メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(D350)



メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(D350)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005943



ここでは、メモリに保存されているファクス送信ジョブと、レポートジョブの確認と削除方法について説明します。

プリント/コピージョブの確認・削除につきましては、こちらをご参照ください。

INDEX

  1. メモリに保存されているファクス送信ジョブの確認・削除方法
  2. レポートジョブを確認/削除する方法

■メモリに保存されているファクス送信ジョブの確認・削除方法

以下の手順で、メモリに保存されたファクス送信原稿データを確認、削除することができます。

メモリに保存されている原稿を確認・削除する 液晶表示
1 ワンタッチダイヤルパネルを開けて、[ファンクション]ボタンを押してから、[メモリ照会]ボタンを押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<4.ゲンコウ クリア>が表示されたら[OK]ボタンを押します。
メモリ ショウカイ
4.ゲンコウ クリア
▼(表示例)
ゲンコウ クリア
ウケツケ バンコウ
0001
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、削除する原稿の受付番号(ウケツケ バンゴウ)を選びます。

受付番号はテンキーで入力することもできます。
ゲンコウ クリア
ウケツケ バンコウ
0004
4

OK]ボタンを押します。
<クリアシテ イイデスカ?>と確認のメッセージが表示されます。

クリアシテ イイデスカ?      
<ハイ
イイエ>
5 (-)]ボタンを押すと、原稿が削除されます。

削除を中止する場合は[(+)]ボタンを押し、<イイエ>を選択します。
続けて他の原稿を削除するときは、【手順 3】以降の操作を繰り返します。
6 ストップ/リセット]ボタンを押すと、スタンバイモードに戻ります。
2008/02/05 TUE 10:00
ジドウ ヒョウジュン
以上でメモリに保存されている原稿の確認と削除操作は完了です。

 

戻る


■レポートジョブを確認/削除する方法

以下の手順で、レポートジョブの確認と削除ができます。

レポートジョブを確認/削除する方法 液晶表示
1

[システムモニタ]を4回押します。

ジョブが存在しない場合は、<レポート ジョブハ アリマセン>と表示されます。

スタンバイモードに戻るには、[ストップ/リセット]を押します。
レポート ジョウキョウ
*00 ユーザデータリスト
2 1つしかないレポートジョブを消去したい場合は、[OK]ボタンを押します。

レポートヲ チュウシ シマスカ?
<ハイ
イイエ>
3

ジョブの削除を確定する場合は、[(-)]を押して、<ハイ>を選択します。

ジョブの消去を中止するには、[(+)]ボタンを押して<イイエ>を選びます。
消去したジョブを復帰することはできません。
 
4

レポートジョブが複数ある場合は、[(-)]または[(+)]ボタンを押し、消去したいジョブを選びます。

レポート ジョウキョウ
02 ユーザデータリスト
5

[OK]を押します。

レポートヲ チュウシ シマスカ?
<ハイ
イイエ>
6 ジョブの削除を確定する場合は、[(-)]を押して、<ハイ>を選択します。

ジョブの消去を中止するには、[(+)]ボタンを押して<イイエ>を選びます。
消去したジョブを復帰することはできません。
 
7 [ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。

待受画面は、モードによって異なります。
2008/02/05 TUE 10:00
ジドウ ヒョウジュン
以上でレポートジョブの確認と削除操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350

 

[TOP▲]
このページのトップへ