ファクスを受信する (MF229dw/MF226dn/MF216n)



ファクスを受信する (MF229dw/MF226dn/MF216n)
更新日 : 2014年9月9日
文書番号 : Q000081500



対処方法

ファクスの受信方法とその設定操作について説明します。受信設定をする前にあらかじめファクス機能を使うための準備をしておく必要があります。
メモ
受信したファクス文書は、A4またはレターサイズの用紙に印刷してください。その他のサイズの用紙に印刷した場合、画像が欠けたり、分割して印刷されることがあります。


<自動受信>
ファクス受信専用
・ 自動的に受信します。相手から電話がかかってきても通話はできません。
<FAX/TEL切替>
相手がファクスのとき
・ 自動的に受信します。
相手が電話のとき
・ 呼び出し音が鳴ります。受話器を取って通話してください。

オプションのハンドセットまたは一般電話機を接続してください。
<手動受信>
相手がファクスのとき
・ 呼び出し音が鳴ります。受話器を取り、「ピー」という音を確認したら、<ファクス> <受信スタート>をタップします。ファクスを受信できます。

相手が電話のとき
・ 呼び出し音が鳴ります。受話器を取って通話します。

・ オプションのハンドセットまたは一般電話機を接続してください。
・ 呼び出し音が一定時間鳴ったあと、ファクスを自動受信するように設定しておくことができます。
<留守TEL接続>
相手がファクスのとき
・ 何回か呼び出し音が鳴って自動的に受信します。
相手が電話のとき
・ 呼び出し音が鳴ります。受話器を取って通話します。

・ 留守番電話機を接続してください。
・ 呼び出し音が1〜2回鳴ったあとで留守録音が起動するように設定してください。

メモ
  • 接続する電話機の種類によっては、発信や着信が正常にできないことがあります。
  • ファクス機能付きの電話機を接続する場合は、電話機側のファクス自動受信設定を無効にしてください。
  • 受話器を取り「ピー」という音が聞こえたら、相手はファクスです。電話機から所定のID番号を指定するとそのままファクスを受信できます。


2. <受信モード>をタップする

3. 受信方法を選択する

<FAX/TEL切替>を選んだ場合
次の4つの設定項目を必要に応じて指定します。設定が完了したら<確定>をタップします。

<呼出開始時間>
着信後、相手がファクスか電話かの判定時間を指定します(設定値:4〜30秒、初期値:8秒)。
<呼出時間>
相手が電話の場合、何秒間呼び出し音が鳴るかを指定します(設定値:15〜300秒、初期値:15秒)。
<音声応答>
<ON>にすると相手に応答メッセージが流れます(初期値:OFF)。状況に応じて以下のメッセージが流れます。
  • 呼び出し中
「ただいま電話を呼び出しております。そのまましばらくお待ちください。ファクシミリの方は送信してください。」
  • 受話器を取らなかったとき(<呼出後の動作>が<終了>の場合)
「呼び出しましたが近くにおりません。申し訳ございませんが後ほどおかけなおしください。」
  • 受話器を取らなかったとき(<呼出後の動作>が<受信>の場合)
「呼び出しましたが近くにおりません。ファクシミリをご利用の方は送信してください。」
<呼出後の動作>
呼び出し音が鳴っている間に受話器を取らなかったときの動作を設定します。<終了>にすると通信を切断し、<受信>にするとファクスを受信します(初期値:<受信>)。
参考


2. 「ピー」音が聞こえたら電話機からID番号を入力する
  • ID番号はあらかじめ25に設定されています。必要に応じて変更することもできます。

3. 電話機を元に戻す

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF229dw / MF226dn / MF216n

 

[TOP▲]
このページのトップへ