コンピューターからファクスを送信する方法(MF7455DN/7455N/7430D/7430)



コンピューターからファクスを送信する方法(MF7455DN/7455N/7430D/7430)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000059871



対処方法


ファクスドライバーの基本的な操作について説明しています。


メモ
ファクス送信の手順は、アプリケーションソフトウェアによって異なります。詳しくは、各アプリケーションソフトウェアに付属の取扱説明書を参照してください。

1.アプリケーションソフトウェアのメニューから[印刷]を選択します。


2.お使いのファクスを選択したあと、[印刷](または[OK])をクリックします。

3.[ファクス送信設定]ダイアログボックスで、宛先を指定します。

  • 新規に宛先を入力して指定する
-[送信の設定]ページで、宛先名とファクス番号を入力したあと、[宛先一覧に追加]をクリックします。


メモ
[特別]ページの[セキュリティ設定]を設定している場合、[宛先一覧に追加]をクリックすると宛先確認のダイアログボックスが表示されます。詳しくは、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。

  • アドレス帳に登録された宛先を指定する
-[送信の設定]ページで、[アドレス帳]をクリックします。


-宛先名を選択→[一覧に追加]→[OK]をクリックします。


4.カバーシートを添付する場合は、[カバーシート]をクリックしたあと、必要に応じた項目を設定します。


メモ
カバーシートの添付については、「カバーシートを添付する」を参照してください。

5.[OK]をクリックします。


ファクス送信が始まります。

メモ
  • 本体のシステム状況/中止画面からファクス送信を中止することもできます。システム状況/中止画面からの送信の中止については、「 メモリに保存されているジョブの確認/削除をする方法 」を参照してください。
  • 画面の右下にあるタスクトレイにプリンターアイコンが表示されている場合、コンピューターからファクス送信を中止できます。中止するには、プリンターアイコンをダブルクリックしたあと、中止したいファイル名→[ドキュメント]→[キャンセル]をクリックします。
  • ファクス送信時に本体でエラーが発生した場合は送信されないことがありますので、再度ファクスドライバーから送信してください。
  • アドレス帳の保存先フォルダーにアクセス権限(デフォルトは、Power User 権限以上)がない場合には、アドレス帳の参照、編集を行えません。その場合は、アクセス権限のあるユーザーでログオンするか、[アドレス帳の編集]ページで[フォルダー指定]をクリックして、アドレス帳の保存先を、書き込み権限のある[マイドキュメント]フォルダーなどに変更してください。
  • デバイス側のファクス送信ジョブの宛先保持件数には制限があります。ファクス送信ジョブ投入後、宛先数が制限を越えた場合、最後に投入されたジョブは削除されます。グループで制限以上の宛先を登録している場合や、連続して複数のグループ宛先にファクス送信する場合はご注意ください。
  • 一度に送信可能な相手先件数は、カバーシートの添付条件により異なります。詳しくは、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。
  • お使いのOS、ファクスドライバーのバージョンによって画面が異なることがあります。


重要
コンピューターにAdministrators またはPower Users のメンバーとしてログオンしてください。

1.[ ](スタート)→[コントロールパネル]→[プリンタ]をクリックします。


メモ
  • Windows 7 の場合は、[ ](スタート)→[デバイスとプリンター]をクリックします。
  • Windows XP/Server 2003 の場合は、[スタート]→[プリンタとFAX](または[スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX])をクリックします。

2.設定を行うプリンターのアイコンを右クリックしたあと、[印刷設定]をクリックします。


ここで表示されるファクスドライバーの画面は、次のページで構成されています。
  • [アドレス帳の編集]ページ
  • [カバーシートの登録]ページ
  • [特別]ページ


3.ファクスドライバー画面で、必要に応じた機能を設定したあと、[OK]をクリックします。

設定できる機能については、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。

メモ
  • ファクス送信するときに、あらかじめ行った設定を変更することもできます。変更するには、アプリケーションソフトウェアからファクスドライバー画面を表示して設定します。
  • お使いのOS、ファクスドライバーのバージョンによって画面が異なることがあります。


