発信元情報を登録する(MF7000シリーズ)



発信元情報を登録する(MF7000シリーズ)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000005902



ここでは本体を設置したあと、FAX送信をご利用いただくために必要な項目と、その設定方法について説明します。

【重要】

  • 必要な登録を正しく行わずにご利用になりますと、正しく機能しない場合があります。
  • 電子メールや I ファクス、ファイルサーバへ送信するには、ネットワークの設定が必要です。
  • 各種宛先に送信するには、それぞれ以下のオプションが必要です。

    各種宛先 必要なオプション 標準装備の機種
    電子メール
    I ファクス
    ファイルサーバ

    ネットワークインタフェースボード
    MF7355DN/7455N/7450N/7350N/7140ND/7140N
    シンプルSEND拡張キット
    -
    ファクス スーパーG3 FAXボード
    MF7455N/7430D/7430
    MF7450N/7350N/7330
    MF7240/7140/7140ND/7140N

■ご利用前に必要な設定

ファクス回線種別の登録 オプションのスーパーG3 FAXボード(MF7455DN/7455N/7450N/7430D/7430/7350N/7330/7240/7140/7140ND/7140Nは標準装備)を装着している場合は、接続する通信回線の種類を選択する必要があります。
設定/登録方法については、「電話回線の種類を選択する方法(回線種類の選択)」をご参照ください。
電話回線の種別は、NTTとお客様の契約にもとづいて設定されています。
ダイヤル回線(パルス回線)かプッシュ回線(トーン回線)かを確認して、正しい登録をしてください。
発信元記録の登録

ファクスや I ファクスで送信した相手の記録紙に印字される発信元の情報を登録します。
登録された発信元記録は、以下のようにプリントされます。また、受信側の機種によっては、通信中の画面などに発信元記録が表示されます。

  • 原稿枚数
    何枚目の原稿かが記録されます。

【参考】

発信元記録の各項目が登録されていても、発信元記録を印字しないように設定することができます。
発信元記録を印字するように設定されていて、登録されていない項目がある場合は、登録されている項目と原稿枚数が印字されます。
相手先に発信元の情報を通知するには、[送信/受信仕様設定](初期設定/登録)→(共通設定)[送信機能設定]→[発信元記録]を「つける」に設定してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7450N / MF7430D / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