本体の清掃方法(PC1200シリーズ)



本体の清掃方法(PC1200シリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005998



ここでは、PC1280/PC1275/PC1270/PC1260/PC1255/PC1250/PC1230/PC1210の清掃方法について説明します。
清掃する場所により清掃方法が異なりますので、状況や発生した現象に合わせて以下の清掃を行ってください。

清掃方法
状況
原稿台ガラスの清掃方法 ADFを使って原稿を給紙する際、出力紙に黒いスジが出る場合は、原稿台ガラスの清掃をしてください。
本体内部のローラの清掃方法 出力した用紙に黒いスジがつく場合は、本体のローラを清掃してください。
ADFローラの清掃方法 ADFを使ってコピーした際、原稿に黒いスジが出る場合は、ADFローラの清掃をしてください。
本体外側の清掃方法

定期的に清掃をしてください。

【重要】

  • 本体表面や原稿台ガラスを清掃するときは、必ず電源コードを電源コンセントから抜いてください。
  • ファクス機能を装備しているモデルをお使いの場合は、電源コードを抜く前に、メモリに保存された受信したファクスをすべて印刷してください。電源コードを抜くと、約2時間でメモリ内の原稿が消去されてしまいます。
  • 清掃には、ティッシュペーパー、紙タオルなどを使用しないでください。
    これらは本体内部に繊維が付着したり、静電気発生の原因になることがあります。
    本製品に傷が付かないよう、清掃には柔らかい布をお使いください。
  • シンナーやベンジン、アセトンなどの溶剤、および他の化学クリーナーは、本体内部の部品を損傷することがあります。
    絶対に使わないでください。

 



詳細情報:
  1. 原稿台ガラスの清掃方法(PC1200シリーズ)
  2. 本体内部のローラの清掃方法(PC1200シリーズ)
  3. ADFローラの清掃方法(PC1200シリーズ)
  4. 本体外側の清掃方法

【詳細1】原稿台ガラスの清掃方法(PC1200シリーズ)

■原稿台ガラスの清掃方法(PC1200シリーズ)

ADF(Automatic Document Feeder)で原稿を読み込んだとき、下図のようにコピーに黒い縦線が現れることがあります。これは、原稿台ガラスの清掃エリアに付着した、のりやインク、修正液、その他の汚れが原因ですので、清掃エリアをきれいな柔らかい布で拭いてください。特に、黒い縦線が現われた位置を重点的に拭いてください。汚れが落ちにくいときは、水または中性洗剤をすこし含ませた布で拭き、そのあと乾いた清潔で柔らかい布で拭いてください。

【重要】
のりやインク、修正液などが完全に乾いていない原稿をADFで読み込むと、上図のように原稿台ガラスの清掃エリアに、のりやインク、修正液などが付着してコピーに黒い縦線が現われます。ADFに原稿をセットするときは、必ず、のりやインク、修正液などが完全に乾いてからセットしてください。

 

 

戻る

【詳細2】本体内部のローラの清掃方法(PC1200シリーズ)

■本体内部のローラの清掃方法(PC1200シリーズ)

受信画像やコピー画像(出力した用紙)に黒いスジがつくときは、本体のローラが汚れいている可能性があります。
このようなときは、ローラをクリーニングします。

【重要】
通信中/メモリランプが点灯中は、以下の操作を行ってもローラはクリーニングされません(PC1275/PC1270/PC1255/PC1250)。

本体内部のローラの清掃方法
液晶表示
1 [ユーザモード]ボタンを押してください。 トウロク/セッテイ
 1.キョウツウ キノウ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<6.チョウセイ/クリーニング>が表示されたら[OK]ボタンを押します。 メニュー
 6.チョウセイ/クリーニング
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<1.ローラ クリーニング>を表示させます。

チョウセイ/クリーニング
 1.ローラ クリーニング
4

手差しトレイにA4サイズの用紙を1枚セットします。

必ずA4サイズの普通紙を使用してください

5

[OK]ボタンを押してください。

手差しトレイにセットした用紙が給紙され、ローラクリーニングが始まります。
ローラのクリーニングは約3分かかります。

ローラ クリーニング チュウ
シバラク オマチクダサイ
排紙部から給紙された用紙が排出されれば終了です。

 

