ドライバー/ソフトウェアをインストールする(USB接続) (MF8570Cdw/MF8530Cdn/MF8280Cw/MF8230Cn)



ドライバー/ソフトウェアをインストールする(USB接続) (MF8570Cdw/MF8530Cdn/MF8280Cw/MF8230Cn)
更新日 : 2013年8月29日
文書番号 : Q000074799



対処方法

お使いの環境によって、ソフトウェアのインストール方法が異なります。
メモ
  • 読取革命Liteとファイル管理革命Lite、およびマニュアルは、[おまかせインストール]ではインストールされません。[選んでインストール]でインストールしてください。
重要
Windowsにログオンするとき
  • 管理者(Administrator)権限のあるユーザーアカウントでログオンしてください。
USB接続用にインストールする場合
  • USBケーブルの接続は、ソフトウェアのインストール後に行ってください。接続時には、本機の電源をONにしておきます。


2. [おまかせインストール]をクリックする
b_DIG_W001.gif
参考
[CD-ROMセットアップ]画面が表示されないときは
  • Windows XP/Server 2003の場合
1. [スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択する。
2. 「D:MInst.exe」と入力し、[OK]をクリックする。
  • Windows Vistaの場合
1. [スタート]メニューの下部の[検索の開始]に「D:MInst.exe」と入力する。
2. キーボードの[ENTER]キーを押す。
  • Windows 7/Server 2008の場合
1. [スタート]メニューの下部の[プログラムとファイルの検索]に「D:MInst.exe」と入力する。
2. キーボードの[ENTER]キーを押す。
  • Windows 8/Server 2012の場合
1. 画面の左下隅で右クリックし、[ファイル名を指定して実行]を選択する。
2. 「D:MInst.exe」と入力し、[OK]をクリックする。
* 本書では、CD-ROMのドライブ名を「D:」と仮定しています。お使いの環境に合わせて、適切なドライブ名を指定してください。

3. 次の画面が表示されたら、パソコンとの接続方法を選択する
[USBで接続する]を選択し、[次へ]をクリックします。
b_DIG_W002.gif
メモ
Windows Server 2003/Server 2008/Server 2012の場合
この画面は表示されません。次の手順に進んでください。

4. [インストール]をクリックする
b_DIG_W004.gif

5.使用許諾契約をよくお読みになり、[はい]をクリックする
b_DIG_W005.gif

6. [次へ]をクリックする
b_DIG_W006.gif

次の画面が表示されたら、[はい]をクリックします。
b_DIG_W007.gif

7. [終了]をクリックする
b_DIG_W012.gif
メモ
次に、MF Toolboxのインストールが開始されます。
Windows Server 2003/Server 2008/Server 2012では、MF Toolboxはインストールされません。手順11に進んでください。

8. [開始]をクリックする
b_DIG_W014.gif

9. [終了]をクリックする
b_DIG_W015.gif

10. 次の画面が表示されたら内容をよくお読みになり、[同意する]または[同意しない]をクリックして、[次へ]をクリックする
b_DIG_W016.gif
参考
[同意する]を選択したときは
使用状況調査プログラムがインストールされます。使用状況調査プログラムとは、本機の使用状況に関する情報をキヤノンに対して毎月、10年間に渡って送信するためのプログラムです。お客さまの個人情報や目的以外の情報が送信されることはありません。
  • 使用状況調査プログラムは、いつでもアンインストールできます。

11. 各ソフトウェア名の左にチェックマークが付いていることを確認し、[次へ]をクリックする
b_DIG_W017.gif

12. パソコンを再起動する
(1) [ただちにコンピューターを再起動する(推奨)]を選択する。
(2) [再起動]をクリックする。
  • [再起動]クリックする前に、いったんCD-ROMを取り出してください。
b_DIG_W018.gif


