ネットワーク環境で印刷・管理する際に必要な作業(MF8180/8170)



ネットワーク環境で印刷・管理する際に必要な作業(MF8180/8170)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005910



ここでは、MF本体のIPアドレスの設定方法について説明します。

IPアドレスは自動取得か、固定かで設定方法が異なります。
固定で利用する場合には、本機で設定するIPアドレスを確認し設定を進めてください。

IPアドレスの設定方法は、本体操作、ARP/PINGコマンド、NetSpot Device Installerの3種類の方法があります。使いやすい方法で設定を行ってください。


INDEX

  1. 本体をネットワークに接続する
  2. 本体のIPアドレス設定方法
    - 本体操作パネルによる設定方法
    - ARP/PINGコマンドによる設定方法
    - NetSpot Device Installerによる設定方法
  3. 本体操作パネルで設定したIPアドレスを確認する

■本体をネットワークに接続する

接続方法

LANケーブル(カテゴリ5のツイストペアケーブルをご用意ください)を、本体製品裏面の10Base-T/100Base-TXポートとルータまたはハブに接続します。

 

戻る


■本体のIPアドレス設定方法

IPアドレスの設定方法は、以下の3種類の方法があります。使いやすい方法で設定を行ってください。

 

●本体操作パネルによる設定方法

操作パネルで設定した内容は、本製品を再起動したときに有効になります。

本体操作パネルでの設定方法

1 メニュー]を押し、[]または[]を押してディスプレイで<6.ネットワーク セッテイ>を選択し、[OK]を押します。
2 ]または[]を押して<1.LAN セッテイ>を選択し、[OK]を押します。
3

]または[]を押して<1.IPアドレス ジドウシュトク>を選択し、[OK]を押します。

IPアドレスを「自動で取得する場合」と「手動で取得する場合」とで設定方法が異なります。
ご利用環境に合わせて設定を行ってください。
4 ●自動で取得する場合
]または[]を押して<スル>を選択し、[OK]を押します。
]または[]を押して<1.DHCP>、<2.BOOTP>または<3.RARP>を選択し、[OK]を押します。
]または[]を押して<スル>あるいは<シナイ>を選択し、[OK]を押し、【手順 5】へ進みます。
4 ●手動で取得する場合
]または[]を押して<シナイ>を選択し、[OK]を押します。
]または[]を押して<2.IPアドレス>を選択し、[OK]を押します。
テンキーでIPアドレスを入力し、[OK]を押します。

入力したIPアドレスを控えておいてください。
]または[]を押して<3.サブネット マスク>を選択し、[OK]を押します。
テンキーでサブネットマスクを入力し、[OK]を押します。

入力したサブネットマスクを控えておいてください。
]または[]を押して<4.デフォルト ゲートウェイ>を選択し、[OK]を押します。
テンキーでデフォルトゲートウェイを入力し、[OK]を押し、【手順 5】へ進みます。

入力したデフォルトゲートウェイを控えておいてください。
5 ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。
6 本体の電源コードを抜いてから再び接続し、再起動させます。
以上でIPアドレスの設定が完了です。

 

●ARP/PINGコマンドによる設定方法

IPアドレスの設定手順
1. コマンドプロンプト、またはMS-DOSプロンプトを起動します。

<Windows XP/Server2003の場合>
スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows 2000の場合>
スタート]メニューから[プログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows Meの場合>
スタート]メニューから[プログラム]→[アクセサリ]→[MS-DOSプロンプト]を選択します。

<Windows 98の場合>
スタート]メニューから[プログラム]→[MS-DOSプロンプト]を選択します。

2. 以下のコマンドを入力して、キーボードの[Enter]キーを押します。

arp -s <IPアドレス> <MACアドレス>

IPアドレス: プリンタに割り当てるIPアドレスを指定します。「.」で区切られた4つの数字(0〜255の数字)で指定します。
Macアドレス: プリンタのMacアドレスを指定します。2桁ごとに「-」で区切って入力します。

<入力例>

 
3. 以下のコマンドを入力して、キーボードの[Enter]キーを押します。
ネットワークボードにIPアドレスが設定されます。

ping <IPアドレス> -l 479

「-l」の「l」はアルファベットのエル(小文字)です。
サブネットマスク、ゲートウェイアドレスは、「0.0.0.0」に設定されます。

<入力例>

4. 下記画面になりましたら、「exit」を入力して、キーボードの[Enter]キーを押します。

以上でIPアドレスの設定が完了です。
コマンドプロンプト、またはMS-DOSプロンプトを終了します。

 

●NetSpot Device Installerによる設定方法

NetSpot Device Installerによる設定手順
1. ソフトウェアCD-ROMをコンピュータのCD-ROMドライブにセットします。
2. マイコンピュータ]アイコンをダブルクリックします。CD-ROMドライブアイコンを右クリックし、ポップアップメニューの[開く]をクリックします。
3. NetSpot_Device_Installer]フォルダの[nsdi.exe]を実行します。
4. 一覧から、「デバイス名」に本製品のMACアドレス、「状態」欄に「未設定」が表示されているデバイスを選択します。
5. 選択したデバイスを右クリックし、ポップアップメニューの[初期設定]をクリックします。
6.

初期設定]ダイアログボックスの次の項目を設定し、[次へ]をクリックします。

項目 内容
サブネット コンピュータが複数のネットワークに接続されている場合、本製品が属するサブネットを選択します。
製品タイプ 本製品の製品名を選択します。製品名が表示されていないときは、[MF8180]または[MF8170]を選択してください。
7. TCP/IPプロトコルを選択します。 IPアドレス、ゲートウェイアドレス、サブネットマスク、ブロードキャストアドレスを設定します。
8. 設定内容を確認し、[OK]をクリックします。
9. 「デバイスをリセットしました。デバイスを再起動したあと、表示メニューのデバイスの探索でデバイスの情報を取得してください」が表示されたら、[OK]をクリックします。
 

 

戻る


■本体操作パネルで設定したIPアドレスを確認する

確認方法
1 メニュー]を押し、[]または[]を押してディスプレイで<6.ネットワーク セッテイ>を選択し、[OK]を押します。
2 ]または[]を押して<2.IPアドレス カクニン>を選択し、[OK]を押します。
3 ]または[]を押して<IPアドレス>を選択し、[OK]を押します。

本体に設定されたIPアドレスが表示されます。
4 ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。
以上で、確認操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170

 

[TOP▲]
このページのトップへ