MF7000シリーズで利用できるオプション製品



MF7000シリーズで利用できるオプション製品
更新日 : 2014年3月25日
文書番号 : Q000005879



ここでは、MF7000シリーズ本体の性能を高めるためのシステムオプションと、本体に装着できるオプション機器のそれぞれの機能について説明します。

なお、使用するオプションによっては、本体に装着する際に制限事項などがあります。
各機能に必要なオプション、同時装着に必要なオプションおよび制限事項などの詳細につきましては関連情報オプションの構成」をご参照ください。


INDEX

  1. システムオプション
  2. オプション機器
  3. 原稿台カバータイプJ
  4. インナー2ウェイトレイ・E1
  5. 1段カセットユニット・J1/P1
  6. 3段カセットユニット・L1/R1
  7. 両面ユニット・A1/B1
  8. 自動両面送りフィーダ(DADF-P1)
  9. 原稿置き台・J1
  10. カードリーダ-E1
  11. フィニッシャー用追加トレイ・C1
  12. フィニッシャーU1/U2
  13. ハンドセット・H1

■システムオプション

システム関連のオプション製品を装着することで、本製品の性能を高めることができます。
ここでは、本製品に装着できるシステム関連のオプション製品とその機能について説明します。

システムオプション

説明 標準搭載 オプション
CARPS2プリンタキット・A1

プリンタとして使用するための拡張オプションです。

MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
CARPS2プリンタキット・B1 MF7450N
MF7350N
MF7330
スーパーG3 FAXボード スーパーG3 FAXボードを装着すると、一般的なファクスの送受信だけでなく、アプリケーションで作成された文書を直接パソコンからネットワークを経由してファクス送信することができます。

スーパーG3 FAXボードにはファクスドライバが同梱されています。これにより、本製品を経由してパソコンからファクス送信できます。
MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
シンプルSEND拡張キット・A1 送信機能を使用するための拡張オプションです。読み込んだ文書を電子メールや I ファクス文書として送信したり、ファイルサーバに保存することができます。
-
MF7240
MF7210
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7110
シンプルSEND拡張キット・A2
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
ネットワークインターフェースボード・F1 100Base-TX/10Base-Tネットワークに接続可能にするボード。
本体をネットワークに接続してリモートUIを利用したり、NetSpotを使って、コンピュータからネットワーク上のプリンタやコピーの設定を管理することができます。シンプルSEND拡張キットと組みあわせると、読み込んだ原稿をE-メールに添付したり、I ファクスとして送信することができます。
MF7140ND
MF7140N
MF7240
MF7210
MF7140
MF7110
ネットワークインターフェースボード・G1 MF7450N
MF7350N
MF7330

 

戻る


■オプション機器

 

番号 名称 説明 標準搭載 オプション
1
原稿カバータイプJ MF7210/7110に取り付け可能な圧板。原稿台ガラスにセットした原稿を押さえます。 MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
2
インナー2ウェイトレイ・E1
インナー2ウェイトレイを装着すると、排紙トレイを1段追加することができます。
-
MF7240
MF7210
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7110
インナー2ウェイトレイ・E2
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
3
1段カセットユニット・J1/P1 1段カセットユニットを装着すると、給紙箇所を1つ追加することができます。
カセットに約300枚(64g/m2)用紙をセットできます。
-
MF7240
MF7210
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7110
1段カセットユニット・P1 1段カセットユニットを装着すると、給紙箇所を1つ追加することができます。
カセットに約250枚(80g/m2)用紙をセットできます。
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
4
3段カセットユニット・L1/R1 3段カセットユニットを装着すると、給紙箇所を3つ追加することができます。
各カセットに約300枚(64g/m2)用紙をセットできます。
-
MF7240
MF7210
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7110
3段カセットユニット・R1 3段カセットユニットを装着すると、給紙箇所を3つ追加することができます。
各カセットに約250枚(80g/m2)用紙をセットできます。
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
5
両面ユニット・A1

片面の原稿を用紙の両面にコピーできます。 MF7140ND
MF7240
MF7210
MF7140N
MF7140
MF7110
両面ユニット・B1
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
6
自動両面送りフィーダ(DADF-P1)