2. [選んでインストール]をクリックする
b_DIG_W019.gif
参考
[CD-ROMセットアップ]画面が表示されないときは
  • Windows XP/Server 2003の場合
1. [スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択する。
2. 「D:MInst.exe」と入力し、[OK]をクリックする。
  • Windows Vistaの場合
1. [スタート]メニューの下部の[検索の開始]に「D:MInst.exe」と入力する。
2. キーボードの[ENTER]キーを押す。
  • Windows 7/Server 2008の場合
1. [スタート]メニューの下部の[プログラムとファイルの検索]に「D:MInst.exe」と入力する。
2. キーボードの[ENTER]キーを押す。
  • Windows 8/Server 2012の場合
1. 画面の左下隅で右クリックし、[ファイル名を指定して実行]を選択する。
2. 「D:MInst.exe」と入力し、[OK]をクリックする。
* 本書では、CD-ROMのドライブ名を「D:」と仮定しています。お使いの環境に合わせて、適切なドライブ名を指定してください。

3. 次の画面が表示されたら、パソコンとの接続方法を選択する
[USBで接続する]を選択し、[次へ]をクリックします。
b_DIG_W020.gif
メモ
Windows Server 2003/Server 2008/Server 2012の場合
この画面は表示されません。次の手順に進んでください。

4. インストールしたいソフトウェアを選択し、[インストール]をクリックする
b_DIG_W022.gif

5.使用許諾契約をよくお読みになり、[はい]をクリックする
b_DIG_W023.gif

6. [次へ]をクリックする
b_DIG_W024.gif

次の画面が表示されたら、[はい]をクリックします。
b_DIG_W025.gif

7. [終了]をクリックする
b_DIG_W036.gif
メモ
次に、MF Toolboxのインストールが開始されます。
以下の場合には、MF Toolboxはインストールされません。手順11に進んでください。
  • Windows Server 2003/Server 2008/Server 2012の場合
  • 手順4で、[MF Toolbox]を選択しなかった場合

8. [次へ]をクリックする
b_DIG_W038.gif
MF Toolboxのインストール場所やスタートメニュー上の位置を指定する画面が表示されたら、各画面で必要な設定を行い、[次へ]または[開始]をクリックします。

9. [終了]をクリックする
b_DIG_W039.gif
メモ
次に、手順4で選択したソフトウェアのインストールが開始されます。
画面表示に従って操作してください。

10. 次の画面が表示されたら内容をよくお読みになり、[同意する]または[同意しない]をクリックして、[次へ]をクリックする
b_DIG_W040.gif
参考
[同意する]を選択したときは
使用状況調査プログラムがインストールされます。使用状況調査プログラムとは、本機の使用状況に関する情報をキヤノンに対して毎月、10年間に渡って送信するためのプログラムです。お客さまの個人情報や目的以外の情報が送信されることはありません。
  • 使用状況調査プログラムは、いつでもアンインストールできます。

11. インストールしたソフトウェア名の左にチェックマークが付いていることを確認し、[次へ]をクリックする
b_DIG_W041.gif

12. パソコンを再起動する
(1) [ただちにコンピューターを再起動する(推奨)]を選択する。
(2) [再起動]をクリックする。
  • [再起動]クリックする前に、いったんCD-ROMを取り出してください。
b_DIG_W042.gif


2. USBケーブルを接続する
  • USBケーブルの平らな端子(a)を、パソコンのUSBポートに接続する。
  • USBケーブルの四角い端子(b)を、本機のUSBポートに接続する。
b_Che035.gif
参考
メッセージが表示されたときは
画面の指示に従って、インストール手順を完了させてください。

ソフトウェアアイコンの場所アイコン
プリンタードライバー [プリントとファクス]、[プリンタ]、または[デバイスとプリンタ]フォルダ
ファクスドライバー [プリントとファクス]、[プリンタ]、または[デバイスとプリンタ]フォルダ
スキャナードライバー[スキャナとカメラ]または[スキャナとカメラのプロパティ]フォルダ
MF Toolboxデスクトップ
Network Scan Utilityタスクバー
電子マニュアル デスクトップ

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8570Cdw / MF8530Cdn / MF8280Cw / MF8230Cn

 

[TOP▲]
このページのトップへ