FTPサーバの設定方法(MF7240/7210/7140/7110)



FTPサーバの設定方法(MF7240/7210/7140/7110)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006016



詳細情報:
  1. FTPサーバの設定方法(Windows 2000/XP/Server2003)
  2. FTPサーバの設定方法(WindowsNT4.0)

【詳細1】FTPサーバの設定方法(Windows 2000/XP/Server2003)


ここでは、Windows 2000/XP/Server2003でFTPサーバを設定する方法について説明します。

【重要】

  • FTPサーバの設定はネットワーク管理者が行うことをおすすめします。
  • Windows 2000 ServerをFTPサーバとして使用するためには、Microsoft Internet Information Services 5.0(IIS 5.0)がインストールされている必要があります。
    お使いのコンピュータにIISがインストールされていない場合は、設定を行う前にIISをインストールしてください。インストール方法はOSの説明書などを参照してください。
  • Windows XP ProfessionalをFTPサーバとして使用するためには、Microsoft Internet Information Services 5.1(IIS 5.1)がインストールされている必要があります。
    お使いのコンピュータにIISがインストールされていない場合は、設定を行う前にIISをインストールしてください。インストール方法はOSの説明書などを参照してください。
  • WindowsServer2003をFTPサーバとして使用するためには、Microsoft Internet Information Services 6.0(IIS 6.0)がインストールされている必要があります。
    お使いのコンピュータにIISがインストールされていない場合は、設定を行う前にIISをインストールしてください。インストール方法はOSの説明書などを参照してください。
  • FTPサーバにアクセスするユーザのユーザ認証は、FTPサーバとなるWindows 2000 Server、Windows XP Professional、WindowsServer2003のローカルのアカウントデータベースを参照して行います。 したがって、FTPサーバとなるWindows 2000 Server、Windows XP Professional、WindowsServer2003に登録したドメインユーザのアカウントで、他のドメインのFTPサーバに本製品から直接データを送信することはできません。
  • ここでは、[既定のFTPサイト]のデフォルトのホームディレクトリを使用する場合の手順を説明しています。
FTPサーバの設定方法(Windows 2000/XP/Server2003)
1

FTPサイトとして定義するディレクトリに適切なアクセス権を持つグループのメンバとしてログオンします。

ドライブやディレクトリのアクセス権の設定は環境によって異なります。

 

2

IISを起動します。

Windows 2000の場合は、[スタート]メニューから[プログラム]-[管理ツール]-[インターネットサービスマネージャ]を選択します。
Windows XPの場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]-[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]-[インターネットインフォメーションサービス]を選択します。
Windows Server 2003の場合は、[スタート]メニューから[管理ツール]-[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を選択します。

 

3

FTPサイトを設定します。

【操作方法】

1)

[規定のFTPサイト]アイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[プロパティ]を選択します。

<Windows 2000の画面例>

Windows Server 2003では、[既定のFTPサイト]アイコンは[FTPサイト]フォルダの下にあります。

2)

[既定のFTPサイトのプロパティ]ダイアログボックスで、[セキュリティアカウント]タブをクリックして、[セキュリティアカウント]ページを表示します。

 

3)

Windows 2000の場合は、[匿名でのみ接続を許可する]のチェックマークを外します。
Windows XP/Server2003の場合は、[匿名接続のみを許可する]のチェックマークを外します。

 

4)

[ホームディレクトリ]タブをクリックして、[ホームディレクトリ]ページを表示します。[読み取り]と[書き込み]の両方にチェックマークを付けます。

 

5)

[OK]をクリックして、[既定のFTPサイトのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。

 

4

[フルコンピュータ名]を確認します。

 

<Windows 2000の場合>

【操作方法】

1)

画面上の[マイコンピュータ]アイコンを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

 

2)

[ネットワーク ID]タブをクリックして、[ネットワーク ID]ページを表示します。[フルコンピュータ名]を確認します。

 

3)

[キャンセル]をクリックして、[システムのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。

 

<Windows XP/Server 2003の場合>

【操作方法】

1)

