送信時の原稿読込設定について(解像度/画質など)(MF7455DN/7455N/7430D/7430)



送信時の原稿読込設定について(解像度/画質など)(MF7455DN/7455N/7430D/7430)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000059875



対処方法


文書を送信するときに原稿にあわせてさまざまな設定をすることができます。必要な設定をしたあと (スタート)を押すと原稿の読み込みを開始します。


重要
送信方法がファクスまたは I ファクスの場合、原稿は常に白黒2 値で送信されます。

メモ

1.原稿をセットして宛先を指定します。


原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押して、読込設定ドロップダウンリストから読取モード
を選択します。


選択する読込設定が表示されていない場合は、[詳細設定]を押して、読込設定画面の解像度ドロップダウンリストから選択します。


メモ
一度送信すると、読込設定は標準設定に戻ります。

3.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読み込み設定をキャンセルしたい場合は、読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を選択して、読込設定画面の[設定取消]を押します。
  • 送信する前に宛先を含むすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)
  • 次のファイル形式と読取モードの組み合わせは選べません。この組み合わせのまま (スタート)を押すと、ファイル形式を変更するかどうか確認するメッセージが表示されます。
-[PDF(高圧縮)]または[JPEG]と、[白黒2 値200x200dpi]または[白黒2 値300x300dpi]
-[TIFF]または[PDF]と、[カラー 300x300dpi]


重要
送信方法がファクスまたはI ファクスの場合、原稿は常に白黒2値で送信されます。


1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を押します。


3.[カラー]または[白黒2 値]を押し、[OK]を押します。


ファイル形式で[TIFF]または[PDF]を選択している場合は、[白黒2値]を選択して[OK]を押すと、ファイル形式を変更するかどうか問い合わせる画面が表示されます。
ファイル形式で[JPEG]または[PDF(高圧縮)]を選択している場合は、[白黒2値]を選択して[OK]を押すと、ファイル形式を変更するかどうか問い合わせる画面が表示されます。

4.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読み込み設定をキャンセルしたい場合は、読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を選択して、読込設定画面の[設定取消]を押します。
  • 送信する前に宛先も含めたすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)


重要
  • 次のような原稿は、[自動]では読み取りできません。読取サイズを選択してください。
-定形サイズ以外の原稿
-OHPフィルムなど透明度の高い原稿
-地色が極端に濃い原稿
-原稿台ガラスの場合:A5サイズよりも小さい原稿
  • ファクスダイレクト送信の場合、原稿をフィーダにセットしたときは、読取サイズの設定は無効になります。
  • [読取サイズ]を選択した場合は、[済スタンプ]と[原稿混載]は働きません。


1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.[読取サイズ]を押します。


4.読取サイズを選択します。


メモ
インチサイズを選択する場合は、[インチサイズへ]を押します。

5.[閉じる]→[OK]を押します。


指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

6.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読み込み設定をキャンセルしたい場合は、読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を選択して、読込設定画面の[設定取消]を押します。
  • 送信する前に宛先も含めたすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)


重要
  • 送信できる画像の画素数は、600 × 600 dpiの解像度でA3サイズまでです。縦または横方向で、画素数の制限を越えた場合は画像が欠けます。
  • ファクスを送信する場合、送信できる画像の画素数は、400 × 400 dpiの解像度でA3サイズまでです。
  • ファクスで送信する場合は、200 × 100 dpi、200 × 200 dpi、200 × 400 dpi、400 × 400 dpiを選択してください。他の解像度を選択した場合、送信時に解像度が劣化することがあります。


1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.解像度ドロップダウンリストを表示させ、解像度を選択したあと、[OK]を押します。


指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

重要
  • ファイル形式に[PDF(高圧縮)]を選択すると、読取モードは[カラー]に、解像度は[300 × 300dpi]にそれぞれ自動で設定されます。また、[画質]の設定は無効となります。
  • 選択したファイル形式によって、設定できる読取モードや解像度は異なります。画面の指示に従って設定してください。

4.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読取モードの設定を解除するには、読込設定画面で[設定取消]を押します。
  • 宛先を含むすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)


読み込む濃度を任意に調節する
原稿の濃度にあわせて、読み込む濃度を任意に調節します。


1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.[うすく]または[こく]を押して、濃度を変更したあと、[OK]を押します。


指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

4.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読取モードの設定を解除するには、読込設定画面で[設定取消]を押します。
  • 宛先を含むすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)

濃度を自動で調節して読み込む
原稿の濃度に応じて自動的に適切な濃度に調節します。

メモ
  • 濃度の設定で[自動]を設定すると、画質は[文字]に固定されます。[文字/写真]、[写真]を選択することはできません。
  • 変更を加えた読込設定は保存されません。設定を保存するには、「 定型業務ボタンの登録/編集/消去方法 」を参照してください。

