給紙カセットに用紙をセットする方法(MF8180/8170)



給紙カセットに用紙をセットする方法(MF8180/8170)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006180



ここでは、MF8180/8170の給紙カセットに用紙をセットする方法について説明します。
手差しトレイに用紙をセットする方法については、
関連情報手差しトレイに用紙をセットする方法(MF8180/8170)」をご参照ください。

また、カセットには、最大で約250枚の用紙(64g/m2)をセットできます。
カセットにセットできる用紙、積載可能枚数などの詳細については、関連情報使用できる用紙と給紙方法(MF8180)」「使用できる用紙と給紙方法(MF8170)」をご参照ください。

【注意】

  • 用紙をセットする際は、用紙の端で手を切らないように注意してください。
  • 手差しトレイをご使用にならないときは、確実に閉めておいてください。

 



詳細情報:
  1. 給紙カセットに用紙をセットする方法

【詳細1】給紙カセットに用紙をセットする方法

■給紙カセットに用紙をセットする方法

【注意】

カセットの黒いゴムパッドには触れないでください。給紙不良の原因になります。

給紙カセットに用紙をセットする方法
1 カセットを引き出します。
2

カセットのプレートを押して、ロックします。

【注意】
カセットのプレートがロックされているときは、カセットの左右にあるロック解除レバーに触れないでください。ロックが解除されてプレートが勢いよく上がり、けがの原因になることがあります。

3

用紙ガイドの後ろ側のロック解除レバーをつまみながら、セットする用紙サイズの位置に合わせて用紙ガイドを移動します。

用紙ガイドに記載されている用紙サイズととを合わせます。

【重要】
B5サイズ(182mm×257mm)を使用する場合は、用紙ガイドを「B5-JIS」に合わせてください。「B5-ISO」、「8.5"×13"」の位置は使用できません。

4

側面の用紙ガイドをセットする用紙サイズの位置に合わせます。

用紙ガイドを動かすときは、左右の用紙ガイドを持ってください。

【重要】
B5サイズ(182mm×257mm)を使用する場合は、用紙ガイドを右図の位置(「B5-JIS」の位置)に合わせてください。「B5-ISO」の位置は使用できません。

5 用紙の後端を用紙ガイドに合わせてセットします。

【注意/重要】

  • 用紙を補給するときは、用紙の端で手を切ったりしないように、注意して扱ってください。
  • 必ず用紙ガイドがセットする用紙サイズに合っているかを確認してください。用紙ガイドがセットする用紙サイズに合っていないと、給紙不良の原因になります。
  • カセットにセットできる用紙の枚数は、普通紙で約250枚(64g/m2の用紙)です。絶対に用紙ガイドの積載制限マークを越えない範囲でセットしてください。積載制限マークを超す量の用紙をセットすると、給紙不良の原因となります。
  • 裁断状態が悪い用紙を使用すると、重送しやすくなる場合があります。そのような場合は、用紙を平らな場所でよくそろえてからセットしてください。

  • レターヘッドやロゴ付きの用紙などにプリントする場合は、用紙の表面(プリントする面)を下に向け、用紙の上端が手前になるようにセットします。

6

用紙が用紙ガイドの側面にあるツメの下に入るように、用紙の左右を押さえます。

ツメと用紙の間に十分なすき間があることを確認してください。すき間が十分ない場合は、用紙を少し減らします。
7

カセットを本体にセットします。

カセット前面が本体の前面とそろうまで、しっかりと奥まで押し込みます。

【用紙残量表示について】

  • カセットには、セットされている用紙の量を示す用紙残量表示があります。用紙がいっぱいまで入っていると、用紙残量表示が上がります。用紙が減るに従って表示が下がってきますので、用紙の残量を知る目安になります。
  • カセットに用紙がなくなると、ディスプレイに<ヨウシガ アリマセン>と表示されます。新しい用紙をセットしてください。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170

 

[TOP▲]
このページのトップへ