転送エラー時の動作を設定する方法(MF7455DN/7455N/7430D/7430)



転送エラー時の動作を設定する方法(MF7455DN/7455N/7430D/7430)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000059876



対処方法


ファクスやI ファクスの転送エラーが発生した場合、受信したファクス/ I ファクス文書をプリントするか、また、メモリから削除するかどうかを設定することができます。

メモ
  • 工場出荷時は、次のように設定されています。
-画像をプリント:ON
-画像をメモリに保存:OFF
  • 「画像をプリント」、「画像をメモリに保存」、「メモリ受信」がいずれもOFF に設定されている場合、転送できなかった文書は失われます。
  • 「メモリ受信」がON に設定されている場合、「画像をプリント」をON に設定していても、転送エラー文書はプリントされません。(メモリ受信機能を解除したときにプリントされます。)

1.(初期設定/登録)→[システム管理設定]→[転送エラー時の設定]の順に押します。


システム管理部門ID とシステム管理暗証番号が設定されている場合は、[システム管理設定]を押したあとにシステム管理部門ID とシステム管理暗証番号を (テンキー)で入力し、(認証)を押します。

2.[画像をプリント]を押します。


3.[ON]または[OFF]を選択し、[OK]を押します。

選択する項目
[ON]:転送できなかった画像をプリントします。
[OFF]:プリントしません。


4.[画像をメモリに保存]を押します。


5.[ON]または[OFF]を選択し、[OK]を押します。

選択する項目
[ON]:転送できなかった画像をメモリに保存します。
[OFF]:メモリに保存しません。


転送エラージョブの動作が設定されます。

メモ
[画像をメモリに保存]をON に設定すると、転送できなかった文書はワンタッチ、宛先表に登録されている宛先に再送信することができます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7430D / MF7430

 

[TOP▲]
このページのトップへ