トナーカートリッジを交換する(MF224dw/MF222dw)



トナーカートリッジを交換する(MF224dw/MF222dw)
更新日 : 2014年9月9日
文書番号 : Q000081586



対処方法

トナーカートリッジを交換する場合は、以下の内容を参照してください。
重要
紙づまり処理やトナーカートリッジを交換するときは、トナーで衣服や手を汚さないように注意してください。衣服や手が汚れた場合は、直ちに水で洗い流してください。

警告
  • トナーカートリッジを火中に投じないでください。また、トナーカートリッジや用紙は火気のある場所に保管しないでください。引火して、火災ややけどの原因になることがあります。
  • トナーをこぼした場合は、トナー粉塵を吸い込まないように掃き集めるか、濡れた雑巾などで拭き取ってください。粉塵爆発に対する安全対策がとられていない一般の掃除機は使用しないでください。掃除機の故障や静電気による粉塵爆発の原因になることがあります。
  • 心臓ペースメーカーをご使用の方へ
トナーカートリッジから微弱な磁気が出ています。心臓ペースメーカーをご使用の方は、異常を感じたらトナーカートリッジから離れ、医師にご相談ください。
注意
  • トナーを吸い込まないように注意してください。万一、吸い込んだ場合は、直ちに医師に相談してください。
  • トナーが目や口などに入らないように注意してください。万一、トナーが目や口などに入った場合は、直ちに水で洗い流し、医師に相談してください。
  • トナーが皮膚に付着しないように注意してください。万一、皮膚に付着した場合は、石鹸を使って水で洗い流してください。皮膚に刺激が残る場合は、直ちに医師に相談してください。
  • トナーカートリッジなどの消耗品は幼児の手が届かないところへ保管してください。万一、トナーを飲んだ場合は、直ちに医師に相談してください。
  • トナーカートリッジを分解、改造しないでください。トナーが飛び散ることがあります。
  • トナーカートリッジのシーリングテープを勢いよく引き抜いたり、引き抜いている途中で止めたりしないでください。トナーが飛び散ることがあります。
重要
トナーカートリッジの取り扱いかた
  • 必ず取っ手を持ってください。
  • トナーカートリッジメモリー( )や電気接点部( Bris_JP_5L_b_C044.gif )には触れないでください。
  • ドラム表面( )を傷つけたり、光にさらしたりしないでください。
  • 必要なとき以外は、保護袋や本機からトナーカートリッジを取り出さないでください。
  • トナーカートリッジは磁気製品です。フロッピーディスクやディスクドライブなど、磁気が影響する製品には近づけないでください。データ破損などの原因になることがあります。
トナーカートリッジの保管方法
  • 安全かつ快適にご使用いただくために、以下の環境で保管してください。
保管温度範囲:0〜35℃
保管湿度範囲:35〜85%RH(相対湿度/結露しないこと)*
  • 使用する直前まで未開封の状態で保管してください。
  • 本機からトナーカートリッジを取り外して保管する場合は、保護袋に入れるか、厚手の布でくるんでください。
  • トナーカートリッジを保管する場合は、立てたり、裏返したり、逆さにしないでください。中のトナーが固まり、振っても元に戻らなくなる恐れがあります。
*保管湿度範囲内でも、外気温との差がある場合は内部に水滴が付着することがあります(結露)。結露は印字品質に悪影響を及ぼします。
トナーカートリッジを次のような場所に保管しない
  • 火気のある場所
  • 直射日光や電灯の光に5分以上当たる場所
  • 空気中に塩分を多く含む場所
  • 腐食性ガス(エアゾールスプレーやアンモニアなど)が充満している場所
  • 高温多湿の場所
  • 温度変化および湿度変化が激しく、結露が生じやすい場所
  • ホコリの多い場所
  • 幼児の手の届く場所
トナーカートリッジの偽造品に関するご注意
トナーカートリッジの「偽造品」が流通していることが確認されています。「偽造品」はキヤノン株式会社の商標権を侵害するものです。また誤って「偽造品」を使用されますと、印字品位の低下など、機械本体の本来の性能が十分に発揮されない場合があります。「偽造品」に起因する故障や事故につきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。詳しくは下記ホームページをご覧ください。
補修用性能部品とトナーカートリッジの保有期間
本機の補修用性能部品およびトナーカートリッジの最低保有期間は、製造打ち切り後7年間です。
トナーカートリッジの梱包材について
  • 保護袋は保管しておいてください。本機を移動するときなどに必要になります。
  • 梱包材は予告なく位置、形状が変更されたり、追加や削除されたりすることがあります。
  • 取り外したシーリングテープは、地域の条例に従って処分してください。
使用済みトナーカートリッジを処分するとき
  • 環境保全と資源の有効活用のため、使用済みトナーカートリッジの回収とリサイクルを推進しています。トナーカートリッジの回収にご協力ください。廃棄する場合は、保護袋に入れて中のトナーが飛び散らないようにし、自治体の指示に従って処理してください。

1. 操作パネル部を持ち上げる
操作パネル部が持ち上げられないとき
  • フィーダーまたは原稿台ガラスカバーが完全に閉まっているか確認してください。また、原稿台ガラスに本などの厚手の原稿がセットされている場合は、原稿を取り出してください。無理に持ち上げると、故障の原因となることがあります。

2. トナーカバーの右手前にあるつまみを持ち、トナーカバーを開ける
Bris_JP_5L_b_Brs085.gif

3. トナーカートリッジを取り出す
Bris_JP_5L_b_Brs086.gif

4. 新しいトナーカートリッジを保護袋から取り出す
Bris_JP_5L_b_SWD_0083.gif

5. トナーカートリッジを5〜6回振って内部のトナーを均一にならし、平らな場所に置く
Bris_JP_5L_b_SWD_0013.gif

6. シーリングテープをまっすぐ引き抜く
  • シーリングテープの長さは約50 cmです。
Bris_JP_5L_b_SWD_0015.gif

シーリングテープを引き抜くとき
  • シーリングテープがトナーカートリッジ内に残っていると、印刷不良の原因になります。ご注意ください。
- 曲げて引いたり、横向きに引っ張ったりしないでください。シーリングテープが途中で切れ、完全に引き抜けなくなることがあります。
Bris_JP_5L_b_SSL_0196.gif

- 途中で引っかかっても、シーリングテープを最後まで完全に引き抜いてください。

7. トナーカートリッジを取り付ける
  • 左右の( )をトナーカートリッジガイドに合わせて、奥に当たるまで確実に押し込みます。
Bris_JP_5L_b_Brs087.gif


8. トナーカバーを閉め、操作パネル部をおろす
トナーカバーが閉まらないとき
  • トナーカートリッジが正しくセットされているか確認してください。無理に閉めると、故障の原因になることがあります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF224dw / MF222dw

 

[TOP▲]
このページのトップへ