1.[送信の設定]をクリックします。


ファクスドライバーの画面の表示方法については、「ファクス送信する」を参照してください。

2.宛先名とファクス番号を入力したあと、[宛先一覧に追加]をクリックします。


[アドレス帳]をクリックして、アドレス帳に登録されている宛先を指定することもできます。詳細は、「ファクス送信する」を参照してください。

メモ
[特別]ページの[セキュリティ設定]を設定している場合、[宛先一覧に追加]をクリックすると宛先確認のダイアログボックスが表示されます。詳しくは、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。

3.[送信時刻を指定する]にチェックマークを付けて、送信時刻を指定したあと、[OK]をクリックします。


データは本体に一時的に保存され、指定した時刻にファクス送信されます。

メモ
お使いのOS、ファクスドライバーのバージョンによって画面が異なることがあります。


1.[カバーシート]をクリックします。


ファクスドライバーの画面の表示方法については、「ファクス送信する」を参照してください。

2.[カバーシートの添付]から添付方法を選択します。


3.[使用するカバーシート]からテンプレートを選択します。


お好みのカバーシートをあらかじめ登録しておくことができます。詳しくは、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。

4.カバーシートに記載する項目を設定する場合は、[設定]をクリックします。


カバーシートに記載する項目を設定しない場合は、手順11に進みます。

5.発信元について記載する項目にチェックマークを付けたあと、記載内容を入力します。


メモ
[発信元]ページで入力した情報をファイルに保存するには、[発信元情報保存]をクリックします。また、[発信元情報読み込み]をクリックすると、保存されている発信元情報を読み込むことができるため、ファクス送信するたびに発信元情報を入力する必要がなくなります。

6.[宛先]をクリックしたあと、宛先について記載する項目にチェックマークを付けます。


メモ
カバーシートには、[送信の設定]ページで指定された宛先ごとの情報が自動的に記載されます。

7.必要に応じて、ロゴと署名を設定します。

-[ロゴ]または[署名]をクリックします。
-ロゴを印刷する場合には[ロゴ]ページの[ロゴをつける]、署名を印刷する場合には[署名]ページの[署名をつける]にチェックマークを付けます。


-[参照]をクリックして、ロゴまたは署名のデータ保存先を指定したあと、倍率と座標を指定します。

8.送信枚数を記載する場合は、[送信枚数]をクリックし、[送信枚数を記載する]にチェックマークを付けたあと、[送信枚数]を設定します。


メモ
送信枚数は、自動ではカウントされません。手動で入力した値が、カバーシートに記載されます。

9.[OK]をクリックします。

10.注目ラベルを記載する場合は、[注目ラベルをつける]にチェックマークを付けたあと、ラベルを選択します。


[ラベル]は記載したい文字を入力することもできます。その場合は、全角15 文字(半角30 文字)以内で入力します。
[記載するコメント]は必要に応じて入力してください。

11.作成したカバーシートのプレビューを見る場合は、[プレビュー]をクリックします。


12.[OK]をクリックします。

ファクス送信時に、指定したカバーシートがファクス文書に添付されます。

メモ
  • 一度に送信可能な宛先件数は、カバーシートの添付条件により異なります。詳しくは、ファクスドライバー画面右下にある[ヘルプ]をクリックして、ヘルプを参照してください。
  • お使いのOS、ファクスドライバーのバージョンによって画面が異なることがあります。


1.[ヘルプ]をクリックします。


ヘルプが表示されます。


トピックペイン(右側のウィンドウ):説明が表示されます。
ナビゲーションペイン(左側のウィンドウ):調べたい内容を検索するとき、[検索]/[キーワード]/[目次]をクリックします。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7430D / MF7430

 

[TOP▲]
このページのトップへ