操作パネル/ディスプレイ(D350/D300)



操作パネル/ディスプレイ(D350/D300)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000068880




INDEX

  1. メイン操作パネル
  2. ファクス操作パネル(D350のみ)
  3. ディスプレイ

■メイン操作パネル

D350
 
D300

1.

LCDディスプレイ

メッセージや動作状況が表示されます。設定を行うときは、選択項目や、文字、数字などが表示されます。
2.

[OK]キー

各種の登録や設定を確定するときに押します。
ADF(自動原稿給紙装置:D350のみ)の途中で止まってしまった原稿を自動排紙するときにも押します。
3.

]、[]キー

表示をスクロールして、他の設定を見るときに押します。
4. [拡大/縮小]キー コピーの倍率を設定します。
5. [濃度]キー コピーの濃度を設定します。
6. [ユーザモード]キー
各種の登録や機能の設定をするときに押します。
7. [ソート/2 in 1]キー
コピーした用紙をページ順に並べて仕分けるときや、2枚のA4サイズの原稿を自動的に縮小して1枚のA4用紙にコピーするときに押します。
8. [画質]キー
コピーの画質を設定します。
9. [システムモニタ]キー
コピー/ファックス*/印刷/レポートジョブ*の状態をチェックします。
10. [コピー]キー*
コピーモードに切り替えるときに押します。
11. [ファックス]キー*
ファックスモードに切り替えるときに押します。
12. 通信中*/メモリランプ
コピー中、または原稿がメモリに蓄積されているときに点灯(グリーン)します。
13. エラーランプ
紙詰まりなど、エラーが発生したときに点滅(赤)します(LCDディスプレイにエラーの状態を表示します)。
14. [節電]キー
手動で本機を節電モードにするときや、節電モードから復帰するときに押します。節電モードのときはキーがグリーンに点灯し、節電モードから復帰すると消灯します。
15. テンキー
コピー枚数などの数値を入力します。
16. [ストップ/リセット]キー
コピーなどの操作を取り消して、本機をスタンバイモードに戻します。また、予約コピーの確認/消去にも使います。
17. [スタート]キー
コピーを開始します。

*D350のみ

戻る


■ファクス操作パネル(D350

ワンタッチダイヤルパネルを閉じた状態

1.
[フック]キー

受話器を置いたままダイヤルするときに使います。
2.
[電話帳]キー
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録した相手先のファックス/電話番号を、名前で検索するときに使います。
3.
[短縮]キー
このキーを押して、2桁の短縮番号を押すと、その番号に登録されているファックス/電話番号またはグループにダイヤルします。
4.
[リダイヤル/ポーズ]キー

最後にテンキーでダイヤルした番号にもう一度ダイヤルします。テンキーで入力中のファックス番号や、スピードダイヤルの登録番号中または末尾に、ポーズを入れるときにも使います。
5.
[ワンタッチ]キー
01〜16のキーに登録されているファックス番号/電話番号、またはグループにダイヤルします。
6. LCDディスプレイ メッセージや動作状況が表示されます。設定を行うときは、選択項目や、文字、数字などが表示されます。
7. [OK]キー 各種の登録や設定を確定するときに押します。
ADF(自動原稿給紙装置)の途中で止まってしまった原稿を自動排紙するときにも押します。
8. ]、[]キー 表示をスクロールして、他の設定を見るときに押します。また、文字や数字の入力時、カーソルを移動して修正あるいは削除をすることもできます。
9. [濃度]キー ファックスの露光を調整します。
10. [ユーザモード]キー 各種の登録や機能の設定をするときに押します。
11. [画質]キー ファックスの送信解像度を調整します。
12. [システムモニタ]キー ファックス/コピー/印刷/レポート出力の状態をチェックするときに使います。
13. 通信中/メモリランプ ファックスの送信中または受信中に点滅(グリーン)します。ファックスの送信予約、またはメモリ受信したときに点灯(グリーン)します。
14. エラーランプ 紙詰まりなど、エラーが発生したときに点滅(赤)します。(LCDディスプレイにエラーの状態を表示します。)
15. [コピー]キー コピーモードに切り替えるときに押します。
16. [ファックス]キー ファックスモードに切り替えるときに押します。
17. [節電]キー 手動で本機を節電モードにするときや、節電モードから復帰するときに押します。節電モードのときはキーがグリーンに点灯し、節電モードから復帰すると消灯します。
18. テンキー ダイヤルするときや、登録するファックス番号/電話番号を入力するときに押します。また、登録する名前を入力するときにも使います。
19. [ストップ/リセット]キー 受信や送信などの操作を取り消して、本機をスタンバイもーどに戻します。
20. [スタート]キー ファックス送信または手動受信を開始するときに使います。

ワンタッチダイヤルパネルを開けた状態

1.
[ワンタッチ]キー

17〜30のキーに登録されているファックス番号/電話番号、またはグループにダイヤルします。
ファンクションキーを押すと、次のワンタッチキー(3.〜7.、9.〜11.)がファックス機能キーとして使えるようになります。
2.
[受信モード]キー
受信モードを設定します。
3.
[メモリ照会]キー
メモリ内の文書を確認または消去するときに使います。
4.
[レポート]キー

通信管理レポートやダイヤルリスト、ユーザーデータリスト、原稿リストなどを出力するときに使います。また、レポート出力を中止するときにも使います。
5.
[タイマー送信]キー
送信時刻を指定してファックスを送信するときに使います。
6. [ブック送信]キー 原稿を原稿台ガラスから送信するときに使います。
7. [ポーリング]キー ポーリング送信、ポーリング受信など、より高度な通信を行うときに使います。
8. [ファンクション]キー このキーを押すと、メモリ照会、レポート、タイマー送信、ブック送信、ポーリング、スペース、削除、クリアの各キーがファックス機能キーとして使えるようになります。
9. [スペース]キー 電話番号や文字列にスペース(空白)を入れるときに押します。
10. [削除]キー 入力した文字を1文字消すときに押します。
11. [クリア]キー 入力したファックス/電話番号や文字列をすべて消すときに押します。

 

戻る


■ディスプレイ

コピーモード


ファクスモード(D350のみ)


戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

D350 / D300

 

[TOP▲]
このページのトップへ