プリンタドライバの共有設定方法(Satera MFシリーズ)



プリンタドライバの共有設定方法(Satera MFシリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006032



■概要


ここでは、以下のネットワーク環境で使用する場合のプリントサーバ機とクライアント機の共有設定方法について説明します。


1 :プリントサーバ
2、3 :クライアント


本製品をネットワーク上の共有プリンタとして設定すると複数のコンピュータで本製品を印刷用に共有して使用できます。

プリントサーバとクライアントは同じオペレーティングシステムを使用する必要はなく、また、Windows 98/MeクライアントからWindows 2000/XP/Vista/Server 2003プリントサーバへ印刷したり、またはその逆へ印刷したりするなど異なる環境のコンピュータでも利用できます。

クライアントの起動時にサーバが動作していない場合でも、サーバを起動するだけで印刷を開始することができます。

サーバがWindows 2000/XP/Vista./Server 2003上で動作している場合は、サーバにログインしているユーザがいなくても印刷できます。

 



詳細情報:
  1. プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 2000/XP/Vista/server 2003の場合)
  2. プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)
  3. プリントサーバ機でのプリンタの共有設定(OS共通)
  4. クライアント機でネットワーク上の共有プリンタを使用する

【詳細1】プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 2000/XP/Vsita/server 2003の場合)

■プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 2000/XP/Vista/Server 2003の場合)

ここでは、プリントサーバ機がWindows 2000/XP/Vista/Server 2003の場合の共有設定方法について説明します。
プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合には、プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)をご参照ください。

プリントサーバ機で設定を行う場合には、以下の手順で設定を行ってください。

  1. プリンタの共有設定の準備
  2. プリンタの共有設定

ここでは、Satera MF5750をWindows XP Professionalで使用した場合の画面例で手順を説明します。

 

■プリンタの共有設定の準備(Windows 2000/XP/Vista/Server 2003の場合)

プリンタの共有設定の準備(Windows 2000/XP/Vista/Server 2003の場合)
1

[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択し、[ネットワークとインターネット接続]→[ネットワーク接続]の順にクリックします。

  • Windows 2000の場合は、[スタート]メニューから[設定]→[ネットワークとダイヤルアップ接続]を選択します。
  • Windows Server 2003の場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]→[ネットワーク接続]→[ローカルエリア接続]→[プロパティ]を選択し、【手順 3】へ進みます。
  • WindowsVistaの場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]→[ネットワークの状態とタスクの表示]→[ネットワーク接続の管理]を選択し、【手順 3】へ進みます。
Windows 2000の場合は、[ネットワークとダイアルアップ接続]フォルダが表示されます。
Windows XPの場合は、[ネットワーク接続]フォルダが表示されます。
2

[ローカルエリア接続]アイコンを右クリックし、ポップアップメニューから[プロパティ]を選択します。

[ローカルエリア接続のプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。
3
[Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。

サーバサービスが追加されます。
次にプリンタの共有設定を行ってください。

 

戻る

【詳細2】プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

■プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

ここでは、プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合の共有設定方法について説明します。
プリントサーバ機がWindows 2000/XP/Server 2003の場合には、プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 2000/XP/Server 2003の場合)をご参照ください。

プリントサーバ機で設定を行う場合には、以下の手順で設定を行ってください。

  1. プリンタの共有設定の準備
  2. プリンタの共有設定

ここでは、Satera MF5750をWindows 98で使用した場合の画面例で手順を説明します。

 

■プリンタの共有設定の準備(Windows 98/Meの場合)

プリンタの共有設定の準備(Windows 98/Meの場合)
1

タスクバーの[スタート]から[設定]→[コントロールパネル]を選択します。

[コントロールパネル]フォルダが表示されます。

2

[ネットワーク]アイコンをダブルクリックします。

[ネットワーク]画面が表示されます。
3

[ネットワークの設定]タブで、[追加]をクリックします。

[ネットワークコンポーネントの選択]画面が表示されます。
4
[サービス]を選択し、[追加]をクリックします。
5

[Microsoftネットワーク共有サービス]を選択し、[OK]をクリックします。

[ネットワークコンポーネントの種類の選択]ダイアログボックスが一度表示され、[ネットワーク]ダイアログボックスに戻ります。

 

6
[ファイルとプリンタの共有]をクリックします。

[ファイルとプリンタの共有]画面が表示されます。
7
[プリンタを共有できるようにする]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。
8