 

戻る

【詳細3】ADFローラの清掃方法(PC1200シリーズ)

  1. ADFローラの清掃方法PC1275/PC1270/PC1255/PC1250/PC1230)
  2. ADFローラの清掃方法(PC1260/PC1280)

■ADFローラの清掃方法(PC1275/PC1270/PC1255/PC1250/PC1230)

ADFローラを使用してFAX送信やコピーをしたとき、原稿に黒いスジなどの汚れがつくときは、ADFローラが汚れている可能性があります。このようなときは、ADFローラをクリーニングします。

【重要】

  • ADFで紙づまりが起きたときは、つまった原稿を取り除いてから以下の操作を行ってください。
  • 通信中/メモリランプが点灯中は操作できません(PC1275/PC1270/PC1255/PC1250)。
ADFローラの清掃方法
液晶表示
1 [ユーザモード]ボタンを押してください。 トウロク/セッテイ
 1.キョウツウ キノウ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<6.チョウセイ/クリーニング>が表示されたら[OK]ボタンを押します。 メニュー
 6.チョウセイ/クリーニング
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<1.ADF ローラ クリーニング>を表示させます。

チョウセイ/クリーニング
 1.ADF ローラ クリーニング
4

ADFを開いてください。

5

[OK]ボタンを押してください。

ADFが開いていなときは「ADF ヲ アケテクダサイ」と表示されます。

ジッコウ     :OK キー
シュウリョウ  :ストップ キー
6

[OK]ボタンを押すたびにADFローラが約1/3周ずつ回転しますので、乾いた布で拭いてください。

【重要】

  • ADFローラがきれいになるまで繰り返します。
  • 回転しているADFローラにはさわらないでください。指や衣服の袖などがはさまるとけがをする恐れがあり危険です。
 
7

[ストップ/リセット]ボタンを押して、クリーニングを終了します。

LCDディスプレイは、スタンバイモードに戻ります。

2004  12/31  FRI 12:57
ジドウ       ヒョウジュン

 

戻る

■ADFローラの清掃方法(PC1260/PC1280)

ADFローラを使用してFAX送信やコピーをしたとき、原稿に黒いスジなどの汚れがつくときは、ADFローラが汚れている可能性があります。このようなときは、ADFローラをクリーニングします。

【重要】

  • ADFで紙づまりが起きたときは、つまった原稿を取り除いてから以下の操作を行ってください。
  • 通信中/メモリランプが点灯中は操作できません
ADFローラの清掃方法
液晶表示
1 [ユーザモード]ボタンを押してください。 トウロク/セッテイ
 1.キョウツウ キノウ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<6.チョウセイ/クリーニング>が表示されたら[OK]ボタンを押します。 メニュー
 6.チョウセイ/クリーニング
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<2.ADF ローラ クリーニング>を表示させます。

チョウセイ/クリーニング
 2.ADF ローラ クリーニング
4

ADFを開いてください。

5

[OK]ボタンを押してください。

ADFが開いていなときは「ADF ヲ アケテクダサイ」と表示されます。

ジッコウ     :OK キー
シュウリョウ  :ストップ キー
6

[OK]ボタンを押すたびにADFローラが約1/3周ずつ回転しますので、乾いた布で拭いてください。

【重要】

  • ADFローラがきれいになるまで繰り返します。
  • 回転しているADFローラにはさわらないでください。指や衣服の袖などがはさまるとけがをする恐れがあり危険です。
 
7

[ストップ/リセット]ボタンを押して、クリーニングを終了します。

LCDディスプレイは、スタンバイモードに戻ります。

2004  12/31  FRI 12:57
ジドウ       ヒョウジュン

 

戻る

【詳細4】本体外側の清掃方法

■本体外側の清掃

水または薄めた中性洗剤を含ませた布を固く絞り、本体外側の汚れをていねいに拭き取ります。
清潔で柔らかく、糸くずの出ない布を使用してください。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PC1280 / PC1275 / PC1270 / PC1260 / PC1255 / PC1250 / PC1230 / PC1210

 

[TOP▲]
このページのトップへ