下の原因となることがあります。
送りローラの左側付近のピンに触れると、プリンタが損傷する恐れがあります。
3.

本体からつまった用紙を取り除きます。
状況にあわせて、以下をご参照の上、処理を行ってください。

 
<用紙の先端が見えない場合>

つまった用紙の左右の端を持って、本体奥側へ慎重に用紙を引っぱり、カセットからゆっくり引き抜きます。

用紙を、印刷面が内側になるように先端から丸めて、本体からゆっくり引き抜きます。

<用紙の先端が見え、かつ印字も開始されていない場合>
手前へ用紙を引っぱって、内側へ丸めます。

【重要】
つまった用紙がカセットに入っている状態のときは、手前へ用紙を引っぱらないでください。本体の故障の原因となることがあります。

【重要】
つまった用紙を上へ引っぱらないでください。用紙上のトナーによってプリンタの内部が汚れ、コピー品質が低下する原因になります。

<用紙への印字が開始されている場合>

左カバーを開け、左右両側にある緑色の用紙解放レバーを押し下げます。
排紙ローラに挟まった用紙をゆっくり引っぱって、先端が本体から出るようにします。

ローラに挟まった用紙を慎重にまっすぐ引っぱって、本体から取り除きます。

つまった用紙にアコーディオンの蛇腹のようなひどい折り目が入っている場合は、用紙をゆっくり引っぱって、プリンタから取り除いてください。

 

用紙解放レバーを元の位置に戻し、左カバーを閉じます。

【重要】
用紙解放レバーは、必ず元の位置に戻してください。レバーが押し下げられた状態のままでは、紙詰まりは解消されません。
印刷中は用紙解放レバーを押し下げないでください。定着部が損傷するおそれがあります。
4.

カートリッジを本体に戻し、右カバーを閉じます。

【重要】
カートリッジを戻して右カバーを閉じると、紙詰まりは解消され、本体はスタンバイ表示になります。
スタンバイ表示にならない場合は、用紙解放レバーが元の位置に戻っているか、つまった用紙は他にないかを確認してください。

 

5.
手差しトレイをはずします。つまった用紙の左右の端を持って、手前へまっすぐに引っぱり本体から取り除きます。
6.

手差しトレイをカセット上に沿うように、カチッと音がするまで差し込みます。

 

 

戻る

【詳細2】ADFでの紙詰まり対処方法(D350/D300)

■ADFでの紙詰まり対処方法(D350/D300)

ADFで紙詰まりが起こると、LCDディスプレイに「ゲンコウヲ テンケン シテクダサイ」と「ゲンコウガ ナガスギマス」が表示されます。

【注意】
つまった原稿を取り除くまでは、原稿台カバーを開けないでください。原稿が傷つくおそれがあります。

対処方法

状況にあわせて、以下をご参照の上、処理を行ってください。

<原稿給紙トレイの方から取り出せる場合>
1.

原稿を複数枚ADFにセットしている場合は、残りの原稿を取り除きます。

2.

ADFを少し開けて、つまった原稿を原稿給紙トレイの方に引っぱって取り除きます。

つまった原稿を取り除き、原稿の端をそろえてからADFにセットしてください。

 

<ADFを完全に開いて取り出す場合>
1.
原稿を複数枚ADFにセットしている場合は、残りの原稿を取り除きます。
2.

スライドガイドをいっぱいに開きます。

3.

原稿がスライドガイドに引っ掛からないようにしてADFを開けて、つまった原稿をゆっくり引っぱってADFから取り除きます。

つまった原稿を取り除き、原稿の端をそろえてからADFにセットしてください。

<原稿排紙トレイ側に原稿がつまっている場合>

1.

原稿を複数枚ADFにセットしている場合は、残りの原稿を取り除きます。

2.

ADFを開け、つまった原稿をゆっくり引っぱって原稿排紙トレイから取り除きます。

つまった原稿を取り除き、原稿の端をそろえてからADFにセットしてください。

 

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350 / D300

 

[TOP▲]
このページのトップへ