給排紙の場所と積載枚数(MF7455DN/7455N/7430D/7430)



給排紙の場所と積載枚数(MF7455DN/7455N/7430D/7430)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000059840



対処方法


給排紙の場所と積載枚数について説明します。


注意
原稿給紙トレイのすき間に手を入れないでください。けがをする恐れがあります。また、すき間にクリップなどの物を落とさないでください。

メモ
排紙口がふさがれると、原稿を破損する恐れがありますので、原稿排紙部には物などを置かないでください。


1フィーダ自動的に原稿の連続読み込みを行うことができます。
2排紙トレイプリントされた用紙が排紙されます。
3カセット1250枚(80 g/m2)の用紙をセットできます。
4手差しトレイ手差しで用紙がセットできます。郵便はがきや封筒をセットしてプリントする場合は、「 手差しトレイに用紙をセットする方法 」を参照してください。


5フィニッシャー用追加トレイ・C1フィニッシャーU2にフィニッシャー用追加トレイ・C1を装着することで排紙先のトレイを1つ増やすことができます。
6補助トレイ大きいサイズの用紙(A3、B4、A4R)にプリントするときに引き出します。
7排紙トレイ(フィニッシャーU2装着時)プリント用紙がここに排紙されます。


8インナートレイ(インナー2ウェイトレイ・E2装着時)排紙トレイが2箇所になり、トレイA(本体トレイ)、トレイB(インナートレイ)を使い分けることができます。

重要
フィニッシャーU2を装着しているときはオプションのインナー2ウェイトレイ・E2を装着することはできません。


9フィーダカバー紙づまりを処理するとき、このカバーを開けます。
10スライドガイド原稿の幅にあわせ、このガイドを調節します。
11原稿給紙トレイ原稿をセットすると、1枚ずつ自動的に原稿台に送ることができます。原稿は、読み込む面を上向きにして、セットしてください。
12原稿排紙部原稿給紙トレイから読み込んだ原稿が排紙されます。

給紙
  • 給紙カセット1
-250枚(80 g/m2
-300枚(64 g/m2
  • オプションの給紙カセット2、3、4
-250枚(80 g/m2
-300枚(64 g/m2
  • 手差しトレイ
-80枚(80 g/m2
-100枚(64 g/m2
-一度にセットできる封筒は10枚
排紙
  • オプションのフィニッシャーU2にフィニッシャー用追加トレイ・C1が装着されている場合
-グループ(ソートなし)
A4/B5/A5/A5R: 200 枚または 26 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B5R/B4/A3: 100 枚または 13 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
-ソートモード
A4/B5/A5R: 200 枚または 26 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B5R/B4/A3: 100 枚または 13 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
-ステイプルモード
A4/B5: 50 部または 26 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B4/A3: 30 部または 13 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
  • オプションのフィニッシャーU2にフィニッシャー用追加トレイ・C1が装着されていない場合
- グループ(ソートなし)
A4/B5/A5/A5R: 770 枚または 100 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B5R/B4/A3: 380 枚または 50 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
-ソートモード
A4/B5/A5R: 770 枚または 100 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B5R/B4/A3: 380 枚または 50 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
-ステイプルモード
A4/B5: 50 部または 100 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
A4R/B4/A3: 30 部または 50 mm(普通紙、80 g/m2の場合)
  • オプションのインナー2ウェイトレイ・E2が装着されている場合
-上段トレイ:100 枚(A4、B5、A5、A5R)、50 枚(A3、B4、A4R、B5R)
-下段トレイ:250 枚(A4、B5)、100 枚(A3、B4、A4R、B5R、A5、A5R)

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7430D / MF7430

 

[TOP▲]
このページのトップへ