[アクセスの制御]タブを選択し、[共有レベルでアクセスを制御する]または[ユーザーレベルでアクセスを制御する]のどちらかにチェックマークを付けます。

印刷できるユーザを指定したいときは、[ユーザーレベルでアクセスを制御する]を選択します。
9

[OK]をクリックします。

サーバサービスが追加されます。
確認メッセージが表示された場合は、[はい]をクリックしてコンピュータを再起動してください。

次にプリンタの共有設定を行ってください。

 

戻る

【詳細3】プリントサーバ機でのプリンタの共有設定(OS共通)

■プリントサーバ機でのプリンタの共有設定(OS共通)

Windows XPの場合、初期設定(インストール直後の設定)ではプリンタの共有設定はできません。
共有設定をお使いになる場合は、[ネットワークセットアップウィザード]を実行して、プリンタの共有を有効に設定する必要があります。
詳しくは、Windowsのオンラインヘルプをご参照ください。
以下の手順は、プリンタドライバが既にパソコンにインストールされている場合の共有設定方法となります。
ここでは、Satera MF5750をWindows XP Professionalで使用した場合の画面例で手順を説明します。
プリンタの共有設定
1

[プリンタとFAX]または[プリンタ]フォルダを表示します。

  • Windows 98/Me/2000の場合は、[スタート]メニューから[設定]→[プリンタ]を選択します。
  • Windows XP Professional/Server 2003の場合は、[スタート]メニューから[プリンタとFAX]]を選択します。
  • Windows Home Editionの場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択し、[プリンタとその他のハードウエア]→[プリンタとFAX]の順にクリックします。
  • Windows Vistaの場合は、[スタート]メニューから[コントロールパネル]→[プリンタ]]を選択します。
[プリンタとFAX]または[プリンタ]フォルダが表示されます。
2

プリンタのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[共有]を選択します。

3

[このプリンタを共有する]を選択します。必要であれば共有名を変更します。

Windows 98/Me/2000の場合は[共有する]を選択します。
プリンタの共有設定は、ローカルインストールの途中で選択することもできます。
共有名に、スペースや特殊文字は使わないでください。
Windows 98/Me/2000の場合は、必要に応じて、[コメント]や[パスワード]を入力します。
4 [OK]をクリックします。

プリンタドライバアイコンが共有を表すアイコンに変わります。
以上でプリントサーバ機の共有設定が終了しました。
続いて、クライアント機でプリンタドライバのインストールを行います。
インストール方法については、【4】をご参照ください。

 

戻る

【詳細4】クライアント機でネットワーク上の共有プリンタを使用する

■クライアント機でネットワーク上の共有プリンタを使用する

ここでは、ネットワーク上で共有プリンタを使用する方法について、説明します。
Satera MFシリーズがすでにネットワーク上にあり、共有プリンタとして設定されている場合は、ネットワーク経由で使用できます。
お使いのコンピュータから本製品を利用できるようにするには、ネットワークダウンロードを使用する方法が最も簡単です。

ただし、お使いのオペレーティングシステムがWindows 2000/XP/Vsita/Server 2003の場合は、Windows 98/Meサーバからドライバをダウンロードできません。
その場合は、[プリンタの追加ウィザード]を使用してください。

クライアントは、Windows 98/MeとWindows 2000/XP/Vista/Server2003のどちらでも利用できます。

ここでは、Satera MF5750を使用した場合の画面例で手順を説明します。

 

■ネットワークダウンロード

ここでは、ネットワークダウンロードを使ってネットワーク上の共有プリンタに接続する手順を説明します。

Windows 2000/XP/Vista/Server 2003クライアントは、Windows 98/Meサーバからドライバをダウンロードできません。
その場合は、[プリンタの追加ウィザード]を使用してください。

ネットワークダウンロード
1

エクスプローラを開いて、共有プリンタのアイコンが見つかるまでネットワークを探索します。

2
目的のプリンタアイコンをダブルクリックするか、そのプリンタアイコンを[プリンタとFAX](Windows 98/Me/2000の場合は[プリンタ])フォルダへドラッグします。

[プリンタの追加ウィザード]画面が表示されます。
3

画面に従ってインストールします。

 

■プリンタの追加ウィザード(Windows 2000/XP/Vista/Server 2003)

ここでは、Windows 2000/XP/Vista/Server 2003を使ってネットワーク上の共有プリンタに接続する手順を説明します。

【重要】

  • Windows 2000/XP/Vista/Server 2003をお使いのときは、管理者権限を持つユーザとしてログオンしてください。
プリンタの追加ウィザード(Windows 2000/XP/Vista/Server 2003)
1

[プリンタとFAX]または[プリンタ])フォルダを開きます。

 
Windows 2000の場合は、タスクバーの[スタート]から[設定]→[プリンタ])を選択します。
Windows XP/Server 2003の場合は、タスクバーの[スタート]から[プリンタとFAX]を選択します。
Windows Vistaの場合は、タスクバーの[スタート]から[コントールパネル]→[プリンタ])を選択します。
2

