エラーコード一覧(MF9220Cdn)



エラーコード一覧(MF9220Cdn)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060835



対処方法


以下の原因が考えられます。送信はできるが受信ができない、というときは、「電子メールアドレスの設定が間違っている」に進んでください。

  • ネットワークケーブルが接続されていない

ネットワークケーブルのコネクタが本体とコンピュータにきちんとさしこまれているか確認してください。

  • SMTPサーバー名の設定が間違っている


  • DNSサーバーのドメイン名の設定が間違っている

DNS サーバーのドメイン名を確認してください。

  • メールサーバーが立ち上がっていない

メールサーバーがネットワークに正常に接続しているか確認してください。

  • 原稿をカラーで電子メール送信するときに、何らかのエラーが発生した

何度か送信をやりなおしてください。

  • 電子メールアドレスの設定が間違っている

<システム管理設定>の<ネットワーク設定>にある<電子メール/Iファクス>の<電子メールアドレス>で、電子メールアドレスの設定を確認してください。電子メールアドレスの設定方法は「 電子メール/Iファクス送受信に必要な本体設定 」を参照してください。電子メールアドレスは、プロバイダから支給された設定通知書(お申し込み内容のご案内など)でご確認いただくか、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

メモ
本体に設定された電子メールアドレスは、リモートUI画面から確認することもできます。リモートUIの起動のしかたは、「 リモートUI の起動方法 」を参照してください。


以下の原因が考えられます。下記をすべて確認しても正常に動作しない場合は、本製品の主電源スイッチを入れなおしてください。

  • ネットワークケーブルが接続されていない

ネットワークケーブルのコネクタが本体とコンピュータにきちんとさしこまれているか確認してください。

  • <SMB設定>が<OFF>に設定されている

以下の手順に従って<SMB設定>を<ON>に設定してください。

工場出荷時は<ON>に設定されています。

1. (メインメニュー)を押します。

2. マルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<システム管理設定>を選択し、[OK]を押します。

システム管理部門IDとシステム管理暗証番号の入力画面が表示された場合は、 (テンキー)を使ってシステム管理部門IDとシステム管理暗証番号を入力したあと、 (認証)を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ネットワーク設定>を選択し、[OK]を押します。


5. 下のような画面が表示されていることを確認し、マルチキー(右)を押して<閉じる>を選択します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使って<SMB設定>を選択し、[OK]を押します。


7. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択し、[OK]を押します。

8. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。

9. 本製品を再起動します。

電源をいったん切り、10秒以上たってから再度電源を入れます。

  • 宛先として指定したホスト名が間違っている

送信時に<ホスト名>に入力した名前と送信先のコンピュータ名が一致していない可能性があります。また、ワンタッチに登録した宛先を使って送信した場合は、登録内容が間違っている可能性があります。ここでは送信先のコンピュータ名を確認したあと、使用したワンタッチの宛先にそのコンピュータ名が正しく登録されているかどうかを確認します。

コンピュータ名を確認する

Windows XP/Server 2003をお使いの場合
Windowsタスクバー上の[スタート]を押して、[マイコンピュータ]アイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
[コンピュータ名]タブをクリックして[コンピュータ名]シートを表示させたあと、[フルコンピュータ名]を確認します。
[キャンセル]を押してダイアログボックスを閉じます。

Windows Vista/7/Server 2008をお使いの場合
Windowsタスクバー上の[スタート]を押して、[コンピュータ(コンピューター)]アイコンを右クリックし、[プロパティ]を表示させたあと、[フルコンピュータ名]を確認します。
[キャンセル]を押してダイアログボックスを閉じます。

ワンタッチに登録済みのホスト名を確認する

ワンタッチにファイルサーバーアドレスを登録/確認/編集する 」の手順に従って登録済みのホスト名を確認します。確認したコンピュータ名が設定されていない場合は、正しいコンピュータ名を登録しなおしてください。

  • 設定したワークグループ名が間違っている

以下の手順に従ってワークグループ名を入力しなおしてください。

1. (メインメニュー)を押します。

2. マルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<システム管理設定>を選択し、[OK]を押します。

システム管理部門IDとシステム管理暗証番号の入力画面が表示された場合は、 (テンキー)を使ってシステム管理部門IDとシステム管理暗証番号を入力したあと、 (認証)を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ネットワーク設定>を選択し、[OK]を押します。


5. 下のような画面が表示されていることを確認し、マルチキー(右)を押して<閉じる>を選択します。


6. [] 、 [] または (ホイール)を使って<SMB設定>を選択し、[OK]を押します。


7. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択し、マルチキー(右)を押し<設定>を選択します。


8. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ワークグループ名>を選択し、[OK]を押します。


9. ソフトキーボードを使ってワークグループ名を入力し、マルチキー(右)を押して<確定>を選択します。

送信先のコンピュータ(スキャンした文書をファイルとして保存するための共有フォルダがあるコンピュータ)と同じワークグループ名を入力します。設定したワークグループの中の機器として、ネットワーク上に本製品が表示されます。送信先のコンピュータにワークグループが設定されていない場合は、未入力のままにします。


10. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。

11. 本製品を再起動します。

電源をいったん切り、10秒以上たってから再度電源を入れます。

  • <LMアナウンスを使用>が<OFF>に設定されている

以下の手順に従って<LMアナウンスを使用>を<ON>に設定してください。

工場出荷時は<OFF>に設定されています。

1. (メインメニュー)を押します。

2. マルチキー(右)を押して<初期設定/登録>を選択します。


3. [] 、 [] または (ホイール)を使って<システム管理設定>を選択し、[OK]を押します。

システム管理部門IDとシステム管理暗証番号の入力画面が表示された場合は、 (テンキー)を使ってシステム管理部門IDとシステム管理暗証番号を入力したあと、 (認証)を押します。


4. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ネットワーク設定>を選択し、[OK]を押します。


5. 下のような画面が表示されていることを確認し、マルチキー(右)を押して<閉じる>を選択します。


6. [] 、 [ ] または (ホイール)を使って<SMB設定>を選択し、[OK]を押します。


7. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択し、マルチキー(右)を押し<設定>を選択します。


8. [] 、 [] または (ホイール)を使って<LMアナウンスを使用>を選択し、[OK]を押します。


9. [] 、 [] または (ホイール)を使って<ON>を選択し、[OK]を押します。

10. (メインメニュー)を押してメインメニュー画面に戻ります。

11. 本製品を再起動します。

電源をいったん切り、10秒以上たってから再度電源を入れます。

  • Windows ファイアウォールの設定を確認する

Windows XPをお使いの場合でService Pack 2がインストールされているときやWindows Vista/7をお使いの場合、Windowsファイアウォールを有効にすると、設定によってコンピュータが本製品からのアクセスを拒否してしまうことがあります。その結果、FTPサーバーやファイル共有が利用できなくなります。

Windowsファイアウォールの設定を変更してください。Windowsファイアウォールの設定の確認と変更については、「 Windowsファイアウォールについて 」を参照してください。


以下の原因が考えられます。

  • 電子メール/Iファクスの送信中にメールサーバー側の要因でタイムアウトエラーが発生した


  • 宛先の設定が間違っている

ワンタッチに登録した宛先を使って電子メール/Iファクスを送信した場合は、登録内容が間違っている可能性があります。「 ワンタッチに電子メール/Iファクスアドレスを登録/確認/編集する 」を参照し、登録内容が正しいかどうかを確認してください。間違っている場合は、登録しなおしてください。

  • ファイルサーバー送信時に、サーバー側の要因でエラーが発生した

ファイルサーバーが正常に動作しているかを確認してください。

  • 本体に設定された電子メールアドレスが間違っている

電子メール/Iファクスを受信できないときは、<システム管理設定>の<ネットワーク設定>にある<電子メール/Iファクス>の<電子メールアドレス>で、電子メールアドレスの設定を確認してください。電子メールアドレスの設定方法は「 電子メール/Iファクス送受信に必要な本体設定 」を参照してください。電子メールアドレスは、プロバイダから支給された設定通知書(お申し込み内容のご案内など)でご確認いただくか、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

メモ
本体に設定された電子メールアドレスは、リモートUI画面から確認することもできます。リモートUIの起動のしかたは、「 リモートUIの起動方法 」を参照してください。


以下の原因が考えられます。

  • SMTPサーバー名の設定が間違っている


  • DNSサーバー名の設定が間違っている

リモートUIを起動して[ネットワーク設定] 画面を表示し、[TCP/IP 設定]の[DNS プライマリサーバ] と[DNS セカンダリサーバ]が正しく設定されているか確認してください。
確認方法については、「 DNSサーバー名の設定方法 」を参照してください。
リモートUI の起動方法については、「 リモートUI の起動方法 」を参照してください。

  • DNSサーバーのドメイン名の設定が間違っている

リモートUIを起動して[ネットワーク設定] 画面から[TCP/IP 設定]を表示して、[DNS 設定]が正しく設定されているか確認してください。
リモートUI の起動方法については、「 リモートUI の起動方法 」を参照してください。

  • DNSサーバーが正しく動作していない

DNS サーバーが正常に動作しているかを、ネットワーク管理者に確認してください。


アクセス制限をする共有フォルダへ送信しようとしています。

送信時に指定するユーザアカウント(ユーザ名とパスワード)が送信先の共有フォルダに設定されているユーザアカウントと一致していない場合は、フォルダへのアクセス権がないとみなされ、このエラーコードが表示されます。
使用したユーザアカウントが共有フォルダにアクセス許可されているかどうかをネットワーク管理者に確認してください。設定されていない場合は、お使いの環境に合わせてアクセス許可を設定したあと、もう一度送信しなおしてください。



