トナーカートリッジの交換方法(MF8180/8170)



トナーカートリッジの交換方法(MF8180/8170)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005867



トナーカートリッジの交換の手順について説明します。

【重要】

出力紙の印字が薄くなったり、ムラが出るようになったらトナーカートリッジの取り換え時期です。画質が低下しますので、早めにお取り替えになることをお勧めします。

<トナーカートリッジの交換について>
トナーが少なくなると、エラーランプが点滅します。
ディスプレイに<*カートリッジ モウスグ コウカン>と表示され、トナーがなくなると、<*カートリッジヲ コウカン>と表示されます。
表示された色のトナーを用意して、次の手順に従ってトナーを交換してください。
「*」には色が入ります。(K:ブラック、C:シアン、M:マゼンタ、Y:イエロー)

【警告/注意】

使用済みのカートリッジを火の中に投げ込まないでください。残っているトナーに引火して、火災ややけどの原因となります。
トナーが衣服についてときは直ちに水で洗い流してください。温水を使うとトナーが生地に定着し、汚れが取れなくなります。


詳細情報:
  1. トナーカートリッジの交換方法(MF8180/8170)

【詳細1】トナーカートリッジの交換方法(MF8180/8170)

■トナーカートリッジの交換方法(MF8180/8170)

【重要】
必ず製品専用のカートリッジを使用してください。

交換方法
1 [メニュー]を押します。

2 [<(-)]または[>(+)]を押して、<10.メンテナンス>を選択し、[OK]を押します。
3 [<(-)]または[>(+)]を押して、<1.カートリッジ コウカン>を選択し、[OK]を押します。
4 [<(-)]または[>(+)]を押して、交換するトナーの色を選択し、[OK]を押します。

次の中から選択できます。
 1.ブラック
 2.シアン
 3.マゼンタ
 4.イエロー
 5.ゼンショク

<5.ゼンショク>を選択した場合は、カートリッジーカバーを開閉するたびに、交換できるトナーの位置が変わります。カートリッジカバーを開閉しながら、順にトナーを交換してください。
トナー交換を途中で止めるときは、[ストップ/リセット]を押します。
5 操作音が止まったら、操作パネル部を上げ、カートリッジカバーを開けます。

6 交換するトナーカートリッジが取り出せる位置に来ていることを、トナーカートリッジのラベルとトナーカートリッジホルダーのラベルで確認します。
 
トナーカートリッジが取り出せる位置に来ていないときは、カートリッジカバーをいったん閉じて、操作音が止まってから再度開けてください。交換するカートリッジが取り出せる位置に来るまでこの開閉操作を繰り返してください。
7 トナーカートリッジを取り出します。
 
交換するトナーカートリッジの上のツマミを持ってまっすぐに上に引き上げます。
8 トナーカートリッジホルダーの色ラベルを確認して、新しいトナーカートリッジを保護袋から取り出します。
 
カートリッジを傷つけないよう、保護袋ははさみなどで切って開けてください。

 

【重要】
トナーカートリッジが入っていた保護袋は、捨てずに保管しておいてください。プリンタのメンテナンスなど、トナーカートリッジを取り出すときに必要になります。
内部のドラムを手で触れたり、傷を付けたりすると、印字品質が低下します。絶対に、手で触れないでください。
また、トナーカートリッジのセンサーや電流の接触部には、触れないでください。故障の原因になります。
9 トナーカートリッジをゆっくりと左右[1]、前後[2]に5〜6回振って、中のトナーを均一にならします。

【重要】
トナーが均一にならされていないと画質が低下します。必ずこの手順に従ってください。
カートリッジはゆっくり振ってください。乱暴に扱うとトナーがこぼれることがあります。

10 トナーカートリッジの保護カバーを取り外します。
保護カバーは、図のように取っ手を持って外してください。

※ぴったりとはめ込まれていますが取り外せます。

【重要】
現像ローラは、持ったり触れたりしないでください。印字品質が低下します。
また、トナーカートリッジメモリに衝撃を与えたり、磁気を近づけたりしないでください。故障の原因になります。
トナーカートリッジに付いていた保護袋と保護カバーは、お手入れの際、カートリッジを取り外したときに使いますので、捨てずに保管しておいてください。
11 トナーカートリッジを平らな安定した場所に置き、シーリングテープ(長さ約45cm)のタブをつまみ、矢印の方向に引き抜きます。
タブを持ってまっすぐに引き抜いてください。
 
シーリングテープを勢いよく引き抜いたり、途中で止めたりするとトナーが飛び散ることがあります。トナーが目や口に入った場合は、直ちに水で洗い流し、医師の診察を受けてください。
【重要】
シーリングテープを曲げて引いたり、上向きや下向きに引っ張らないでください。シーリングテープが途中で切れ、完全に引き抜けなくなることがあります。
シーリングテープは最後まで完全に引き抜いてください。
 シーリングテープがトナーカートリッジ内に残っていると、印字不良の原因になります。
引き抜いたシーリングテープは、地域の条例に従って処分してください。
12 トナーカートリッジの上のツマミを持って、トナーカートリッジ両側の突起を本体のガイドに合わせ、スライドさせながら本体に押し込みます。
 
トナーカートリッジの三角マークと本体についている三角マークが合うようにして押し込んでください。
トナーカートリッジが正しくセットされるとトナーカートリッジのラベルとトナーカートリッジホルダーのラベルが図のように並びます。
13

カートリッジカバーを閉じ、操作パネル部を下げます。

トナーカートリッジホルダーが自動的に回転します。
カラーラベルの色は、Y:イエロー、M:マゼンタ、C:シアン、K:ブラックの順になっています。もし違った色が現れた場合は、手順 1 から操作してください。


【重要】

トナーカートリッジ交換後、すぐにコピーをとると、画質が粗くなる場合があります。
 トナーカートリッジ交換後は、本体の稼動音がなくなってからコピーをお取りください。
トナーカートリッジ設置後、ディスプレイに<*カートリッジヲ セットシテクダサイ>が表示され続ける場合は、電源プラグを抜き差ししてください。
 *には色が入ります。(K:ブラック、C:シアン、M:マゼンタ、Y:イエロー)

以上でトナーカートリッジの交換作業が終了です。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170

 

[TOP▲]
このページのトップへ