自動的に原稿の連続読み込みを行うことができます。

MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
7
原稿置き台・J1 読み込む前の原稿や、読み込み済の原稿を置くことができます。取扱説明書を収めておくこともできます。
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
8
カードリーダ-E1 カードリーダ-E1を装着すると、自動的に部門別ID管理を行うことができます。
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
9
フィニッシャー用追加トレイ・C1 フィニッシャーU1/U2にフィニッシャー用追加トレイを装着することで排紙先のトレイを1つ増やすことができます。
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
10
フィニッシャー・U1 フィニッシャーU1/U2を装着すると、ソート、グループ、シフト、ステイプルソートなどの機能が利用できます。
-
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110
フィニッシャー・U2
-
MF7450N
MF7350N
MF7330
その他 ハンドセット・H1

電話を着信すると電話機に、ファクスを着信するとファクスに切り替わるFAX/TEL切り替え機能を持っています。

-
MF7450N
MF7350N
MF7330
MF7240
MF7140ND
MF7140N
MF7140
MF7210
MF7110

 

戻る


■原稿台カバータイプJ

MF7210/7110に取り付け可能な圧板です。
原稿台カバーは原稿台にセットした原稿を、動かないように固定することができます。

(1)

原稿台カバー 原稿台カバーを閉じると、原稿台にセットした原稿を動かないように固定できます。

 

戻る


■インナー2ウェイトレイ・E1/E2

インナー2ウェイトレイ・E1/E2を装着した場合は、本体トレイとインナートレイの2箇所に排紙することができます。
インナー2ウェイトレイ・E1/E2は、ソート機能、グループ機能を備えています。

【重要】
インナー2ウェイトレイ・E1/E2を装着している場合は、オプションのフィニッシャーU1/U2を装着することはできません。

(1)

インナートレイ

排紙トレイが2箇所になり、トレイA(本体トレイ)、トレイB(インナートレイ)を使い分けることができます。

<ハードウェア仕様>

項目 仕様
積載容量 上段トレイ A4/B5/A5/A5R

約100枚

A3/B4/A4R/B5R 約50枚
下段トレイ A4/B5

約250枚

A3/B4/A4R/B5R/A5/A5R 約100枚
電源 本体より供給
最大消費電力 約16W
大きさ(幅×奥行×高さ) 486mm×451mm×152mm
質量 約1.5kg

<インナー2ウェイトレイ・E1/E2の機能>

インナー2ウェイトレイ・E1/E2は以下の機能を備えています。

機能 説明
ソート機能 プリント用紙を自動的にページぞろえして排紙する機能です。
グループ機能 原稿の各ページのプリント用紙を、ページごとに仕分けて排紙する機能です。

 

戻る


■1段カセットユニット・J1/P1

1段カセットユニット・J1/P1を装着すると、給紙箇所を1つ追加することができ、2段カセット構成になります。
カセットに300枚(64g/m2)用紙をセットできます。

(1)

カセット 約300枚(64g/m2)の用紙をセットできます。

(2)

左カバー 紙づまりの処理をするとき、このカバーを開けます。

<ハードウェア仕様>

項目 仕様
1段カセットユニット・J1 1段カセットユニット・P1
用紙サイズ A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5
給紙段数/給紙容量 約300枚(64g/m2)×1段
電源 本体より供給
最大消費電力

約3W

約4W
大きさ(幅×奥行×高さ) 581mm×570mm×117mm
質量 約6.0kg

<別売付属品>

■FLカセット・AC1

セットする用紙にあわせて、サイズ切り替えができます。

  • セットできる位置:カセット1、2、3、4
  • セットできる用紙サイズ:A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5

 

戻る


■3段カセットユニット・L1/R1

3段カセットユニット・L1/R1を装着すると、給紙箇所を3つ追加することができ、4段カセット構成になります。
各カセットには約300枚(64g/m2)用紙をセットできます。

(1)

カセット 各段に約300枚(64g/m2)の用紙をセットできます。

(2)