[プリンタの追加ウィザード]画面を表示します。

 
Windows 2000の場合は、[プリンタの追加]アイコンをダブルクリックします。
Windows XP/Server 2003の場合は、[プリンタのタスク]にある[プリンタのインストール]をクリックします。
Windows Vistaの場合は、[プリンタの追加]アイコンをダブルクリックします。
3
[次へ]をクリックします。
4

[ネットワークプリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ](Windows 2000の場合は、[ネットワーク プリンタ])を選択し、[次へ]をクリックします。

[プリンタの指定](Windows 2000の場合は、[プリンタの検索]画面が表示されます。)
5
  • Windows XP/Server 2003の場合は、[指定したプリンタに接続する(プリンタを参照するにはこのオプションを選択して[次へ]をクリック)]を選択し、接続先のプリンタの名前を入力して、[次へ]をクリックします。
  • Windows 2000の場合は、[プリンタ名を入力するか[次へ]をクリックしてプリンタを参照します]を選択し、接続先のプリンタの名前を入力して、[次へ]をクリックします。

プリンタの名前がわからない場合は、名前を入力しないで[次へ]をクリックし、[プリンタの参照]画面へ進みます。
一覧からプリンタを選択して、[OK]をクリックします。

プリンタ名が無効の場合は、クライアントは共有プリンタへ接続できません。
適切なドライバが見つからない場合は、サーバがWindows 98/Meコンピュータである可能性があります。
6
  • Windows Vistaの場合は、[ネットワーク、ワイヤレスまたは、Bluetoothプリンタを追加します]をクリック)するとネットワーク上の接続可能なプリンタを自動探索します。
  • 接続するプリンタを選択し、[次へ]をクリックします。

画面の指示に従って、インストールします。

 

■プリンタの追加ウィザード(Windows 98/Me)

ここでは、Windows 98/Meの[プリンタの追加ウィザード]を使ってネットワーク上の共有プリンタに接続する手順を説明します。

ここでは、Satera MF5750を Windows 98で使用した場合の画面例で手順を説明します。

プリンタの追加ウィザード(Windows 98/Me)
1

タスクバーの[スタート]から[設定]→[プリンタ]を選択します。

[プリンタ]フォルダが表示されます。
2

[プリンタの追加ウィザード]アイコンをダブルクリックします。

[プリンタの追加ウィザード]画面が表示されます。
3
[次へ]をクリックします。
4

[ネットワークプリンタを選択し、[次へ]をクリックします。

5

接続先のネットワークパスまたはプリントキューを入力するか、プリンタの場所を選択します。

場所を直接入力する場合 パス名またはプリントキューを入力します。
 
場所を選択する場合 [参照]をクリックします。
プリンタの場所を選択し、[OK]をクリックします。

ネットワーク環境によっては、ドライバのインストールが自動的に実行される場合があります。その場合、次の手順7〜8は不要です。
6

[次へ]をクリックします。

7
[ディスク使用]をクリックします。
8

プリンタドライバが存在する場所を選択します。

初期設定の場所を指定する場合
→手順9 に進みます。
 
場所を変更する場合
→[参照]をクリックします。
プリンタドライバが存在する場所を選択し、[OK]をクリックします。パス名を直接入力することもできます。
9 [OK]をクリックします。
10 使用するプリンタ名を入力し、[次へ]をクリックします。

標準のプリンタ名を使用する場合は、そのままの状態で、[次へ]をクリックします。
接続に失敗した場合、プリンタのインストールは可能ですが、正しくネットワーク接続されるまでプリンタを使用することはできません。
11 画面の指示に従ってインストールします。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF9220Cdn / MF8450 / MF8380Cdw / MF8350Cdn / MF8340Cdn / MF8330Cdn / MF8180 / MF8170 / MF8080Cw / MF8050Cn / MF8040Cn / MF8030Cn / MF7455N / MF7450N / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110 / MF6780dw / MF6570 / MF5770 / MF5750 / MF5730 / MF4890dw / MF4870dn / MF4830d / MF4820d / MF4750 / MF4680 / MF4580dn / MF4570dn / MF4550d / MF4450 / MF4430 / MF4420n / MF4410 / MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4330d / MF4270 / MF4150 / MF4130 / MF4120 / MF4010 / MF3220 / MF3110 / D450 / D350 / D300 / PC1280 / PC1275 / PC1270 / PC1260 / PC1255 / PC1250 / PC1230 / PC1210

 

[TOP▲]
このページのトップへ