コピーを取る方法(D350/300)



コピーを取る方法(D350/300)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005970



ここでは、D350/D300で原稿をセットしコピーを取るまでの手順について説明します。

原稿は、原稿台ガラス(またはADF<D350のみ>)にセットして読み取ります。
使用できる原稿の詳細については
関連情報をご参照ください。

1. 原稿をセットする

【原稿台ガラスに原稿をセットする方法】

    【ADFに原稿をセットする方法(D350)】
2. コピーを取る 【コピーを取る方法】

 



詳細情報:
  1. 原稿台ガラスに原稿をセットする方法
  2. ADFに原稿をセットする方法(D350)
  3. コピーを取る方法(D350/D300)

【詳細1】原稿台ガラスに原稿をセットする方法

■原稿台ガラスに原稿をセットする方法

原稿台ガラスに原稿をセットする方法
1 原稿台ガラスカバーを開きます。
2

読み取る側を下にして、原稿を原稿台ガラスにセットします。

【原稿の位置合わせ】
原稿台ガラスの左端にある用紙サイズの印を使って、原稿の位置合わせをします。

  • 標準サイズの用紙(A4、B5など)の場合は、対応する印に原稿を合わせてください。
  • 原稿のサイズが分からない場合や、対応する印がない場合は、原稿の中心を→印に合わせてください。

A4サイズの原稿をセットする場合の位置は次の通りです。

3

原稿台ガラスカバーをゆっくり閉じます。

原稿を読み取る準備が完了しました。

続いて、「コピーを取る方法」をご参照の上、コピーを取ります。

 

 

戻る

【詳細2】ADFに原稿をセットする方法(D350)

■ADFに原稿をセットする方法(D350)

【重要】
原稿台ガラスに原稿がセットされていないことを確認してください。

ADFに原稿をセットする方法
1 本体にセットする原稿束を持って端をさばいてから、平らな場所で原稿の縁をそろえます。
2

スライドガイドを調整し、原稿の幅に合わせます。

3

読み取る面を上にして、ADFに原稿をセットします。

【重要】

  • 複数ページの原稿をセットした場合、原稿は上(先頭ページ)から順に1枚ずつ送り込まれます。
  • すべての原稿が読み取られてから新しい作業を行ってください。原稿読み取り中は、キャンセル以外の操作はできません。
  • ADFには、A4サイズ(80g/m2)の原稿を約50枚までセットできます。紙づまりの原因となりますので、50枚以上はセットしないでください。
  • 排紙口がふさがれると、原稿を破損するおそれがありますので、原稿排紙部に物などを置かないでください。
  • 読み込み中にセットした原稿を抜き取ったり、追加したりしないでください。
  • 読み込みが終わった原稿は、順次原稿排紙トレイから取り除いてください。紙詰まりの原因になります。

<ADFの読み取り経路>

【重要】

  • ADFに原稿をセットしたときは、読み取り部は上の図の位置に移動して、固定されます。
  • ADFに原稿をセットしなかったときは、読み取り部が移動しながら読み取ります。
続いて、「コピーを取る方法」をご参照の上、コピーを取ります。

 

 

戻る

【詳細3】コピーを取る方法(D350/D300)

■コピーを取る方法(D350/D300)

【重要】

  • A4よりも小さいサイズの用紙で連続コピーをした後にA4サイズの用紙でコピーを取ると、コピーが汚れる場合があります。コピーの汚れを防ぐため、1分程度待ってからコピーしてください。
  • 小さいサイズの用紙、厚紙などの用紙にコピーする場合は、コピー速度が通常よりも若干遅くなります。
  • OHPフィルムにコピーするときは、排出されたOHPフィルムを1枚ずつ排紙トレイから取り除いてください。
コピーを取る方法
1
原稿をセットします。
2

[コピー]ボタンを押してコピーモードにします

D300をお使いの場合は、この操作は不要です。

3

[テンキー]を使って、コピー部数を入力します。

入力したコピー部数がLCDディスプレイに表示されます。
最大99部まで設定できます。

4

原稿に合わせて設定を行います。

  • 画質モードを選択する場合は、[画質]ボタンを押します。
  • 読み取り濃度を調節する場合は、[濃度]ボタンを押します。
  • コピー倍率を選択する場合は、[拡大/縮小]ボタンを押します。
5

[スタート]を押します。

【重要】

  • コピー中に用紙がなくなると、LCDディスプレイに「ヨウシガ アリマセン」と表示されます。カセットの用紙にコピーしていたときはカセットに、手差しトレイの用紙にコピーしていたときは手差しトレイに用紙を補給してください。補給が終わると、自動的にコピーが再開します。
  • コピー中に用紙を補給するときは、必ず同一サイズの用紙を補給してください。
  • コピーが終了しても、【手順4】での設定はそのまま残ります。ただし、[ストップ/リセット]キーを押したり、2分間何も操作しないと、オートクリア機能により初期設定に戻ります。
  • コピーを中止する場合は、[ストップ/リセット]を押し、残りの原稿を取り除いて[OK]ボタンを押します。
    ADFの場合(D350のみ)、途中で止まっていた原稿が自動排紙されます。
  • ADFを使って読み込みをしているときにジョブを中止するとADFに原稿がつまることがあります(D350のみ)。
  • 電源投入後すぐにコピーをとると、画質が粗くなる場合があります。
  • 電源投入後は、本体の稼動音がなくなってからコピーをお取りください。
  • 排紙トレイの容量は最大約50枚(80g/m2)です。紙づまりの原因になることがあるので、50枚になる前に排紙トレイから用紙を取り出してください。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350 / D300

 

[TOP▲]
このページのトップへ