以下の原因が考えられます。

  • ファイルサーバー送信時に指定したユーザアカウント(ユーザ名とパスワード)が間違っている

送信先のコンピュータ(ファイルサーバー)に登録されているユーザアカウントをネットワーク管理者に確認の上、送信しなおしてみてください。
ユーザアカウントが不明な場合は、下記の手順に従って本製品用のユーザアカウントをもう一度コンピュータに登録したあと、登録したユーザアカウントを使って送信しなおしてみてください。


1. ファイルサーバーにアクセスするためのユーザアカウント(ユーザ名とパスワード)を登録します。

Windows XP/Server 2003をお使いの場合は、Windowsタスクバー上の[スタート]を押して、[マイコンピュータ]アイコンを右クリックし、[管理]をクリックして[コンピュータの管理]ウィンドウを開きます。

Windows Vista/7をお使いの場合は、Windowsタスクバー上の[スタート]を押して、[コンピュータ(コンピューター)]アイコンを右クリックし、[管理]をクリックして[コンピュータの管理]ウィンドウを開きます。

Windows Server 2008をお使いの場合は、Windowsタスクバー上の[スタート]をクリックし、[管理ツール]をクリックして[コンピュータの管理]ウィンドウを開きます。

[システムツール]で[ローカルユーザーとグループ]をダブルクリックし、[ユーザー]フォルダを右クリックし、[新しいユーザー]をクリックします。


[新しいユーザー]ダイアログボックスで[ユーザー名]にユーザ名を入力し[パスワード]にパスワードを入力し、[パスワードの確認入力]に再度パスワードを入力します。


ユーザ名は最大20半角英数字、パスワードは最大24半角英数字を入力できます。
[ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要]のチェックマークを外します。
[パスワードを無期限にする]にチェックマークを付けます。
設定内容を確認し、[作成]をクリックします。
[コンピュータの管理]ダイアログボックスを閉じます。

  • 宛先の設定が間違っている

ワンタッチに登録した宛先を使って電子メール/Iファクスを送信した場合は、登録内容が間違っている可能性があります。「 ワンタッチに電子メール/Iファクスアドレスを登録/確認/編集する 」を参照し、登録内容が正しいかどうかを確認してください。間違っている場合は、登録しなおしてください。


排紙搬送ユニットが正しく取り付けられていないことが考えられます。
次の手順で排紙搬送ユニットを正しく取り付けます。正しく取り付けた後もシステムエラーコードが再度表示される場合は、お近くのキヤノン販売店またはキヤノンお客様相談センター(「基本操作ガイド」巻末参照)にお問い合わせください。

メモ
  • 排紙搬送ユニットを正しく取り付けるには、一度排紙搬送ユニットを取り外します。
  • 排紙搬送ユニットを取り外す場合は、本製品の主電源スイッチを切って作業をしてください。
  • 電源プラグを抜いている間は、ファクスの送受信はできません。
  • プリント待機中のデータがある場合に主電源スイッチを切ると、プリント待機中のデータは消去されます。
  • メモリ受信されたデータや、送信予約などは、電源プラグを抜いてから約60分間は保持されます。

1. 主電源スイッチを切り、電源コードをコンセントから抜きます。

ジョブランプや、ディスプレイを見て印刷中でないことを確認してください。

2. 前面カバーを開けます。

前面カバーは前面の取っ手(A)を持って、ゆっくりと開閉します。手差しトレイを使用している場合は、手差しトレイを閉めてからカバーを開けてください。


3. 排紙搬送ユニットの両端にあるレバー(A)を押して、取って(B)を持ってゆっくりと取り外します。


メモ
排紙搬送ユニットの上に物を置いたり、排紙搬送ユニットの搬送ベルト(A)に触れたりしないでください。


メモ
排紙搬送ユニットの搬送ベルト(A)は自動的に自動的に清掃する機能が付いていますので、トナーが付着している場合でも清掃しないでください。排紙搬送ユニットが破損したり搬送ベルト(A)に傷がつくと、給紙不良や印字品質の低下の原因になります。


4. 排紙搬送ユニットの突起(A)を、本製品のガイド(B)に合わせて差し込み、カチっと音がするまでしっかりと取り付けます。


5. 本体の三角マーク(B)と排紙搬送ユニットの三角マーク(A)が合っていることを確認します。


6. 前面カバーを閉めます。

前面カバーは前面の取っ手を持って、ゆっくりと閉めます。


7. 電源コードを接続し、主電源スイッチを入れます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF9220Cdn

 

[TOP▲]
このページのトップへ