音量調節について(MF7000シリーズ)



音量調節について(MF7000シリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005979



ここでは、音量を調節する方法について説明します。

詳細情報:
  1. 通信音量調整の設定方法
  2. ブザー音量の設定方法


■通信音量の設定方法

ここでは、通信音量調整の設定方法について説明します。

通信音量の設定方法
液晶表示
1 初期設定/登録]ボタンを押します。
2 ディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[送信/受信仕様設定]ボタンを押します。
3

ディスプレイに「送信/受信仕様設定の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[基本登録]ボタンを押します。

4

ディスプレイに「基本登録」画面が表示されたら、[通信音量調整]ボタンを押します。

5

または ボタンを押して通信音量を設定したあと、[OK]を押します。

この機能は、オプションのスーパーG3 FAXボード(MF7240/7140/7140ND/7140Nは標準装備)を装着している場合に使用することができます。
通信音とは、相手先のファクス接続したときに鳴る音(“ピーヒャラ”)です。
通信音量は4段階(OFF、小、中、大)に設定できます。工場出荷時は、左から2番目(小)に設定されています。
通信音量を一番左(OFF)に設定すると、通信音は鳴りません。
 

以上で、指定したモードが設定されます。

 

 

戻る

ブザー音量の設定方法

ここでは、ブザー音量調整の設定方法について説明します。

ブザー音量の設定方法
液晶表示
1 初期設定/登録]ボタンを押します。
2 ディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[共通仕様設定]ボタンを押します。
3

ディスプレイに「共通仕様設定」画面が表示されたら、[ブザーのON/OFF]ボタンを押します。

4

各ブザーの[ON]または[OFF]をそれぞれ選択したあと、[OK]を押します。

ブザー名 ブザーが鳴るとき
入力音 操作部上のキーやタッチパネルディスプレイ上のキーを押したとき
警告音 機械にトラブル(紙づまり、誤操作など)が発生したとき
送信終了音 ファクスの送信が終了したとき
受信終了音 ファクスの受信が終了したとき
プリント終了音 コピー、ファクスなどのプリントが終了したとき
読取終了音 コピー、ファクスなどの読み取りが終了したとき
工場出荷時は「ON」に設定されています。
音量は1〜3の段階で設定できます。
工場出荷時は「1」に設定されています。
音量調整は、オプションのスーパーG3 FAXボード*1を装着しているときのみ有効になります。

以上で、指定したモードが設定されます。


*1 MF7450N/7350N/7330/7240/7140/7140ND/7140Nは標準装備です。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7450N / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