複数の宛先に送信する方法(同報送信)(MF9220Cdn)



複数の宛先に送信する方法(同報送信)(MF9220Cdn)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060748



対処方法


同報送信は、一度に複数の宛先に同じ原稿を送信することができます。

メモ
  • 一度に送信できる宛先は最大232件です。(232件のうち指定できる新規宛先は32件です。)ただし、グループを宛先として指定した場合は、そこに登録されている各宛先を1件と数えます。
  • 原稿を複数の宛先に何度も送信する場合は、グループ宛先として登録することをおすすめします。
  • <同報送信の制限>が<同報送信不可>に設定されている場合は、複数の宛先に送信することはできません。
  • 複数宛先のうち1件のみ送信を中止することはできません。
  • 同報送信の宛先に電子メールやファイルサーバーのアドレスが含まれている場合は、送信設定画面に<カラー/ファイル形式の設定>が表示されますが、 ファクスでは使用することができません。

1. 原稿をセットします。


2. (メインメニュー)を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<送信/ファクス>を選択し、[OK]を押します。


4. 宛先を指定します。

ワンタッチに登録した宛先を使うときは、[] 、 [] または (ホイール)を使って<宛先表>を選択して[OK]を押すか、マルチキー(右)を押して<ワンタッチ>を選択します。


新規に宛先を入力するときは、<ファクス(新規)>、<電子メール(新規)>、<Iファクス(新規)>、または<ファイルサーバー(新規)>を選択して[OK]を押します。

5. マルチキー(右)を押して<宛先追加>を選択します。


6. 手順4と手順5を繰り返し、すべての宛先を入力します。

メモ
  • 新規宛先は32件まで入力することができます。33件目以降は宛先表から指定してください。
  • 宛先ごとに詳細設定を指定することはできません。

7. (スタート)を押します。

  • 原稿をフィーダーにセットした場合は、読み取り動作が開始します。読み取りが終了すると、指定した宛先に送信されます。
  • 原稿を原稿台にセットした場合は原稿サイズを指定したあと1枚ずつ (スタート)を押し、読み取りが終了したら、マルチキー(右)を押して<読込終了>を選択します。
  • 読み取り動作を中止する場合は、マルチキー(左)を押して<中止>を選択するか、 (ストップ)を押してください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF9220Cdn

 

[TOP▲]
このページのトップへ