1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.[自動]→[OK]を押します。


原稿の濃度に応じて自動的に適切な濃度に調節します。
指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

メモ
  • 原稿がOHP フィルムの場合は、自動濃度調節ができないことがあります。このときは、[うすく]または[こく]を押して濃度調節してください。
  • カラーを選択した場合は、自動濃度調節ができません。[うすく]または[こく]を押して濃度調節してください。

4.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読取モードの設定を解除するには、読込設定画面で[設定取消]を押します。
  • 宛先を含むすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)

画質を選択して読み込む
原稿(文字原稿、写真原稿)の画質に応じて読み込む画質を調節することができます。画質調節には次の3 種類があります。
  • 文字モード
文字だけで構成された原稿や、手書きの文字や図などのある原稿の送信に適しています。青焼きや、うすい鉛筆書きの原稿でもきれいに送信できます。
  • 文字/写真モード
文字と図や写真が混在した原稿の送信に適しています。
  • 写真モード
網点でつくられている写真原稿(印刷されている写真)の送信に適しています。

重要
  • この3 種類のモードは重複して設定できません。どれか1 つのモードを設定すると、直前に設定されていたモードは解除されます。
  • 写真原稿を読み込んで送信すると、モアレと呼ばれるまだら模様が出る場合があります。この場合は、シャープネスを使ってモアレを低減させます。
  • [ファイル形式]で[PDF(高圧縮)]を選択した場合、本モードの設定は無効となります。

メモ
  • [文字][文字/写真][写真]を選択した場合、手動でのみ濃度調節ができます。[自動]の指定はできません。
  • 原稿がOHP フィルムの場合は、画質を設定したあと、原稿の画質にあわせて濃度を調節してください。
  • 工場出荷時は「文字」に設定されています。
  • 変更を加えた読込設定は保存されません。設定を保存するには、「 定型業務ボタンの登録/編集/消去方法 」を参照してください。

1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.画質選択ドロップダウンリストを表示させ、原稿の画質([文字/写真]、[写真]、[文字])を選択します。


4.[うすく]または[こく]を押して濃度調節をしたあと、[OK]を押します。


指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

5.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読取モードの設定を解除するには、読込設定画面で[設定取消]を押します。
  • すべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)


重要
A4R、B5R のヨコ向きの原稿を読み込むときは、必ずヨコ置きにセットして読み込みしてください。タテ置きにセットして読み込むと、送信したときに原稿のオモテ面とウラ面の画像の天地が逆になります。


1.原稿をフィーダにセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.[両面原稿]を押します。


4.原稿の開きかたを選択したあと、[OK]を押します。

選択する項目
[左右開き]:オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が同じ場合に選択します。
[上下開き]:オモテ面とウラ面の画像の天地(上下)が逆の場合に選択します。

5 [OK]を押します。

指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

6.(スタート)を押します。

読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 一度送信すると、読込設定は標準設定に戻ります。
  • 読み込み設定をキャンセルしたい場合は、読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を選択して、読込設定画面の[設定取消]を押します。
  • 送信する前に宛先を含むすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)


重要
  • 原稿混載は、済スタンプ機能と組み合わせた設定はできません。
  • 原稿混載は、ファクスのダイレクト送信と組み合わせた設定はできません。
  • 読取サイズで[自動]以外を設定すると、原稿は指定した読取サイズですべて読み込まれます。セットした原稿サイズのまま読み込む場合は、[自動]を設定してください。
  • フィーダに原稿をセットする場合は、原稿は同じ厚さ(紙質)のものをセットしてください。
  • 違う幅の原稿は、フィーダの奥側に揃えてセットしてください。
  • 違う幅の原稿は、以下の組み合わせでセットしてください。それ以外の組み合わせでは、原稿を破損することがあります。
-A3 とB4、B4 とA4R、A4 とB5、B5 とA5
  • 違う幅の原稿をセットして読み込む場合は、画像がずれて斜めに読み込まれることがあります。
  • このモードを設定しているときは、原稿の読み取り時間が長くなります。


1.原稿をセットして宛先を指定します。

原稿をセットする方法は、「 原稿をセットする方法 」を参照してください。
宛先の指定については、「 宛先を指定する方法 」を参照してください。

2.[読込設定]を押してドロップダウンリストを表示させ、[詳細設定]を押します。

3.[原稿混載]を押します。


4.原稿混載の種類を押したあと、[OK]を押します。

選択する項目
[同じ幅]:同じ幅の原稿をセットした場合に押します。
[違う幅]:違う幅の原稿をセットした場合に押します。

5.[OK]を押します。

指定したモードが設定され、送信画面に戻ります。

6.(スタート)を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、画面の指示に従って、原稿1 枚ごとに (スタート)を押してください。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。
読み込みが開始されます。
読み込みが終了すると指定した宛先に送信されます。

メモ
  • 読み込み設定をキャンセルしたい場合は、読込設定ドロップダウンリストの[詳細設定]を選択して、読込設定画面の[設定取消]を押します。
  • 送信する前に宛先も含めたすべての設定を一括して解除するには、(リセット)を押します。(標準モードの設定になります。)

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7430D / MF7430

 

[TOP▲]
このページのトップへ