無線LAN接続のトラブル(MF4890dwのみ)



無線LAN接続のトラブル(MF4890dwのみ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069799



対処方法


一般的なネットワークアドレスの判別方法
サブネットマスクが「255.255.255.0」の設定の場合は、ピリオドで区切って表示されるIPアドレスの一番右側を「0」に置き換えた値と同じになります。
  • 例:
- IPアドレス:192.168.127.123
- サブネットマスク:255.255.255.0
- 上記例のサブネットワークアドレス:192.168.127.0
* ルーターを越えての接続はできません。同一セグメント内(ルーターを越えない環境)で使用してください。
間違ったSSIDを選択していないか確認してください。
Canon MF/LBP ワイヤレスセットアップアシスタントを使って、無線LANルーターやアクセスポイントのSSIDを確認し、再度設定を行ってください。
無線LANルーターやアクセスポイントのネットワークキー(WEPキー)を確認してください。
正しいネットワークキー(WEPキー)を入力し、再度設定を行ってください。
* ネットワークキー(WEPキー)の確認方法については、ご使用の無線LANルーターやアクセスポイントの取扱説明書を参照するか、無線LANルーターやアクセスポイントのメーカーにお問い合わせください。
本製品で、<IPv4アドレス範囲設定>と<IPv6アドレス範囲設定>を設定していないか確認してください。
設定している場合は、コンピューターのIPアドレスやMACアドレスを許可する設定に変更してください。
本製品で、<SNMPv1設定>を<OFF>に設定していないか確認してください。
情報の取得にそれぞれのプロトコルを使用するユーティリティーソフトウェアから、本製品の各項目の設定や参照ができなくなることがあります。
<OFF>に設定している場合は、<SNMPv1設定>を<ON>に変更してください。
* <SNMPv1設定>が<ON>の場合は、本製品の設定と異なるコミュニティー名でユーティリティーソフトウェアからアクセスすると、本製品を認識できません。認識できない場合はコミュニティー名を確認してください。
<専用ポート設定>が<ON>になっているか確認してください。


複数のネットワークで使用する場合
無線LANルーターやアクセスポイントで、各通信に使用するチャンネルの間隔が5チャンネル以上離れているか確認してください。 離れていないと、電波の干渉を起こす可能性があります。チャンネルの間隔を1ch、6ch、11chのように十分離して設定してください。
* チャンネルの確認方法や設定方法については、ご使用の無線LANルーターやアクセスポイントの取扱説明書を参照するか、無線LANルーターやアクセスポイントのメーカーにお問い合わせください。





関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4890dw / MF4870dn / MF4830d / MF4820d / MF4750

 

[TOP▲]
このページのトップへ