Mac OS Xでの共有フォルダ設定(MF7455DN/7455N/7430D/7430)



Mac OS Xでの共有フォルダ設定(MF7455DN/7455N/7430D/7430)
更新日 : 2016年1月29日
文書番号 : Q000059922



対処方法


本製品からスキャンした文書をファイルとして保存するための共有フォルダを設定します。ここでは、「本体へのIPアドレス設定」完了後の「コンピュータ(ファイルサーバー)の共有フォルダ設定」について説明します。共有フォルダの作成終了後は、本体の設定をしてください。

メモ
  • Samba は、2.2.8a以降に対応しています。
  • 次の手順はMac OS X version 10.4の手順を説明しています。お使いのバージョンによって手順が異なる場合があります。
  • お使いの環境によっては、Samba を使用するための詳細な設定が必要な場合があります。詳しくは、お使いの環境のネットワーク管理者にご相談ください。

1. Mac OS Xに管理者としてログインします。

2. Mac OS XのWindows 共有サービスを開始します。

  • [Dock]から[システム環境設定]をクリックします。
  • [システム環境設定]ウィンドウで[共有]をクリックします。
  • [Windows 共有]にチェックマークを付けます。
  • ツールバーの[すべてを表示]をクリックします。

3. 本製品から共有フォルダにアクセスするときのアカウントを設定します。

  • [システム環境設定]ウィンドウで[アカウント]をクリックします。
  • [アカウント]ウィンドウで[ ]をクリックします。
  • [名前][パスワード]を入力し、[アカウント作成]をクリックします。

[名前]を入力すると自動で同じ文字が[ユーザ名]にも入力されます。
設定例:
名前(ユーザ名)を「Users」と設定します。

4. ログアウトし、手順3で作成したアカウントでログインします。

5. 送信先として使用する共有フォルダを作成します。

設定例:
[Home]フォルダの中に[share]フォルダを作成します。

6. 手順5で作成した共有フォルダのアクセス権を設定します。

  • 共有フォルダを選択した状態で、[ファイル]メニューの[情報を見る]をクリックします。
  • [所有権とアクセス権]で[詳細な情報]を選択します。
  • オーナー、グループのメンバーの読み取り/書き込みを選択します。
  • 共有フォルダにファイルを送信するには、書き込みを許可する必要があります。
  • [情報]ウィンドウを閉じます。

7. [ユーザーアカウント]画面を閉じます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7430D / MF7430

 

[TOP▲]
このページのトップへ