左カバー 紙づまりの処理をするとき、このカバーを開けます。

<ハードウェア仕様>

項目 仕様
3段カセットユニット・L1 3段カセットユニット・R1
用紙サイズ A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5
給紙段数/給紙容量 約300枚(64g/m2)×3段
電源 本体より供給
最大消費電力

約13W

約18W
大きさ(幅×奥行×高さ) 581mm×570mm×275mm
質量 約18kg 約17.3kg

<別売付属品>

■FLカセット・AC1

セットする用紙にあわせて、サイズ切り替えができます。

  • セットできる位置:カセット1、2、3、4
  • セットできる用紙サイズ:A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5

 

戻る


自動両面送りフィーダ(DADF-P1)

原稿給紙トレイにセットした原稿を、自動的に原稿台に送ることができます。また自動的に反転送りして、原稿の両面を読み取ることもできます。

【重要/注意】

  • 原稿給紙トレイのすき間に手を入れないでください。けがをする恐れがあります。また、すき間にクリップなどの物を落とさないでください。
  • 原稿台ガラスに本や雑誌などの厚い原稿をセットしてコピーや読み込みを行うときは、フィーダを強く押さないでください。
  • 排紙口がふさがれると、原稿を破損する恐れがありますので、原稿排紙部には物などを置かないでください。
  • Satera MF7210/7110以外の機種は標準でフィーダ装着されています。
  • Satera MF7210/7110はお買い求め時にフィーダを選択することもできます。

(1)

フィーダカバー 紙づまりを処理するとき、このカバーを開けます。

(2)

スライドガイド 原稿の幅にあわせ、このガイドを調節します。
(3) 原稿給紙トレイ 原稿をセットすると、1枚ずつ自動的に原稿台に送ることができます原稿は、読み込む面を上向きにして、セットしてください。
(4) 原稿排紙部 原稿給紙トレイから読み込んだ原稿が排紙されます。

<ハードウェア仕様>

項目 仕様
原稿送り装置の種類 自動両面原稿送り装置
原稿サイズ/種類 サイズ A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、A5R
原稿坪量 52g/m2〜105g/m2

原稿の収納可能枚数

50枚(A3/B4は25枚)
原稿交換速度

20枚/分(A4ヨコ)

電源 本体より供給
最大消費電力

約26W

大きさ(幅×奥行×高さ) 565mm×490mm×122mm
質量 約7.0kg

 

戻る


■カードリーダ-E1

オプションのカードリーダ-E1を使用することにより、カードを使用したよりスマートで効率的な部門別ID管理や、コピーとプリントを別々のカードで管理する運用が可能です。
最大1,000部門の出力をより効率的に、よりきめ細やかに管理することができます。
本体を使用する前にコントロールカードをセットしてください。

【重要】

  • ユーザID管理をONにしているときは、カードID欄にお手持ちのカード番号を入力してください。
  • コントロールカードを差し込んでもタッチパネルディスプレイに基本画面が表示されないときは、次のような点をチェックしてください。
    差し込む向きはただしいですか
    十分に奥まで差し込まれていますか
    使用不可能なコントロールカードが挿入されていませんか
    (破損したコントロールカード、使用禁止のコントロールカード)
  • 使用可能なコントロールカードは正しく挿入してください。
  • カードリーダ-E1装着時は、以下のカードを使用することができます。磁気式カードは100部門(増設ROMオプション装着時は1000部門)まで管理できます。

 

戻る


■フィニッシャーU1/U2

フィニッシャーU1/U2は、ソート機能、グループ機能、シフト機能、ステイプルソート機能を備えています。
フィニッシャーU1/U2を装着している場合は、オプションのフィニッシャー用追加トレイ・C1を装着して、排紙トレイを増やすことができます。

【重要】
フィニッシャーU1/U2を装着している場合は、オプションのインナー2ウェイトレイ・E1/E2を装着することはできません。

(1)

前カバー ステイプルユニットの針カートリッジを交換するときや、針づまりが起きたときに開きます。

(2)

