受信モードについて(D350)



受信モードについて(D350)
更新日 : 2015年7月28日
文書番号 : Q000005848



ここでは、受信モードの設定方法について説明します。


INDEX

  1. 手動受信モードの設定方法
  2. 自動受信モードの設定方法
  3. FAX/TELモードの設定方法
  4. 留守モードの設定方法

■手動受信モードの設定方法

手動受信モードの設定
1 [ファクス]ボタンを押し、ファクスモードに切り替えます。
2 [受信モード]ボタンを「シュドウ」と表示されるまで押してください。
3 [OK]ボタンを押してください。
日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■自動受信モードの設定方法

ファクス受信専用のモードを設定します。

自動受信モードの設定
1

[ファクス]ボタンを押し、ファクスモードに切り替えます。

2

[受信モード]ボタンを「ジドウ」と表示されるまで押してください。

3 [OK]ボタンを押してください。日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。


呼出音を鳴らすか鳴らさないかは、「着信呼出」の設定で行います。着信呼出の設定は、外付けの子電話もしくはハンドセット接続時のみ有効です。
着信呼出の設定は以下の通りになります。

呼出音を鳴らす設定
1 [ユーザモード]ボタンを押してください。
2 [+]または[−]ボタンを「トウロク/セッテイ 4.ファクス キノウ セッテイ」と表示されるまで押してください。
3 [OK]ボタンを押してください。
「ファクス キノウ セッテイ 1.キホン セッテイ」と表示されます。
4 [+]または[−]ボタンを「4.ジュシン キノウ セッテイ」と表示されるまで押してください。
5 [OK]ボタンを押してください。
「ジュシン キノウ セッテイ 1.ECM ジュシン」と表示されます。
6 [+]または[−]ボタンを「3.チャクシン ヨビダシ」と表示されるまで押してください。
7 [OK]ボタンを押してください。
8 [+]または[−]ボタンで「スル」を選択してください。
9 [OK]ボタンを押してください。
10 [+]または[−]ボタンで希望の呼び出し回数を指定してください。
テンキーで指定することもできます。指定範囲は1〜99回までになります。
11 [OK]ボタンを押してください。
12 [ストップ/リセット]ボタンを押してください。
日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■FAX/TELモードの設定方法

FAX/TELモードの設定
1 [[ファクス]ボタンを押し、ファクスモードに切り替えます。
2 [受信モード]ボタンを「FAX/TEL」と表示されるまで押してください。
3 [OK]ボタンを押してください。
日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。

F/T切替後の子電話の鳴動: 子電話は鳴動しません。D350本体が鳴動します。 

 

FAX/TELモードの詳細を設定することができます。操作は下記の通りです。

FAX/TELモードの詳細設定
1 [ユーザモード]ボタンを押してください。
2 [+]または[−]ボタンを「トウロク/セッテイ 4.ファクス キノウ セッテイ」と表示されるまで押してください。
3 [OK]ボタンを押してください。
「ファクス キノウ セッテイ 1.キホン セッテイ」と表示されます。
4 [+]または[−]ボタンで「ファクス キノウ セッテイ 4.ジュシン キノウ セッテイ」と表示されるまで押してください。 
5 [OK]ボタンを押してください。
6 [+]または[−]ボタンを「ジュシン キノウ セッテイ 2.F/T ショウサイ セッテイ」と表示されるまで押してください。
7 [OK]ボタンを2回押してください。
「ヨビダシカイシ ジカン」と表示されます。
8 [+]または[−]ボタンを押して、着信してから呼び出し音を鳴らし始めるまでの時間を設定してください。
0秒〜30秒の間で設定ができます。 ([+]または[−]ボタンの代わりにテンキーで設定することも可能です。)
9 [OK]ボタンを2回押してください。
「ヨビダシ ジカン」と表示されます。
10 [+]または[−]ボタンを押して、呼び出し音を鳴らす時間を設定してください。
15秒〜300秒の間で設定できます。  ([+]または[−]ボタンの代わりにテンキーで設定することも可能です。)
11 [OK]ボタンを2回押してください。
「ヨビダシゴノ ドウサ」と表示されます。
12 [+]または[−]ボタンを「ジュシン」または「シュウリョウ」のいずれかを選択してください。
手順10の操作で設定した時間内に受話器を取らなかった場合の動作になります。「ジュシン」を選択するとファクス受信の動作に入り、「シュリョウ」を選択すると電話を切断します。
13 [OK]ボタンを押してください。
14 [ストップ/リセット]ボタンを押してください。
日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■留守モードの設定方法

留守モードの設定
1 [ファクス]ボタンを押し、ファクスモードに切り替えます。
2 [受信モード]ボタンを「ルスTEL」と表示されるまで押してください。
3 [OK]ボタンを押してください。
日付時刻表示に戻ります。
以上で設定は完了です。

本体の外部端子に留守番電話機を接続している時に利用するモードで、ファクスの場合は自動で受信し、電話の場合は留守番電話機にメッセージを録音することができます。

本体にはメッセージを録音する機能がありません。
また、留守番電話機にはファクスを受信する機能がありませんので、本体と留守番電話機の両方を留守モードに設定する必要があります。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350

 

[TOP▲]
このページのトップへ