手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)



手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005907



ここでは、MF8180/8170の手差しトレイに用紙をセットする方法について説明します。
給紙カセットに用紙をセットする方法については、関連情報給紙カセットに用紙をセットする方法(MF8180/8170)」をご参照ください。

また、 手差しトレイにセットできる用紙の種類や枚数は、用紙の種類によって異なります。
詳しくは、関連情報使用できる用紙と給紙方法(MF8180)」 「使用できる用紙と給紙方法(MF8170)」をご参照ください。

【注意】

  • 用紙をセットする際は、用紙の端で手を切らないように注意してください。
  • 手差しトレイをご使用にならないときは、確実に閉めておいてください。

 



詳細情報:
  1. 手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)
  2. 手差しトレイに封筒をセットする方法(MF8180/8170)

【詳細1】手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)

■手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)

カセットにセットされている用紙と種類やサイズが異なる用紙は、手差しトレイにセットしてプリントします。

手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)
1

手差しトレイを開けます。

手差しトレイは中央の取っ手を持って開けます。
2

補助トレイを引き出します。

【重要】
手差しトレイに用紙をセットするときは、必ず補助トレイを引き出してください。

3 A4などの長いサイズの用紙をセットするときは、延長トレイを開けます。
4 用紙ガイドの幅を紙幅より少し広めにセットします。
5

用紙のプリント面を上にして、奥に当たるまでゆっくりと差し込みます。

用紙束は積載制限ガイドの下を通してください。
用紙は縦長に置いてください。

【注意/重要】

  • 用紙を補給するときは、用紙の端で手を切ったりしないように、注意して扱ってください。
  • 手差しトレイにセットできる枚数は、用紙の種類によって異なります。
    詳しくは、関連情報使用できる用紙と給紙方法(MF8180)」「使用できる用紙と給紙方法(MF8170)」 をご参照ください。
  • 積載制限ガイドと用紙との間に十分なすき間があることを確認してください。すき間がない場合は、用紙を少し減らします。
  • 用紙を斜めにセットしないでください。
  • 用紙の後端が不揃いになっていると、給紙不良や紙づまりの原因になります。
  • 用紙の先端が折れ曲がっていたり、カールしている場合は、端を伸ばしてからセットしてください。
  • 裁断状態の悪い用紙を使用すると、重送しやすくなる場合があります。そのような場合は、用紙を平らな場所で良くそろえてからセットしてください。

  • レターヘッドやロゴ付きの用紙などにプリントする場合は、用紙の表面(プリントする面)を上に向け用紙の上端が奥になるようにセットします。

6

用紙ガイドをスライドさせて、用紙の左右にぴったりと合わせます。

【重要】

  • 必ず用紙ガイドを用紙の幅に合わせてください。ゆるすぎたりきつすぎたりすると、正しく送られなかったり、紙づまりの原因になります。

  • プリント中は、手差しトレイの用紙に触れたり、引き抜いたりしないでください。動作異常の原因になります。

 

 

戻る

【詳細2】手差しトレイに封筒をセットする方法(MF8180/8170)

■手差しトレイに封筒をセットする方法(MF8180/8170)

封筒をコピーまたはプリントする場合は、手差しトレイを使用します。

【重要】
推奨封筒は洋形4号、洋形2号、ISO-C5のみです。他の封筒を使用すると、きちんと印刷または給紙されない場合があります。

手差しトレイに封筒をセットする方法(MF8180/8170)
1

手差しトレイを開けます。

手差しトレイは中央の取っ手を持って開けます。
2

補助トレイを引き出します。

【重要】
手差しトレイに用紙をセットするときは、必ず補助トレイを引き出してください。

3 用紙ガイドの幅を封筒の幅より少し広めにセットします。
4

封筒の束を平らな場所へ置き、上面を押して空気を抜いてから、縁の折り目をきちんとつけて、平らにします。

封筒の端で手を切ったりしないように、注意して扱ってください。

 

5

封筒の四隅の固い部分を右図のようにほぐし、反り返りを平らに直します。

6 封筒を平らな場所でそろえます。
7

封筒の宛名を書く面を上に、ふたを左側にして、奥に当たるまでゆっくりと差し込みます。

封筒の束は積載制限ガイドの下を通してください。

 

 

【注意/重要】

  • 封筒を補給するときは、封筒の端で手を切ったりしないように、注意して扱ってください。
  • 封筒は、約10枚までセットできます。
  • 積載制限ガイドと封筒との間に十分なすき間があることを確認してください。すき間がない場合は、封筒を少し減らします。
  • 封筒は、裏面(貼り合わせのある面)にはプリントできません。
  • ふたが左側になるようにセットしてください。

  • 縦長の封筒にプリントするときは、ふたを閉じて、封筒上部から給紙される向きにセットしてください。
  • 封筒を斜めにセットしないでください。
  • 封筒の後端が不揃いになっていると、給紙不良や紙づまりの原因になります。
8 用紙ガイドをスライドさせて、封筒の左右にぴったりと合わせます。

【重要】

  • 必ず用紙ガイドを封筒の幅に合わせてください。ゆるすぎたりきつすぎたりすると、正しく送られなかったり、紙づまりの原因になります。

  • プリント中は、手差しトレイの封筒に触れたり、引き抜いたりしないでください。動作異常の原因になります。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170

 

[TOP▲]
このページのトップへ