ファクス送信時の基本情報を登録する(MF8570Cdw/MF8280Cw)



ファクス送信時の基本情報を登録する(MF8570Cdw/MF8280Cw)
更新日 : 2013年9月6日
文書番号 : Q000075669



INDEX
  • ファクス番号とユーザー略称を登録する
  • 日付と時刻を設定する



  • ファクス番号とユーザー略称を登録する
    発信元のファクス番号とユーザー略称を登録します。
    この情報は、相手がファクスを受信したときに、出力紙の上部に印刷されます。




    1. を押します。


    2. で[設定する]を選び、を押します。
      メモ
      このメッセージが表示されない場合、 <ファクス設定> <ファクス設定ナビ>から表示できます。
      それぞれを登録したい場合…
      ユーザー略称は    <ファクス設定> <送信機能設定> <ユーザー略称の登録(ファクス)>から設定可能です。
      ユーザー電話番号は <ファクス設定> <基本設定> <ユーザー電話番号の登録>から設定可能です。



    3. [次へ]を押します。



    4. テンキーでファクス番号を入力し、<確定>を押します。



    5. [次へ]を押します。



    6. ユーザー略称(名前や会社名など)を入力し<確定>を押します。



    7. 続いて、受信モードの設定をする場合はこちら
      受信モード設定が不要な場合、(ストップ)ボタンを押して
      ファクス設定ナビを中止してもかまいません。



    8. 戻る



    日付と時刻を設定する
    設定した日付と時刻は、ファクスの文書や各種レポートに印刷されます。

    <タイマー設定> <日付/時刻の設定> を押します。



      日付の形式

      ・<日付/時刻の設定>の次に <日付の形式>でを押します。

      ・下記項目から形式を選択します。
      年/月/日
      月/日/年
      日/月/年


      ・選択後、を押します。




      時刻の形式

      ・ <日付/時刻の設定>の次に <時刻の形式>でを押します。

      ・下記項目から形式を選択します。
      12時間表示(AM/PM)
      24時間表示

      ・選択後、を押します。




      ■タイムゾーンの設定

      ・<日付/時刻の設定>の次に <タイムゾーン>でを押します。

      ・UTCとは世界各地の基準となる協定世界時のことです。
       日本はUTCとの間に+9時間の時差があります。その為 [UTC+9:00] を選択します。

      ・選択後、を押します。





      ■現在日時の設定

      ・<日付/時刻の設定>の次に <現在日時の設定>でを押します。

      ・項目はで移動し、日時とAM/PMの切り替えはで設定します。


      ・設定後<確定>を選択します。




    全項目、設定完了後押すと待機画面に戻ります。



    戻る

     

    [TOP▲]

    この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

    MF8570Cdw / MF8280Cw

     

    [TOP▲]
    このページのトップへ