アドレス帳に宛先を登録する (MF8570Cdw / MF8530Cdn / MF8280Cwのみ)



アドレス帳に宛先を登録する (MF8570Cdw / MF8530Cdn / MF8280Cwのみ)
更新日 : 2013年8月29日
文書番号 : Q000074820



対処方法

登録したあとで宛先を編集したり、削除したりすることもできます。ここでは操作パネルから宛先を登録しますが、宛先の名称に漢字やひらがなを使いたい場合はリモートUIを使って登録してください。アドレス帳には200件の宛先を登録することができます。


2. [ ]を押す

3. <新規登録>を押す
  • 暗証番号の入力画面が表示されたら、テンキーで入力し[ ]を押します。

4. [ ] / [ ]で<短縮ダイヤル>を選び、[ ]を押す

5. <ファクス>または<Eメール>を選び、 ]を押す
  • ファクス番号を登録する場合は<ファクス>を、Eメールを登録する場合は<Eメール>を選びます。
  • 選択できる宛先の種類はお使いの機種によって異なります。

LDAPサーバーから登録する
MEMO:
オフィスにLDAPサーバーが設置されている場合、サーバー内の宛先を検索してアドレス帳に登録できます。事前にLDAPサーバーに接続する設定を済ませておく必要があります。
(1) <LDAPサーバー>を押す
(2) 登録する宛先を検索する
  • 宛先を指定すると、LDAPサーバー上に登録されているユーザー名とファクス番号、またはユーザー名とEメールアドレスが、自動的にアドレス帳に入力されます。
(3) 宛先を選んで[ ]を押す
(4) 手順10に進む

6. <名称>を選び、[ ]を押す
  • <名称>の設定は任意ですが、設定しておくと宛先を指定するときに頭文字で検索できるようになります。

7. テンキーで入力し、<確定>を押す

8. <ファクス番号>または<Eメールアドレス>を選び、[ ]を押す

9. テンキーで入力し、<確定>を押す

10. <確定>を押す
  • 宛先には自動的に3桁の番号(短縮番号)が設定されます。この番号は、あとで別の番号に変更することもできます。
b_dis045.gif

登録済み宛先の内容を変更する
いったん登録した番号や名称を変更する、ファクス番号として登録したものをEメール用に種類変更する、自動的に設定された短縮番号を変更する、というような設定内容の変更ができます。

1. [ ]または[ ]を押す

2. [ ]を押す

3. [ ] / [ ]で変更したい宛先のあるタブを選ぶ

4. [ ] / [ ]で変更したい宛先を選び、<詳細/編集>を押す

5. <編集>を押す
  • 暗証番号の入力画面が表示されたら、テンキーで入力し[ ]を押します。

6. 編集したい項目を選んで[ ]を押し、必要な編集をしたあと、<確定>を押す

7. <確定>を押す
b_dis045.gif

登録済み宛先を削除する

1. [ ]または[ ]を押す

2. [ ]を押す

3. [ ] / [ ]で削除したい宛先のあるタブを選ぶ

4. [ ] / [ ]で削除したい宛先を選び、<詳細/編集>を押す

5. <削除>を押す
  • 暗証番号の入力画面が表示されたら、テンキーで入力し[ ]を押します。

6. <はい>を選び、[ ]を押す



2. [アドレス帳]をクリックする
b_rui126.gif
メモ
暗証番号の入力ページが表示された場合は
アドレス帳が暗証番号で保護されています。[暗証番号]を入力して、[OK]をクリックします。

3. [短縮ダイヤル]をクリックする
  • [ベストメンバー]をクリックして、ベストメンバーを登録することもできます。
b_rui127.gif

4. 「未登録」と表示されている項目の[番号]、[種類]または[名称]をクリックする
b_rui128.gif
メモ
  • 登録済みの[番号]、[種類]または[名称]をクリックすると、登録内容を編集できます。
  • [削除]をクリックすると、登録を削除できます。

5. 登録する宛先の種類を選択し、[OK]をクリックする
b_rui129.gif

6. 必要な項目を設定し、[OK]をクリックする
b_rui130.gif

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8570Cdw / MF8530Cdn / MF8280Cw / MF8230Cn

 

[TOP▲]
このページのトップへ