ひかり電話環境での動作について(MF9220Cdn)



ひかり電話環境での動作について(MF9220Cdn)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060783



対処方法


光回線(ひかり電話)環境での接続について説明します。

Satera MF9220Cdnは一般加入回線(アナログ回線)での動作確認をとっており、光回線での動作保証はしておりません。
ただし、回線業者側で以下の2つの条件が満たされている場合、動作保証はしておりませんが利用は可能です。

  • 一般回線と同等レベルの通話品質が保証されている
  • 「スーパーG3」が動作保証されている

* 回線の仕様等につきましては、回線業者へご確認ください。



* 接続ポートの構成や名称などは、ご利用の接続機器により異なります。
* 詳細は、接続機器に付属の取扱説明書をご覧ください。または、ご利用になっている各種サービスの提供先にお問い合わせください。


光回線ではデータをパケット単位で送受信しています。
音声通信の場合、パケットが欠落しても一時的に途切れる程度ですが、FAX通信の場合は、パケットの欠落によりFAXデータそのものが欠落し、通信エラーになることがあります。

Satera MF9220Cdn側での解決策としては、以下の2つの方法があります。

  • FAXの通信速度を落とす
  • 送信側/受信側の双方でECM通信を行う

上記の設定変更を行うには、以下の手順に従ってください。


ファクスの送信スピードを調整する


1. メインメニュー画面でマルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。

2. <システム管理設定> → <通信管理設定> → <ファクス設定> → <送信スタートスピード>を選択して[OK]を押します。

システム管理部門IDとシステム管理暗証番号の入力画面が表示された場合は、(テンキー)を使ってシステム管理部門IDとシステム管理暗証番号を入力したあと、 (認証)を押します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って送信スピードを選択し、[OK]を押します。

<33600bps>から<14400bps>、<9600bps>、<7200bps>、<4800bps>、<2400bps>の順にスピードを下げて、調整してください。



ファクスの受信スピードを調整する


1. メインメニュー画面でマルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。

2. <システム管理設定> → <通信管理設定> → <ファクス設定> → <受信スタートスピード>を選択して[OK]を押します。

システム管理部門IDとシステム管理暗証番号の入力画面が表示された場合は、(テンキー)を使ってシステム管理部門IDとシステム管理暗証番号を入力したあと、(認証)を押します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って受信スピードを選択し、[OK]を押します。

<33600bps>から<14400bps>、<9600bps>、<7200bps>、<4800bps>、<2400bps>の順にスピードを下げて、調整してください。



ECM送信をONにする


1. メインメニュー画面でマルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。

2. <送信/受信仕様設定> → <ファクス設定> → <送信機能設定> → <ECM送信>を選択して[OK]を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択します。



ECM受信をONにする


1. メインメニュー画面でマルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。

2. <送信/受信仕様設定> → <ファクス設定> → <受信機能設定> → <ECM受信>を選択して[OK]を押します。

3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択します。


上記を変更しても改善されない場合は、各種サービスの提供先へお問い合わせください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF9220Cdn

 

[TOP▲]
このページのトップへ