フィニッシャー用追加トレイ・C1 フィニッシャーU1/U2にフィニッシャー用追加トレイ・C1を装着することで排紙先のトレイを1つ増やすことができます。
(3) 補助トレイ 大きいサイズの用紙(A3、B4、A4R)にプリントするときに引き出します。
(4) 排紙トレイ プリント用紙がここに排紙されます。

<ハードウェア仕様>

項目 仕様
用紙サイズ/使用可能用紙 用紙サイズ A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、はがき
不定形(95mm×148mm、297mm×432mm)
坪量 64g/m2〜128g/m2

積載容量

1ビン時 ノンソート、ソート

約770枚(A4、B5、A5、A5R)/高さ100mm相当
約380枚(A3、B4、A4R、B5R)/高さ50mm相当

ステイプルソート 最大30部またはソート時と同等
2ビン時 ノンソート、ソート U1 約200枚(A4、B5、A5、A5R)/高さ26mm相当
約150枚(A3、B4、A4R、B5R)/高さ20mm相当
U2 約200枚(A4、B5、A5、A5R)/高さ26mm相当
約100枚(A3、B4、A4R、B5R)/高さ13mm相当
ステイプルソート 最大30部またはソート時と同等

ステイプル

最大ステイプル枚数

A4/B5:約50枚、A3/B4/A4R:約30枚(64g/m2〜80g/m2)

ステイプル位置 コーナーステイプル(45度):A3、B4、A4、A4R、B5
電源 本体より供給
最大消費電力

約46W

大きさ(幅×奥行×高さ) 460mm×520mm×300mm
質量 約10kg(本体に内蔵)
本体接続時の占有寸法 MF7210/7110 1102mm×638mm(手差しトレイおよび排紙トレイを伸ばした状態)
MF7240/7140
MF7140N/7140ND
MF7450N/7350N/7330
1102mm×676mm(手差しトレイおよび排紙トレイを伸ばした状態)

<フィニッシャーの機能>

フィニッシャーU1/U2は以下の機能を備えています。

ソート、グループを設定している場合、トレイはプリント用紙束排出ごとに下降していき、下限位置に達したとき、給紙した用紙を排出したあとに、プリント動作は一時停止します。
トレイにあるすべての用紙を取り除くと、残りのプリントが再開されます。
機能 説明
ソート機能 プリント用紙を自動的にページぞろえして排紙する機能です。
グループ機能 原稿の各ページのプリント用紙を、ページごとに仕分けて排紙する機能です。
シフト機能 プリント用紙を手前にずらして排紙する機能です。プリント用紙は、排紙トレイの前後に交互にずらして排紙されます。
ステイプルソート機能

1部プリント後、自動的にステイプラで綴じて排紙する動作を連続して行う機能です。ステイプルされる箇所は次のようになります。

<原稿台ガラスにセットした場合>

<フィーダにセットした場合>

 

【注意】

  • フィニッシャーを装着しているときは、動作中にトレイ内のステイプルされる場所に手を入れないでください。けがの原因になることがあります。

  • フィニッシャーの排紙トレイや、フィニッシャー用追加トレイの上には、プリント用紙以外のものを置かないでください。トレイが破損する恐れがあります。

  • トレイの下にものを置かないでください。トレイが破損する恐れがあります。

 

 

戻る


■ハンドセット・H1

MF7000シリーズは、電話を受信すると、電話機にファクスを受信するとファクスに切り替わるFAX/TEL切り替え機能を持っています。
このため、本製品に電話機またはオプションのハンドセット・H1を接続すると通常の電話と同じように電話をかけたり、電話を受けたりすることができます。
FAX/TEL機能を使うためには、初期設定/登録の受信モード選択を「FAX/TEL切替」に設定してください。

【重要】

  • 通話するには、本体に電話機またはオプションのハンドセット・H1を接続する必要があります。
  • ハンドセットがハウリングする場合は、アラーム音量、通話音量の設定を下げてお使いください。
  • Satera MF7210/7110でファクス機能を使用するためには、別途スーパーG3FAXボード(オプション)が必要となります。

 

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7450N / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