[スタート]メニューの[マイコンピュータ]を右クリックして、[プロパティ]を選択します。

 

2)

[コンピュータ名]タブをクリックして、[コンピュータ名]ページを表示します。[フルコンピュータ名]を確認します。

 

3)

[キャンセル]をクリックして、[システムのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。

 

5

FTPサーバにアクセスするユーザとパスワードを設定します。

【操作方法】

1)

Windows 2000の場合は、[マイコンピュータ]を右クリックして、[管理]を選択します。
Windows XP/Server2003の場合は、[スタート]メニューの[マイコンピュータ]を右クリックして、[管理]を選択します。

[コンピュータの管理]ウィンドウが表示されます。

 

2)

[システムツール]の中の[ローカルユーザーとグループ]をダブルクリックして、その中の[ユーザー]フォルダを右クリックします。ポップアップメニューから[新しいユーザー]を選択します。

<Windows 2000の画面例>

 

3)

[新しいユーザー]ダイアログボックスで、[ユーザー名]、[パスワード]、[パスワードの確認入力]を入力します。

<Windows 2000の画面例>

ユーザー名とパスワードは、半角24文字以内で設定します。
[ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要]にチェックマークを付けて新規ユーザを追加した場合は、新規ユーザはいったんパスワードを変更してからでないと、本体からファイルを送信することはできません。(本体からパスワードを変更することができません。)

 

4)

内容を確認したあと、[作成]をクリックします。

 

5)

[コンピュータの管理]ウィンドウを閉じます。

 

6

本体の操作パネルで宛先を設定します。

 

<サーバ側の宛先設定例>

[フルコンピュータ名]:starfish.organization.company.com

規定のFTPサイトのホームディレクトリ[\Inetpub\ftproot]に[share]というディレクトリを作り、shareをデータの送信先にする。

 

<本体側の宛先設定例>

項目
設定例
[プロトコル]

FTP

[ホスト名] starfish.organization.company.com
[フォルダへのパス] share
[ユーザ名] 【手順 5】で設定したユーザ名
[パスワード] 上記ユーザのパスワード

【重要】

  • 本体の宛先の[ホスト名]の設定で、上記の設定例のように【手順 4】で確認したフルコンピュータ名を使用する場合には、DNSサーバが必要です。
    (本体とFTPサーバが同じサブネット内にある場合でも必要です。)
    DNSサーバがない場合は、[ホスト名]の設定には、FTPサーバのIPアドレスを使用してください。
  • 操作パネルの[ホスト名]、[フォルダへのパス]に入力できるのは、半角120文字以内です。それぞれ120文字以内になるようにサーバ側を設定してください。
  • タッチパネルの表示言語を切り替えると、[ホスト名]や[フォルダへのパス]が正しく表示されないことがあります。

 

これでFTPサーバへ送信するための設定が完了しました。

 

 

戻る

【詳細2】FTPサーバの設定方法(WindowsNT4.0)


ここでは、Windows NT Server 4.0でFTPサーバを設定する方法について説明します。

【重要】

  • Windows NT Server 4.0の設定はネットワーク管理者が行うことをおすすめします。
  • Windows NT Server 4.0をFTPサーバとして使用するためには、Microsoft Internet Information Services 4.0(IIS 4.0)がインストールされている必要があります。
    お使いのコンピュータにIIS4.0がインストールされていない場合は、設定を行う前にIIS4.0をインストールしてください。インストール方法はOSの説明書などを参照してください。
  • FTPサーバにアクセスするユーザのユーザ認証は、FTPサーバとなるWindows NT 4.0 Serverのローカルのアカウントデータベースを参照して行います。 したがって、FTPサーバとなるWindows NT 4.0 Serverに登録したドメインユーザのアカウントで、他のドメインのFTPサーバに本製品から直接データを送信することはできません。
  • ここでは、[既定のFTPサイト]のデフォルトのホームディレクトリを使用する場合の手順を説明しています。
FTPサーバの設定方法(Windows NT 4.0)
1

FTPサイトとして定義するディレクトリに適切なアクセス権を持つグループのメンバとしてログオンします。

ドライブやディレクトリのアクセス権の設定は環境によって異なります。

 

2

IIS4.0を起動します。

Windows 2000の場合は、[スタート]メニューから[プログラム]-[管理ツール]-[インターネットサービスマネージャ]を選択します。
Windows XPの場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]-[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]-[インターネットインフォメーションサービス]を選択します。
Windows Server 2003の場合は、[スタート]メニューから[管理ツール]-[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を選択します。

 

3

FTPサイトを設定します。

【操作方法】

1)

[既定のFTPサイト]アイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[プロパティ]を選択します。

2)

[既定のFTPサイトのプロパティ]ダイアログボックスで、[セキュリティアカウント]タブをクリックして、[セキュリティアカウント]ページを表示します。[匿名でのみ接続を許可する]のチェックマークを外します。

 

3)

[ホームディレクトリ]タブをクリックして、[ホームディレクトリ]ページを表示します。[読み取り]と[書き込み]の両方にチェックマークを付けます。

 

4)

[OK]をクリックして、[既定のFTPサイトのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。

 

4

ホスト名とドメインを確認します。

【操作方法】

1)

画面上の[ネットワークコンピュータ]アイコンを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

 

2)

[ネットワーク]ダイアログボックスの[プロトコル]タブをクリックして、[プロトコル]ページを表示します。

 

3)

[ネットワークプロトコル]一覧の[TCP/IPプロトコル]をダブルクリックします。

 

4)

[DNS]タブをクリックして、[DNS]ページを表示します。[ホスト名]と[ドメイン]を確認します。

 

5)

[キャンセル]をクリックして、[ネットワーク]ダイアログボックスを閉じます。

 

5

FTPサーバにアクセスするユーザとパスワードを設定します。

【操作方法】

1)

[スタート]メニューの[プログラム]-[管理ツール(共通)]-[ドメインユーザーマネージャ]を選択して、ドメインユーザーマネージャを起動します。

 

2)

[ユーザー]メニューの[新しいユーザー]を選択して、[ユーザー名]、[パスワード]、[パスワードの確認入力]を入力します。

ユーザー名とパスワードは、半角24文字以内で設定します。
[ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要]にチェックマークを付けて新規ユーザを追加した場合は、新規ユーザはいったんパスワードを変更してからでないと、本体からファイルを送信することはできません。(本体側でパスワードを変更することはできません。)

 

3)

内容を確認したあと、[追加]をクリックします。

 

4)

ドメインユーザーマネージャを終了します。

 

6

本体の操作パネルで宛先を設定します。

 

<サーバ側の宛先設定例>

  • [ホスト名]:starfish.organization.company.com
  • [ドメイン名]:organization.company.com
規定のFTPサイトのホームディレクトリ[\Inetpub\ftproot]に[share]というディレクトリを作り、shareをデータの送信先にする。

 

<本体側の宛先設定例>

項目
設定例
[プロトコル]

FTP

[ホスト名] starfish.organization.company.com
[フォルダへのパス] share
[ユーザ名] 【手順 5】で設定したユーザ名
[パスワード] 上記ユーザのパスワード

【重要】

  • 本体の宛先の[ホスト名]の設定で、上記の設定例のように【手順 4】で確認したホスト名を使用する場合には、DNSサーバが必要です。
    (本体とFTPサーバが同じサブネット内にある場合でも必要です。)
    DNSサーバがない場合は、[ホスト名]の設定には、FTPサーバのIPアドレスを使用してください。
  • 操作パネルの[ホスト名]、[フォルダへのパス]に入力できるのは、半角120文字以内です。それぞれ120文字以内になるようにサーバ側を設定してください。
  • タッチパネルの表示言語を切り替えると、[ホスト名]や[フォルダへのパス]が正しく表示されないことがあります。

 

これでFTPサーバへ送信するための設定が完了しました。

 

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7240 / MF7210 / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